2006年09月30日

胸をはって、フェイクファーを!

冬服を買う前に・・・・

最近、ネット上で、「毛皮はいらない連絡網」を知りました。
今日は、ちょっと重い話です。

今までの自分がいかに無知だったかを知りました。

ハラコが腹子。 まだ生まれる前の前の赤ちゃんの皮膚であること。
では、どうやって手に入れるのか・・・・?
取り扱い業者の中には、「たまたま母牛の体内で死んでしまった胎児」
と説明するところもありますが、
商品となって流通している数から考えると、
それだけではないことが十分想像できます。
そう、母子ともに生きたまま皮に傷をつけないように、殺すのです。
消費者が欲しがるハラコを手に入れるためだけに・・・・。

そして、ファッションのために、犬や猫までもが大量に殺されている現実。

かなり衝撃的な映像もあるようです。私は動画まで見る勇気はありませんでした。
これからは、リアルファーがついているものは買わない。
そして、胸を張ってフェイクファーの品物を選ぶようにしたいと思います。





posted by kitten at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロハス・地球に優しい節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

家庭菜園を目指して。

日ごろから、家庭菜園はちょっと無理だけど、
せめてベランダでプランターで緑のものを作ってみたいと思っていました。

とにかくなんでもいいから、食べられるものを!
ということで、先日から我が家にやってきたミントちゃん。
(ただで分けて頂いたので・・・・)
〓〓〓.JPG

毎日もっとたくさん食べられるものの方がいいのですが、
まぁ、少しずつ。

安いプランターだとすぐにダメになっちゃうから、
キチンとしたプランターの方がいいよと言われたのですが、
やっぱり、大好きな100円ショップはやめておいた方がいいのかな?

プランターを置くにはベランダに専用の台がやっぱり欲しくなってきました。
旦那様に作ってもらうか、自作するか、悩み中。
我が家の家計では、専用の台を買うことは選択肢には入らないので・・・

今の所、ミントちゃんは、ベランダの床にそのまま置いてあります。
ちょっとかわいそう。。




posted by kitten at 12:00| ロハス・地球に優しい節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

マクロビ的 お出汁の取り方☆その2

昨日に引き続き、マクロビオティック的 出汁の取り方(昆布編)


こちらもめちゃくちゃ簡単です。
適当なふたのしまる容器に、干した国産昆布を入れ、冷蔵庫へ。
konnbutashi.JPG

一時間〜一晩寝かせれば、このとおり。立派な昆布だしのできあがり。
konnbudasi2.JPG



これを、2日以内に使うようにします。
この量だと、一回分です。

こちらも正確な分量は、
・昆布 5cm角
・水 1カップ
ですが、我が家では適当・・・・


煮出す方法もあります。

おなべに分量の水と昆布を入れ、一時間〜一晩水につけたものを、
火にかけ、沸騰する直前に取り出します。
大事なお客様へのおもてなしのお吸い物などをつくるときには、こちらの一番出汁を使います。


最近、沸騰直前に昆布を取り出さずにに20分、
アクもとらずに煮込むと濃厚なおいしい出汁になるという話を聞き、
実際にやってみました。

たしかに、煮込んだ分少し色がつきますが、透明でキレイなお出汁です。
しかも濃厚。
これなら、煮物のだし汁に使うといいのかなという感じです。

昆布は、陽性なので身体を温める食べ物です。
昆布は身体を締める働きがあります。

昆布出汁を単独で使ってもいいですし、季節や体調に応じて身体の声を聴きながら、
昨日のしいたけだしとの割合を変えても良いということです。










posted by kitten at 16:00| マクロビオティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

マクロビ的 お出汁の取り方☆その1

マクロビオティック的 お出汁の取り方(しいたけ編)

今日は、マクロビオティック的出汁の取り方です。
マクロビオティック料理は、基本的に動物性の食品を採りません。
したがって、出汁にも動物性を使わないので・かつおだしなどもNGになります。

※我が家は、「玄米菜食+さかな=まごわやさしい」食卓なので、
こだわり鰹だしは使っていますが・・・

ということで、マクロビ的出汁のしいたけの場合。
とっても簡単です。

適当なふたのしまる容器に、干した国産どんこしいたけを入れ、冷蔵庫へ。
siitakedashi.JPG

一時間〜一晩寝かせれば、このとおり。立派なだし汁ができました。
siitakedashi2.JPG

これを、2日以内に使うようにします。
この量だと、一回分ですね。

正確な分量は、
・椎茸 3-4個
・水 2カップ
我が家は・・・・適当ですあせあせ(飛び散る汗)

しいたけは、陰性なので身体を冷やす食べ物です。
緊張して締まった身体をゆるめる効果があります。

しいたけ出汁を単独で使ってもいいですし、季節や体調に応じて身体の声を聴きながら、
明日の昆布だしとの割合を変えても良いということです。








posted by kitten at 17:07| マクロビオティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

つちふまずくん

今回は、ちょっと番外編ひらめき

おもしろい雑貨です。
友人からの頂き物、つちふまずくん
tutihumazu.JPG


土踏まずは、人間にしかないからだを支える重要なアーチで、
アーチが弱いと不自然な姿勢になるといわれています。
土踏まずを刺激することであんま・指圧の代用となり、血行を良くし、
健康によいといわれています。

1日20〜30分の使用が最適とのことで、

朝食の後片付けと部屋のお掃除をするときに、使っています。

効果があるかどうがは分かりませんがたらーっ(汗)
かなり楽しいことは確かです。
asitubo siyou.JPG
こんな感じで使います。。。。









posted by kitten at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

天然酵母PIZZA

天然酵母にはまりつつあるブログ管理人です。
天然酵母pizzaを作りました。

??〓????pizza.JPG

私特製?のなすとにんにくたっぷりのトマトソース。
にんじん、ピーマン、バジルの葉をのせて、
十勝産100%のとろけるチーズを載せた野菜た〜っぷりのPIZZAです。

お味の方は?
??〓??????????????2.JPG

もちろん、生地がもっちりしていて、さくさく感あり。
われながら上出来ですわーい(嬉しい顔)手(チョキ)








posted by kitten at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

身体の浄化・ココロの浄化

ヨーガのアーサナ(体位体操)は、ただ肉体・身体を動かしているのはなく、
呼吸を伴ってアーサナの中で瞑想もしています。

意識を体の中に集中させることによって、そこに気が流れていくのです。

ヨーガでは、本当に様々なアーサナがあります。
それぞれのアーサナには、意味があり、効能なども、もちろんあります。
しかし、体のいろいろな部分を使い、体のゆがみなどもほぐして、
最終的に行き着く目的は、正しい姿勢で正しい呼吸ができることです。

深い呼吸は、体の隅々から汚れを吐き出し、心のモヤモヤを押し出してくれます。
こころを落ち着かせてくれます。

息を吸うときに体の中が緊張していくことに意識をして、
吐くときに、体が段々弛緩されていくことを意識をします。

この呼吸を深く行えるようになれば、からだの隅々から浄化されていき、
ココロの浄化・身体の浄化、そして健康になれます。

普段、無意識にしている呼吸は、実は緊張と弛緩の繰り返しです。
でも、現代の生活の中では、意識しなければ、どうしても浅い呼吸になってしまいます。

ゆっくりと深呼吸・・・・

これだけでも、かなり気持ちがいいものです。







posted by kitten at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ(ヨガ) YOGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

さんまの塩焼き

さんま、安くなってきましたねぇ。

??±??E〓〓〓.JPG

今日はお刺身用さんまの塩焼き夕食です。大好物です♪

天然塩で塩もみした大根に、きざみすぐき漬けと一緒に。(左上)
茹でたインゲンにしらすをのせました。(中央上)

赤豆入りの玄米ご飯にえごまをかけて、
しいたけとお豆腐とわかめの味噌汁とともに頂きます。

(すぐき漬け)とは。
京都のお漬物。このすっぱいお漬物には、ぽっこりお腹をひっこませるスーパー乳酸菌【ラブレ菌】が
含まれると少し前に話題になったものです。
あまり、興味がなかったのですが、知合いに欲しいと懇願されネットで購入した際、
どんなものかと試食の意味で買ってみました^^
いまではラブレ菌が入ったサプリメントもたくさんでてきていますが、
サプリメントより食べ物で摂取した方が、体に優しく効果的なはずです。



そしてなぜか、今日はギネスビール
ちょっと旦那様にいい事(仕事上の)があったので、
お祝いです。

黒ビールは苦手なのですが、
このビールは美味しいですねわーい(嬉しい顔)
〓〓〓.JPG






posted by kitten at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編☆夕食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

まごわやさしいこ?夕食

今日も1日秋晴れで、とても気持ちがよい天気でした。
3日連続でお布団を干すことができたので、ふっかふかですわーい(嬉しい顔)

今晩の我が家の夕食は・・・?
dinnner ajihiraki.JPG

あじのひらき(もちろん国産アジ!)

にんじんときゅうりと豆もやしのサラダ(茹でたチンゲン菜とアスパラ・にんじんを添えて)

じゃがいもと乾燥のりの味噌汁

黒豆をいれた玄米ごはんにえごまをかけて頂きます。

昨日の「まごはやさしいこ」に当てはめてみると・・・・
ま(黒豆)
ご(えごま)
わ(乾燥のり)
や(サラダ)
さ(あじ)
し(きのこ類がなかった・・・・がく〜(落胆した顔)
い(ジャガイモ)
こ(味噌)

し(しいたけ)きのこ類がなかったのですが、
今朝のお味噌汁は、しいたけとしめじたっぷりのきのこ汁だったので、
善し、としちゃいます手(チョキ)








posted by kitten at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編☆夕食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

まごわやさしいこ

このブログの内容を参考に玄米ごはんを炊かれた方がいらっしゃいました。
なんだか、とってもうれしいです。

そこで、調子にのって?
今日は、食材の組合せ方の目安をちょっとご紹介します。

NPO法人日本綜合医学会で提唱している理想的なバランス食では、

主食(玄米・胚芽米・麦・あわ・きび・そば・うどんなど)

副食 −野菜海藻類
    −豆類・豆腐・納豆類
    −魚介類

の割合です。
つまり未精白穀類を主食にして、上記のバランスを気にしながら
その他の食材に、少量で質素でも以下のものが含まれる粗食で食生活を組み立てるとよいようです。

 豆  豆類、豆腐、納豆類 植物性たんぱく質の大事な供給源になります。

 ごま 種実類(くるみなど)カルシウム・ミネラル・ビタミンなどを含む長寿食。
     しかし油脂を含むので少量を常食とすること。

 わかめ 海藻類(ひじき、昆布など)ミネラルの宝庫なので、必ず少量を毎日。

 野菜 野菜・山菜類 ※旬のもの、なるべく無農薬、国産品

 魚  魚介類 手のひらサイズで丸ごと食べられる魚が理想的。
         ※ただし、忠実にマクロビ食を貫くならば、動物性になりこれはNGです。

 しいたけ きのこ類

 いも イモ類

 酵素 発酵食品(味噌・醤油・漬物)
     生野菜・刺身など生で食べるものには酵素が含まれます。


献立を考える際、一人で「まごわやさしい、まごわやさしい・・・」とぶつぶつ言っています・・・・







posted by kitten at 20:57| 理想的なバランス・食材の目安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

赤い合成着色料の話

今日は、ちょっとシビアな話を書いてみます。

突然ですが
今、日本では赤い合成着色料が何種類許可されていると思いますか?

もともと、許可されていた6種類に、1つが追加され、現在は7種類になっているそうです。
アメリカではもともと許可されていた6種類を発がん性の危険があると禁止しました。
そこで、新たに赤色40号という一種類の着色料だけを許可したようです。

しかし、日本は、許可されていた6種類はそのままに、
アメリカ・カナダなどの圧力で解禁された赤色40号も許可してしまった・・・・・。

国は、国民の命・健康を大切に思うより、
経済を優先させていると感じます。

世界で一カ国だけ着色料を全廃した国があります。
ノルウェーです。
全廃したブルットランド首相は、女性です。
半数が女性議員という欧米の国では、自然保護や健康運動が進んでいる現実から見ても
女性は命や健康や自然の大切さを実感している人が比較的多いのかも?

本当に、その着色料に発がん性があるのかないのか、自分にもわかりませんが、
疑わしいものは、あまり摂取したくないと思います。

国を過信せずに、自分の体は、自分で守る。
家族の体も自分が、がんばって守っていきたいです。







posted by kitten at 19:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 玄米菜食のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

天然酵母ぱん♪

とあるブログをみて影響を受け、
天然酵母ぱんを作ろう!!と思って、もう2ヶ月あまり。

・・・・やっと、作りました。
??〓????τ??.JPG

生まれて初めて作った天然酵母ぱん。

自然食ショップで天然酵母を買ってきて、
生種をつくること24時間。

そして、天然酵母ぱんをつくること7時間・・・・・。

今回は、食物繊維のたっぷりの穀物、ライ麦を入れたライ麦天然酵母ぱん!!

今日は、休日のため、お昼に起きる時間に合わせて焼きあがり、
自家製ピーナッツバターと生野菜とゴマ入り豆乳とともにブランチです。
??〓??????±.JPG

天然酵母ぱんの材料は、強力粉(ライ麦)・こだわり天然塩・こだわり粗糖・元種のみ!
本当に、体に優しい材料のみで作れることに、感動!!!

耳がぱりぱりで、中がも〜っちりで、パンきり包丁でも切りにくい
でも美味しくできあがりました

なんにも予定はないけれど、こんな休日も楽しい♪



最後に、自家製パンは、パンですが、
生種つくりから、焼き上がりまでしっかりよく働く我が家の一員もご紹介しておきます。^^
pan yakiki.JPG
楽天のホームベーカリー売れ筋ランキング
アマゾンのホームベーカリー売れ筋ランキング











posted by kitten at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編☆朝食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

そうめんかぼちゃ

先日、いつも行く八百屋さんで、そうめんかぼちゃを見つけました。

ん?どこかで体にいいと聞いた事があるような・・・・。

私「これってあるある大辞典で特集したことあるものですよね・・・・?」

キレイな美人店員「そうなんですよ。体にいいのは確かなんですけど、何に良かったかは買われていく皆様もおぼえていなくって・・・・・。」

私「やっぱり、人間の記憶力ってそんなものですよね?」

と二人で大笑いして、でも購入して帰ってきました。


ゆでるとこんなにそうめんのようになります。
めんつゆをつけていただきました。さっぱりシャキシャキでおいしいかも?
〓[〓〓??〓????〓.JPG

よくよく調べてみると、そうめんかぼちゃは夏風邪に効くそうです。・・・あれ今更?もう秋・・・・

ベータカロテンがウィルスの進入を防ぎ、
クリプトキサンチンがウィルスを撃退してくれます。

ゆでたえびと三杯酢であわせて食べたり。
にんじんとピーマンをごま油でしょうゆ砂糖みりんで味付けし、そうめんかぼちゃをまぜ、七味をふりかけ、金平を作るとかなりおいしいそうです。

まだ、半分以上あるので今度は、いろいろと調理してみようと思います。

ちなみに、全体の形はこんな感じ。もちろん無農薬物です。
〓[〓〓〓??〓〓.JPG









posted by kitten at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

恐ろしい化粧品

最近大手化粧品の原材料費の実態を知って驚きました。

一般メーカーが3,000円で販売している口紅の原材料費が60円
18,000円で販売されているクリームの原材料費は360円!!

数年前に○生堂の暴露本が出版され、その本によると・・・

3000円の口紅      → 6円
18,000円の美容クリーム → 56円

この原価では、有効成分はごくわずかで増量剤をたっぷり入れる方法しか
ないなぁとつくづく思います。
その増量剤のほとんどは、廃油(ドラム缶ひとつ分で40円)だとか

このような化粧品を使い続けると肌はどうなるでしょう。
肌に必要な水分を与えた後、油で膜をはって逃がさない。
しかし、膜をはれば肌が呼吸できずに、
肌荒れ・シミ・シワ・湿疹・ニキビの原因になります。

<一般的なメーカーの商品にかけられる経費>

小売店マージン 30%
問屋マージン  25%
代理店マージン 15%
広告宣伝費   15%
会社経費    15%
原材料費    0.2〜0.3%

商品代の70%程度が「CM・広告費」に充てられているそうです。

ますます、体によい化粧品はじめ
肌に優しいスキンケア製品・石鹸を探していきたいと思いました。






posted by kitten at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 化粧品の実態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

栗ごはん

昨日は、旦那様の実家で夜ごはんを頂いちゃいました。
人が作ってくれる料理ってやはり美味しいですね。

また、お土産に自宅の庭でとれた栗を頂きました・・・・・。
庭で???

栗は買ってくるものではないのですねぇ。

それで、今朝のごはんは、玄米にもち米を少し入れた栗ごはんでした!!

??????±.JPG

ここから裏話・・・・

栗の皮を包丁で剥いた経験がなく
「なんとかなるさ♪」と私は平気だったのですが、

お義父様・お義母様・旦那様ともに心配だったらしく、
栗の皮むき機登場!!(←そんなものがあるんだ・・・・・。ひらめきすっごい簡単でびっくり)


帰り際にお土産の栗の皮むきをみんなでやってもらっちゃいました・・・・・。

本当にありがとうございます。
お陰様で美味しく炊き上がりました。幸せです 黒ハート





posted by kitten at 14:23| 玄米菜食・実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

きんぴら定食

今日は、純和食・・・素食になりました。

dinner kinpira.JPG

ごぼうとにんじんのきんぴら。

国産高野豆腐と北海道産昆布の煮物

ゴマをまぶした赤豆入り玄米ごはんに海草の味噌汁。

体に優しそうです・・・・・





posted by kitten at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編☆夕食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

病気にならない生き方

今日もこのブログを書くにあたって、
参考にしたり、引用している本「病気にならない生き方」のご紹介です。

????????§??¢ж????.jpg

30万例以上の胃腸を見てきた全米ナンバーワンの胃腸内視鏡外科医
新谷弘美先生が書いた、
太く長くいつまでも元気に生きる方法。

この本については、賛否両論がはっきりと分かれています。

なぜなら、

薬はすべて基本的に「毒」 である
白米は死んだ食べ物(栄養価は玄米の4分の1)である
市販の牛乳は「錆びた脂」 である
肉を食べてもスタミナは付かない


などとはっきり断言しているなど、
医療関係者・農業・酪農関係者からは、
非難されてしまうだろうなぁという発言が多々あります。
よって、この本に対する批判・反論は、相当なものだと思います。

しかしながら、よく考えると、
国は、経済優先で上記のようなことは絶対に言えませんので、
著者は日本の食育に対してもう一度考えなさいと
消費者である私たちに伝えるために、
反発を覚悟して書いたのかもしれません。

この本では、今まで少しずつ
「日本食・和食がいい」「素食にしましょう」「添加物をなくそう」
などと言われてきた内容のそうまとめという感じで、
健康な体を作るために、いろんな健康に良い情報を
もれなくまとめた感があります。

いろいろ考えはあると思いますが、
医療・健康というカテゴリの中では、常に上位に入っていることからも、
社会から注目されている本だと思います。


アマゾン ベストセラー(医学・薬学)をここでチェック

楽天ブックス ベストセラー(科学・医学・技術)をここでチェック






posted by kitten at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメブック達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

食品の裏側

今日は、オススメ本を紹介します。
食品の裏側という本です。
これは、本当に食べ物に対して恐怖感を覚える一冊です。

??E〓????????.jpg
    食品の裏側

家族を愛している人は、必見!!!だと思います。

本の内容:
食品添加物会社の敏腕セールスマンだった著者が、
食品メーカーの“手口”を次々に暴露していく本。

廃棄寸前のクズ肉も30種類の「白い粉」でミートボールに甦る・・・・。
形はドロドロ、水っぽいし、味もなく、
そのままではとても食べられるシロモノではないという牛のクズ肉を、
安い廃鶏のミンチ肉と組織状大豆たんぱくで増量し、20〜30種類の食品添加物を加える。
ミートボールの正体は「もはや添加物のかたまりと言ってもいい」得体の知れない食べ物である・・・・。

コーヒーフレッシュの中身は水と油と「添加物」だけ。

「殺菌剤」のプールで何度も消毒されるパックサラダ。

虫をつぶして染めるハムや健康飲料・・・・・・。

食品添加物の世界には、消費者には見えない、知らされていない「影」の部分がたくさんあります。
加工食品の安さや便利さには理由がある事をこの本を読んで知ったのなら、
少しでも安全な食品を選ぶ気になると思います。

食文化の崩壊も、この本では訴えています。

本の紹介から少し離れますが、
今、校内暴力や家庭内暴力を起こした子供たちの食生活は、
加工食品・スナック菓子やインスタント食品、
清涼飲料水などの過剰摂取が原因であると、
既に研究者の調査でわかってきています。

加工食品やいわゆるジャンクフードと呼ばれる物などには、
化学調味料や添加物を多く含まれています。

このような食事を続けると、カロリーは十分すぎるほど満たされ、
必要なビタミン・ミネラルはかなりの不足になります。
カルシウムの不足はイライラの原因、
ビタミンB群の不足は、判断力の低下を招きます。

また、スナック菓子やインスタント食品などの科学調味料の味になれてしまうと、
自然の味では物足りなくなって、味気ないものに感じてしまいます。

それからでは、食事を変えるのはなかなか難しいものです。


この本を読んで、

自分の食事・家族の健康は自分自身で守らなければいけない時代だと感じます。

そして、私たち・消費者が添加物の入った食品を買わず、
無添加の食品を選ぶ努力をすることで、

業者も安全な食品を扱うようになって、

無添加食品を扱うのお店が増えたらいいなぁと思います。

最終的には、未来の子供達のための豊かな社会を残すことにはなりませんか?







posted by kitten at 09:50| オススメブック達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

中華風うどん

今日のお昼は、

即席中華風うどん。

??α??〓[〓〓????????〓??±.JPG

にんにくたっぷりでなすとピーマンをいためて豆板醤で味付け。

低農薬トマトと無農薬きゅうりを盛り付けてできあがり。

簡単美味しくヘルシーな一品でした。






posted by kitten at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編☆昼食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

玄米粉の応用

カンタン使い回しで栄養満点・節約メニュー

今回は、この間説明した玄米粉を使った節約メニューを考えてみました。

とある日、我が家の夜ごはんのメニューは、

南仏野菜家庭料理「ラタトゥィユ」と
ジャガイモとインゲンの豆乳スープときび入り玄米ご飯。
genmai kona rata1.JPG

夏になったら「ラタトゥィユ」を作りたいと思っていたので、念願の野菜料理でした。

久々に洋風料理(だけどオリーブオイルと野菜だけ)に美味しかったです。
・・・・ただ炒めただけなんですけど。味付けは自然塩のみ。


たくさん作ったので、たくさん食べましたが、余りました。
genmai kona rata2.JPG

でも一人分もないぐらいの量・・・。
そこで玄米粉の登場!!水と玄米粉を投入して、
genmai kona rata3.JPG

煮込むこと約5分。
genmai kona rata4.JPG

野菜リゾットができました。
主婦一人のお昼には、カンタン野菜たっぷりで栄養満点、優秀な一品です。
genmai kona rata kansei.JPG

玄米粉、オススメですわーい(嬉しい顔)

楽天市場のミルサー売れ筋ランキング
アマゾンのミキサー・カッター系売れ筋ランキング







      
posted by kitten at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 玄米粉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする