2006年10月31日

フェアトレードチョコレート

セレブなおやつについて。

ずっと食べてみたかったDAGOBAのチョコレート。
DAGOBA.JPG
これ1個、500円する代物です。
散々悩んで買ったのは、ローズベリー。
原材料は、オーガニックカカオマス・オーガニック砂糖きびジュース・オーガニックカカオバター・オーガニックローズヒップ・・・・


そして、もうひとつ。
こちらはその名もFAIRTRADE CHOCOLATE。
??????????????????.JPGこれ一個、250円。
有機カカオマス・有機ココアバター・有機砂糖を使ったビタータイプ。
甘いのをたくさん食べるのが苦手な私は、カカオ85%ぐらいでも大丈夫です。
90%を超えるとさすがに苦くて失敗しましたが


昔ながらの農法で栽培されたカカオや黒砂糖を使った
チョコレート達。
食べる人と作る人々・そして環境に優しいオーガニック&フェアトレードチョコレート。
少量を美味し~く頂きました

今日は、先ほどから何度も出ている
フェアトレードという言葉について。
チョコレートに関して言えば、
外国のカカオや砂糖を生産する人々は、必ずしも裕福でなく、
労働環境も幸せなものではありません。
流通手段を持たない場合、仲介人に作物を売るしかありません。
そのとき、その作物を買い叩かれたり、
数量をごまかされてしまったりする場合が多く、
いつまでたっても生活が安定しません。

そこで生まれたのがフェアトレード。
途上国の立場の弱い生産者を支援し、自然農法や現地の伝統技術を生かした製品を
公正な価格で輸入・販売し、
環境と人(買う側・売る側両方)に配慮した交易をさします。

最近は、フェアトレード商品は食べ物に限らず、コットンなど衣料品やバックなども見かけるようになりました。

環境に優しい栽培方法で正規の値段でチョコレートを取引すると、
500円・250円になるということです。

安くする方法は、いくらでもあります。

消費者も安心して食べられ、生産者もきちんと利益が得られる仕組み、
フェアトレードという言葉、温かい言葉だと思います。


ちなみに、このチョコレート、いつも行く自然食ショップで、
只今、実店舗購入限定15%オフ(〜11月いっぱい)
なちゅらるふーず リトルガーデン

節約主婦kitten。やっぱりセールには弱い・・・。






posted by kitten at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ロハス・地球に優しい節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

さんまの夕食

どんどん、安くなる秋刀魚ちゃん。
こちらとしては、うれしい限りです。

今日も簡単ヘルシーメニューです。
??±??????〓.JPG


つるむらさきのお浸し。(左上)
長芋のサラダ。(右上)
玄米ご飯にえごまをかけて、具沢山の味噌汁と共に。

ま(豆腐)
ご(えごま)
わ(こんぶ・のり)
や(つるむらさき・ねぎ)
さ(秋刀魚)
し(椎茸)
い(長芋)
こ(生野菜・味噌)

自分としては、ここに野菜中心の煮物があるといいなぁと思いました。






posted by kitten at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編☆夕食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

けんちん汁ランチ

昨日は、けんちん汁を作りました。
たっぷり作ったので、今日のお昼にも頂いちゃいます。

我が家では珍しく白米を炊いたので、
ひじきとゆかりとゴマをまぶしておにぎりにしました。
〓±〓±??〓〓〓.JPG
付け合せは、ごぼうと人参のマヨネーズ和え。
キャベツと人参のバジルソースサラダ。
ひよこ豆を添えます。

ま(ひよこ豆・豆腐)
ご(えごま・白ごま)
わ(のり・ひじき)
や(キャベツ・にんじん・ごぼう・さといも・ねぎ)
さ(なし)
し(なめこ)
い(里芋)
こ(味噌・しょうゆ)





posted by kitten at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編☆昼食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

ポトフ DINNER

昨日、知人から低農薬のブロッコリー・カリフラワー・キャベツを頂いたところだったので、
大好きなル・クルーぜのお鍋でポトフを一生懸命作ってみました。
〓〓〓??.JPG


頂いたお野菜の他に、たまねぎ・にんじん・にんにく・少量の国産牛肉(すっごい久々の登場です)・
お肉に替わるたんぱく源のひよこ豆を入れてみました。
〓〓〓??〓.JPG


付け合せは、ごぼうと人参のからし&レモン&ゴマ&しょうゆ和え。(←初組合せでしたが結構美味しかったです。)
海藻サラダ。
赤豆をいれた玄米ご飯にエゴマをかけて。

お野菜が甘く美味しくできあがりましたが、食べすぎましたわーい(嬉しい顔)

ま(ひよこ豆・赤豆)
ご(えごま)
わ(海藻)
や(ブロッコリー・カリフラワー・キャベツ・人参・たまねぎ・にんにく)
さ・・・・菜食の日なので、なし
し・・・・なし
い・・・・なし
こ・・・・しょうゆ

しいたけと芋系がなかったです がく〜(落胆した顔)
ジャガイモを切らしてしまったのが、痛かった もうやだ〜(悲しい顔)
洋風の献立は、難しいです。←これからの課題


低農薬のお野菜、ありがとうございまいた。





posted by kitten at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編☆夕食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

マーガリンよりバターが安全!?

今日は、マーガリンの話。
玄米菜食+魚の食生活ですので、あまりマーガリンを使う食事にはならないのですが、
ちょっと疑わしい内容の記事をご紹介します。
もうご存知の方も多いかもしれませんが、
マーガリンに含まれるトランス脂肪酸が、疑わしい正体です。

トランス脂肪酸とは、マーガリンなどを製造する際、
液状の不飽和脂肪酸を固形化するために水素添加を施すことによって
飽和脂肪酸に変化させる過程において発生する物質。 
天然に存在する脂肪酸は、ほぼ全部シス型という立体構造を
形成していますが、この水素添加したものは、
トランス型という天然にない構造になります。

まぁ、簡単にいってしまえば天然ににない人工の不自然な脂肪酸ということになり、
体内で代謝がされにくいということです。
もともと、冷蔵庫でも液状の物が固まっている事が不自然といえば不自然です。

そこで、トランス脂肪酸が含まれる食品とは、
・マーガリン
・植物油(精製する過程で高い熱を加える為、一部はトランス脂肪酸に変化する。)
・クッキー
・油であげたスナック菓子
・その他マーガリンやショートニングを使用した食品

トランス脂肪酸の害
1悪玉コレステロールを増加させ、心筋梗塞のリスクが高まる。
2ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎を引き起こす不安がある。
3トランス脂肪酸をたくさんとるお年寄りは痴呆症になる可能性がある。

ドイツやオランダでは、マーガリンは製造・発売が禁止になっています。
カナダでは含有量の表示が義務化され、
デンマーク政府はトランス酸を食品に含まれる総油脂量の2%以下にするように勧告しています。
そして、今回、米国でも2006年1月より含有量表示を義務化するという記事が、
週間朝日 2005.8.5に載っています。

日本のマーガリン(100gあたり7g程度のトランス酸)に比べて、米国で最も多いものは20g程度というから、ちょっと驚きます。

 日本マーガリン工業会は、日本人のトランス脂肪酸摂取量は米国人の3分の1以下との研究を引用し、「現在の食生活であれば問題はない」とする見解を公表しています。


使うなら、バターの方がいいかなと思いますし、
パンにつけて食べるのは、私が大好きな亜麻仁油(低温圧搾)や
イタリア人っぽく、オリーブオイルが大好きです。


一部以下より掲載
http://www.food-safety.gr.jp/syokuhinhyouji/torannsusibousan.htm





posted by kitten at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 玄米菜食のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

ヨーガ(ヨガ)の流派

インドで三千年もの歴史をもっているヨーガ(ヨガ)。
その長い歴史の間に、多くの流派が生まれています。
今日は、その代表的な流派を7つご紹介していきます。

1ラージャ・ヨーガ(心理的ヨーガ)
 ラージャは王を意味します。瞑想を主にしたヨーガです。

2カルマ・ヨーガ(行為のヨーガ・論理的ヨーガ)
 自分に与えられた義務を、成功や失敗、損得の利益にこだわらず最大限の努力をして生きていく行為のヨーガです

3ジュニヤーナ・ヨーガ(智のヨーガ・哲学的ヨーガ)
 ジュニヤーナとは、ヴェーダンダという哲学を基礎とした智恵を意味しています。

4ハタ・ヨーガ(生理学的ヨーガ)
 生理学にもとづいて体位法・呼吸法・瞑想法を修習し健康と心の安らぎを目的とするヨーガです。
自分が行っているヨーガは、このヨーガに一番近いとされています。

5ラヤ・ヨーガ/クンダリニー・ヨーガ(超心理的ヨーガ)
 背柱の下部に潜在されているといわれているエネルギー(クンダリニー)を体位法・調気法・ムドラー行法によって覚醒させることを目的としたヨーガです。

6バクティ・ヨーガ(信仰的ヨーガ)
 神に帰依し信仰することで神と合一を得ようとするヨーガです。

7マントラ・ヨーガ(呪法的ヨーガ)
 いろいろなマントラがあります。マントラには超自然的な波動・身火的なチカラがあると考えられています。マントラを唱え、心の浄化をしようとするヨーガです。

 1から3までは顕教(知性を根幹としているヨーガ)、4から7までは密教(身体と口のはたらきと感情を根幹としているヨーガ)の部類に入るようです。

なんだか難しい話になってきましたが、
ヨーガの究極の目的である「解脱」にたどり着く為に、
長い年月をかけ、いろいろな流派のヨーガができたというお話です。
時代を超え、現代人にアピールする力を持っているのは、多くの人の智恵と体験的につかんだそれなりの内容があるからなのかもしれません。

現在は、ヨーガが海外へ普及するにつれて、
この顕教と密教が結合され、全一的なヨーガ(インテグラル・ヨーガ)として、
盛んになっています。

インド人でない私達にとって、解脱を目的とするには、あまりにも高遠な目的ですが、
ヨーガは現代人に心身の健康を作る智恵がいっぱい詰まっているようです。

もっと、興味のある方は、以下の本がオススメです。

〓[〓????????.jpg
  ヨーガのすすめ

〓[〓????.jpg
  ヨーガ入門


この本の著者、先日の角田照子先生の師匠でもある佐保田鶴治先生とは。

インド哲学の学者である佐保田鶴治先生とは、京都大学を卒業後、立命館大学・大阪大学などで教授生活を送り、退官後にヨーガをより研究し、実践した生活を送ったところ、今までに信じられないほどの健康感を得られたそうです。そして、一人でも多くの人にヨーガによってしあわせな日々をおくってもらいたいと願い、普及活動を続けていた方です。佐保田先生のヨーガは、昭和50年ごろからのヨーガ・ブームを作り、NHKなどでも公演・実演をされています。亡くなられてからもう20年が経とうとしていますが、先生の出版されている本には、今の日本の健康ブーム・ヨーガブーム・予防医学を予想しています。





posted by kitten at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ(ヨガ) YOGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

玄米炊込おにぎりのお届け物

先日、お母様から「玄米の炊き込みおにぎりを作ってもらいたいんだど・・・・」
といわれました。

ちょっとふくよかになり気味の親戚の方に、
玄米を食べさせてあげたいけど、なかなか美味しさが伝わらないから
ということでした。

なぜか?玄米で炊いた炊き込みご飯をおにぎりにすると
大変好評なので、気合と愛を込めて作りました。
具は、干ししいたけ・ひじき・油揚げの組合せ。
私が一番好きな組合せです。

〓??????????±×〓[.JPG

いつもの分量で玄米3合にもち米0.5合。
お醤油 大さじ1 お酒 大さじ1 天然塩 小さじ1の調味料で味付け。
(詳しくはこちらを参考下さい)

¨??〓??.JPG

たくさん作ったので、お渡ししたときは、
「冷凍庫に入れて少しずつ食べます」なんて言っていたのに、
あとで聞いたら、
「美味しくて、近くにいた人たちと子供達に食べられその場でなくなってしまった」

・・・・がく〜(落胆した顔)
玄米を美味しく食べていただけたのであれば、こちらとしてはうれしい限り。
今度は、食事のバランス表と炊き込みご飯のレシピを持ってお邪魔する予定。

玄米を食べ始めるだけでは、体重は減らないと思いますが、
食事改善の一環のきっかけとなればいいなぁと思っています。

炊き込みご飯を作ったときの夕食は、カンタンです。
既に具がたくさん入っていますので・・・・^^
〓????????????〓.JPG

キャベツと人参のサラダ。
香り豆。
栗。
具沢山の味噌汁。

ま(香り豆・豆腐)
ご(えごま・栗)
わ(のり・ひじき・昆布)
や(キャベツ・人参・ねぎ)
さ(魚はありません。今日は玄米菜食の日!!)
し(椎茸)
い(お芋系は、なかったです・・・)
こ(生野菜・味噌・しょうゆ)






posted by kitten at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編☆夕食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

ヨーガの三要素

先週末は、埼玉県のとあるヨーガ教室に行ってきました。

私にとっては、先生の先生の先生にあたる方で、
昭和50年頃からのヨーガブームの火付け役でもあるインド哲学者・文学博士の佐保田鶴治先生より
直接指導を受けられた現在81歳の角田照子先生(埼玉ヨーガ禅道友会 会長)です。
今までもう30年近くヨーガ教室で教えていらっしゃいます。

初めてお会いましたが、見た目はどうみても60歳台わーい(嬉しい顔)
顔にはしわが全然ありませんでしたぴかぴか(新しい)
身体は、ありえないほどの柔らかさで年齢不詳ですひらめき

月曜日から土曜日の毎日、朝から晩まで、このヨーガを多くの人に教えるために、
埼玉近辺の教室をいくつも掛け持ちしていらっしゃいます。
生活をお聞きしただけでも81歳の方とは、
思えないぐらい毎日パワフルに活動されています。

とても優しい口調で話しかけてくださり、
先生の言うとおりに体操をすると、なぜか身体がいつもより柔らかくなります。
ヨーガが終わったあとは、全身をマッサージされたような心地よさと
穏やかな心が残りました。

ヨーガを始めると、始めた歳から老化が止まるといわれていますが、
まさに、その通りの先生でした。

今日は、その教室で習ったこと。
ヨーガ体操の特色・三原則について。

ヨーガは他の健康体操と大きく異なっている点です。
スポーツの目的は、成績や勝負、鍛錬だったりしますが、
ヨーガの目的は、心身の健康にあります。
老若男女、だれでも始められて、だれにでも相当の効果をあげることができるようです。

・体操(調身)⇔肉体
・呼吸法(調息)⇔神経
・瞑想法(調心)⇔精神
の三要素から成り立っています。

身体(肉体)と気(神経)と心(精神)の三つは、
人間の構造上、分割することはできません。
それぞれが良い状態で働き、その結果三拍子そろって調和を得たとき、
心身の幸福が得られると解いています。
ヨーガは、身体を動かすだけでなく、この三つを同時に行っていくので、
相乗的な効果をもたらします。

ヨーガは本当に哲学だと思います。
奥が深いです。

日々、勉強です。
そして、将来、いつまでも若く、いつまでも元気に、
いつも穏やかで優しい先生のような生き方をしていきたいと強く思いましたわーい(嬉しい顔)





posted by kitten at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ(ヨガ) YOGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

玄米リゾット

残りごはんの玄米を使った☆カンタン☆リゾットです。
????¨??????〓〓&〓〓〓.JPG


郡山県産にんにく・低農薬トマト・無農薬なすをオリーブオイルでいためて、
水を入れ洋風だし・塩で味付け。

玄米ごはんを投入して出来上がり。

玄米は、煮すぎてもぐちゃぐちゃにならないので、固めリゾットが好きな人には、オススメですわーい(嬉しい顔)





posted by kitten at 11:21| 実践編☆昼食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

いわしの夕食

今日は、私なりに稼いだ1日でした。
ひとつは、近くのスーパーでポイントがたまり、500円の金券をゲットしたこと。
ポイント○倍デーを選んで買い物をし、マイバックを持ちこんでポイントをためた日頃の成果わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

もうひとつは、市から郡山駅前駐車場2時間30分券をゲット。
県民税の支払いを新規で口座引き落としにするとプレゼントされるらしい。

さて、今晩の夕食は、
いわしの塩焼き夕食でした。

鶏肉をすこし使って、椎茸えのき・キャベツをにんにくとしょうがで中華風いため。
(最近風邪がはやっているようなので、免疫力アップのきのこ類とにんにく、しょうがを使ってみました)
????E????±.JPG


山芋のサラダ(鰹節とのりをかけてわさびとお醤油味で)

赤豆入り玄米ごはんにエゴマをかけて、
白菜と油揚げのお味噌汁とともにいただきます。
¢??????〓????±.JPG

ま(赤豆・油揚げ)
ご(えごま)
わ(のり)
や(キャベツ・白菜)
さ(いわし)
し(椎茸・えのき)
い(山芋)
こ(味噌・しょうゆ)

また、明日からも、マイバックを持って、お買い物に行ってきま~す






posted by kitten at 22:19| 実践編☆夕食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

重曹生活スタート

とある方に教えていただいた重曹。
さっそく、自然食ショップで購入してきました。
??т.JPG

重曹を入れた水で野菜を洗うと農薬がとれるというスグレモノ。
無農薬でない野菜は、こちらでお世話になることにしました。

ところで、この天然重曹、使い道がすごくあるのに驚きました。

まずは、食器の洗物、茶渋とり、鍋の焦げ付きに。

なんでも挑戦。とってもお気に入りのル・クルーゼのお鍋が、最近焦げ付いてきたのが気になっていたので、早速重曹を使ってみました。
〓〓〓[〓E±°.JPG

水1カップに重曹大さじ1杯をいれて煮立てると、焦げ付きを浮かび上がらせてくれるので、あとでちょっとこすると、あっという間にきれいになってしまいました。
〓〓〓[〓E±°??.JPG
凄いかも。


次に、冷蔵庫や生ゴミの消臭。
生ゴミの袋に重曹を少し振りかけたら、次の日、いやぁな匂いがだいぶなくなりました。
安い消臭剤は、ゴミになるし、環境に悪いしと、使いたくなかったので、(・・・正直100円でも買いたくはなかったので)これは、便利。

また、入浴剤・お風呂洗いとして。
入浴剤としてお風呂に入れて、その後かるくこすって流せば、浴槽もきれいで排水溝もぬるぬるが消えるとか?
我が家では、入浴直後に毎日、例のアクリルタワシで浴槽を洗ってしまうので、浴槽用の洗剤は存在しなかったので、丁度良かったです。

そのほかにも、洗濯に、掃除。
歯磨き、うがいにも。
市販の歯磨き粉にも、カラダに悪影響を及ぼす発泡剤・研磨剤・パラベンなどなど含まれていますので、歯磨き粉は、極力つけずに磨いていましたが、重曹も歯磨き粉の代わりになるとは、驚きです。

ひとつの品物で、これだけの用途があるということは、
様々な用途別洗剤を買わなくて良いので、節約につながりますし、
場所もとらずにシンプルな生活スタイルです。
環境にやさしい素材を使うことで、エコロジー生活であり、
それは、地球にやさしいロハス生活でもあります。

重曹を教えていただきありがとうございました。






posted by kitten at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ロハス・地球に優しい節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

玄米納豆チャーハン

今日のお昼は、あまり物です。
にんにく・人参・ねぎ・ピーマンなど野菜たっぷりの玄米納豆チャーハン。
えごまをかけて頂きます。

????????〓〓[〓〓.JPG

この一品で、相当の栄養が取れます。
納豆チャーハン、結構好きです。
玄米で作ると失敗なし!!ですよわーい(嬉しい顔)


玄米の美味しい食べ方・玄米チャーハンについてはこちら





posted by kitten at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編☆昼食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

休日なのに・・・一人ランチ

今日は、三連休の初日。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか??

我が家は・・・・・
旦那様は休日返上して、仕事に出かけてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

ということで、今日の一人ランチ。
気分をカフェ風にプレートに盛ってみました。

??Ь〓〓〓.JPG

玄米粥に梅干・えごまをのせて。
椎茸・こんにゃく・昆布の煮物
香り豆
人参・きゅうり・ジャガイモのサラダ

ま(香り豆)
ご(えごめ)
わ(昆布)
や(人参・きゅうり)
さ(なし)
し(椎茸)
い(ジャガイモ・こんにゃくいも)
こ(生野菜)

意外とバランスのよいランチの出来上がりわーい(嬉しい顔)手(チョキ)


※数分でできる簡単玄米粥の作り方は、こちら





posted by kitten at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編☆昼食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

お礼に・・・・自作アクリルタワシ

以前に、お義母様に頂いたアクリルタワシの日記を書きましたが、
今回、自分で作ってみました。
〓〓〓〓〓〓〓〓.JPG〓〓〓〓〓〓〓±.JPG
いくつか頂いたアクリルタワシが、
消耗品のため、ダメになってしまったので、
仕方がなく、買いだめしていたスポンジを使っていたのですが、
洗剤はたくさん必要だし、手荒れも気になってきたので、
お義母様にお願いして作り方を教えてもらいましたわーい(嬉しい顔)

裁縫や編み物もダイスキなので、ブログをそっちのけでひらめき
最近、ちょっとはまっています。

百円ショップでアクリル100%の毛糸を購入。
大体1つのアクリルタワシが30分〜1時間で出来上がります。
ひとつの毛糸玉で、軽く10個はいけそうな感じです。

参考にした本は、コレ。
??????〓〓〓.JPG
魔法のタワシ 総集編


アクリルタワシ本 売れ筋ランキングはこちら

そして、先日結婚祝いとして「食べ物通信」を頂いたおばさまへ、
本日、手作りアクリルタワシを郵送しました。
使ってくれるといいなぁ・・・・わーい(嬉しい顔)揺れるハート







posted by kitten at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ロハス・地球に優しい節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

食べ物通信・輸入食品について

先日、親戚のおばさまから、結婚祝いにと、以下の冊子が届きました。
そのおばさまも家庭菜園で無農薬野菜を栽培していることなどから、
食の話ではいつも、盛り上がります^^

私が食に対して興味を持っていることを知り、
この冊子の一年購読をプレゼントとして頂きました。

〓????????.JPG


これから一年間とても楽しみです。
おばさま、本当にありがとうございます!!
私には何よりのプレゼントです。

ということで、今日は、その冊子から。
とても読み応えがあり、これからのブログネタにも出没しそうな記事ばかりです・・・。

輸入食品の実態について。

基本的に輸入食品には、腐らないように、ホストハーベスト(収穫後の農薬=防虫剤、防カビ剤、ワックスなど)がかかっていますので、我が家ではJASマークがない輸入品は買わないようにしていました。
以下の内容を読んで、ますます手を出したくないなぁと感じました。

国が認めている輸入品使った冷凍ほうれん草や冷凍枝豆、ごぼうやキヌサヤなどから、違反農薬が検出され、学校給食のパンからも、視力低下や神経をおかす有機リン系農薬を検出されたそうです。
またこの輸入品の数々は、ありとあらゆる形態で輸入され、
コンビニ弁当や外食店などで多く使われているといいます。

この輸入量と国民人口の割合から計算すると、
食品添加物・抗生物質・カビ毒などを、1日に1人あたり10〜15g、年に5kg
食べているといわれています。
これらの食品添加物などの過剰摂取が、子供の45パーセントがアレルギー症状を持っている現状と無関係ではないとも述べています。

輸入品を国産と偽造表示したり、鮮度を保持させるため、
「鮮度保持剤」違反も出ているそうです。

輸入食品の行政検査率たったの3.5パーセント。
指定検査機関とあわせても10.2パーセント。←それでも、少なすぎ!!!
そのほかは、書類を見るだけでパスされてしまうという実態を知りました。

経済のために輸入をするからには、もっと安全な形で私達消費者に提供してほしいと強く思います。






posted by kitten at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 玄米菜食のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする