2007年08月24日

MY箸☆マイ箸

ロハスな大人生活の仲間入り、第二弾!!!

「マイ箸」

こちらも、ブログ仲間やぶさんとランチをご一緒した際、
素敵な鞄から、素敵なお箸を取り出して、
美しくマイ箸を使いこなしているのを見て、軽い衝撃を受けたのがきっかけで、
マイ箸を持ちたいと思うようになりました。


今回も神戸の友人に紹介してもらい、向かったお店は、
市原平兵衛商店。1764年以来、箸一筋に商ってきた という箸の老舗です。
お料理の取り箸の使い勝手は、かなり有名でプロの方が多く使っているようです。

選んだお箸は、天然木にMR漆を使って塗り上げたお箸。
MR漆とは、直射日光や熱に強く、変色しにくい・傷がつきにくいといった特徴をもっています。
色と形(実はこれ、八角形なんです)にピンときて、ご購入!

my hashi.JPG


市原平兵衛商店。
京都市下京区堺町通四条南
075-341-3831
http://www.kyoto-shijo.or.jp/shop/ichihara/




隣の箸入れは、大正レトロの雑貨商「紅や」にて。


紅や 京都店
京都市中京区寺町通四条上ル中之町552番
075-231-0891
http://www.beniya.info/




コンパクトに収まる携帯用箸ではありませんが、
この箸入れなら、旦那様のお箸も入れることができるので、
二人で外出(外食)する際にも、いつも鞄の中に入れて、持ち歩きをはじめましたグッド(上向き矢印)

間伐材の割り箸や塗り箸ならば、お店の物を使わせていただきますが、
これからは、使い捨て割り箸の削減に、広い意味で、地球温暖化防止に、CO2削減に、
少しでもできることから、協力していきたいと思います黒ハート
 
ラベル:マイ箸 MY箸
posted by kitten at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ロハス・地球に優しい節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

ヨーガ研修三日目 

7月終わりに参加しました滋賀県西教寺でのヨーガ研修日記。
最終日の三日目です。

この日は、いつものように6:00起床ではなく、
4:30起床。

実は、この研修でお知り合いになった方から、
5:00〜特別に少人数で行う「生気充実体操」にお誘い下さり、
参加できることになりました。わーい(嬉しい顔)
かなり早起きです。

目に見えない気の流れを意識して、自分の中で、その気を転がしているような感じです。
自分の中の気がどんどん高まっていくのが、
とっても面白く感じました。

しかしながら、朝が早かったこともあり、いつものヨーガよりも動きが速いこともあり、
初めての私にはかなりきつく感じましたたらーっ(汗)



6:30〜 朝の勤行

7:00〜8:00 朝の行法実習
今回は、3つの先生・会場に分かれての実習です。
表書院で、井上信男先生にご指導いただきました。

テーマは、「瞑想」
毎日のヨーガ実習の中に、初歩の内から瞑想を加えておくことは、
やがて豊かな実りをもたらすことになります。
2〜3種類のアーサナを行ってから、瞑想を実習します。


☆心に残った先生のお言葉☆

内外という考え。
とても立派なこと(神や仏様のこと)を考えていても、
考え事をしていることには、かわりがありません。

そういったこと=考えていることを外していくことが、ヨーガ・瞑想なのです。

無限無想でなければならないか?という質問には、
有限有想でよい。とのお答えを。

雑念・・・雑にすると雑になります。
こころの内にある雑念なんてひとつもありません。
こころに沸くもの(感情・思考・考え・念)は、なにひとつ悪いものではないのです。
そんな自分の心を、自分を観ていくことが大切です。

自分の心が動いていることに気がつくことができれば、
いつも自分に(自分の内に)戻っていることになります。
それを限りなく繰り返していけばよいのです。




何十年も行っている井上先生が、

ヨーガをしていると、いかに自分の体が思うようにいかないかを思い知らされます。
ヨーガをしていると、いかに自分の心が内に向いていないかと思い知らされることがあります。

とおっしゃっていらっしゃいました。

そして、「雑念はない」ということに、とても勇気づけられました。



8:15〜9:30 朝食・部屋の整理

9:30〜11:30 ヨーガに関するグループディスカッション

いくつかの会場に分かれて、今回の研修に参加した感想や、質問などを、
先生方が答えていただきました。
笑いあり、感動話ありのあっという間の2時間でした。

11:30 閉会式

12:00 解散


最後に終了証を授与していただき、今回のヨーガ禅夏季特別研修を無事終了することができました。
さまざまな好条件が重なり、今回参加できたことに、心から感謝の気持ちでいっぱいです 黒ハート
posted by kitten at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月のヨーガ教室の日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

MY バック

最近、ブログでお知り合いになった方からの、
エコライフ生活(ロハスな生活かわいい)にかなり影響をうけています。

風呂敷マイバックも、その一つ。
格好よく、風呂敷マイバックを使えるようになりたい!!と思い続けて数ヶ月。
ずっと自分のお気に入りの風呂敷を探していました。
そして、先日の京都でやっと出会うことができました。

見つけたのは、こちら。 有職浪漫。とってもレトロな雰囲気です。
C~.JPG 

ディスプレイに飾ってあるのを見て、飛びつきました。

全体が黒地に桜の花びらが散っていて、
四隅に茶色とモスグリーンが入っています。

箱を包んだり、バックにした際の色の出方がとても気に入っています。
C~p1.JPG



京小物 ふくろもの
京極井和井 アンティーク井和井
京都市中京区新京極四条上ル
075-221-0314
http://www.kyoto-iwai.co.jp/





それから、忘れてはならないだんな様へのお土産も、もちろん買いました。
探していたのは、正絹の博多織、角帯。

ほしいなぁと強く願うと思いは、叶うものです!?
京都では、とても有名らしいアンティーク着物屋「だいやす」にて、新品を4800円で発見!!

.JPG

デパートでは、1万円はしちゃいます。(ちょっと手が出せずにいましたあせあせ(飛び散る汗)


それにしてもこちらのお店は、アンティーク着物が本当に安い。
そして、品物の数には圧倒されます。
女物の着物を小物全て4万でそろえた方もいらっしゃるほど。
アンティーク着物なら交通費もかけても、安いのでは?と思えちゃいます<わーい(嬉しい顔)>

今回は、男物の帯を探したいとリクエストをしていたので、
前回の記事から登場している友人(サラリーマンクリエーター)にチョイスして頂いたお店です。
彼女もアンティーク着物をそろえているので、さすがの選択でした。
ありがとう黒ハート素敵な帯を見つけることができました。
 

古布ときもの だいやす
京都市下京区四条通西洞院西入傘鉾町41  
tel/fax 075-213-1113 daiyasu.81@eos.ocn.ne.jp
http://www.daiyasu81.ecnet.jp/index.html





今年の「うねめ祭り」には、旦那様はお土産の正絹帯をしめて、
私はお気に入りの浴衣に、風呂敷マイバックを合わせて参加してみました。
良い思い出となりました。ぴかぴか(新しい)



風呂敷マイバックは、軽くて場所をとらないのでとっても重宝るんるんなんですね〜。つくづく思います。

いままでは、スーパーのレジ袋をお断りするばかりでしたが、
小さいバックの時でも、この風呂敷を必ず携帯するようにして、
最近では、ちょっとしたお買い物も、ほとんど全て袋をお断りすることに成功しています手(チョキ)
ちょっとロハスで大人な女性の仲間入り?

先日のドラックストアでのお買い物の際も、
袋をお断りして、風呂敷をバックに作っていたところ、
「わっ、いいですね〜♪」と笑顔でほほえんで頂きましたわーい(嬉しい顔)
素直に、とっても嬉しかったです黒ハート

MYバック生活、多くのほほえみまでもらえる生活かもひらめき
posted by kitten at 10:44| Comment(0) | TrackBack(1) | ロハス・地球に優しい節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

cafe in 神戸

今日は、ヨーガ研修ではなく、
ヨーガ研修☆番外編☆

大好きな友人との再会のひとときについて。

今回、私が京都方面に行くことになり、ヨーガ研修後に、
神戸に住む友人と久しぶりに再会することができました
その友人=彼女とは、「モノ」にこだわったサラリーマンクリエーター。
関西で有名なアートストリームに、最近二年連続出展しています。

アートストリームとは、何かしら、作っていたり表現したりする人が自分の作品を見せ、
販売できるアートフェス。
展示ブースだけじゃなくて、ライブペインティングやパフォーマンスもあり、
あらゆる芸術家さんの集まるイベントです。

参加応募者も多く、なかなか一度目の挑戦で出展できる人は少ないらしいのですが、
彼女は、去年一度目の、初めての、挑戦で見事に書類審査に合格。

そして、今年の6月には、
FIBER ART SHOW IN BUSAN (2007.6.21 opening) @craftstoy
韓国の釜山で行われたファイバーを中心とした表現のグループ展にも出展しています。
日本人作家さんだけでなく、韓国人の作家さんも交えた日韓合同のグループ展。

仕事をしながら、自分の作品を製作して、
とってもパワフルな生き方にいつも憧れます。

そんな彼女のブログは、こちらです。





さて今回、本当に忙しい中、リサーチしてもらった素敵なお店は・・・・。

ヨーガ研修が終わった日の午後3時に神戸・三宮駅で待ち合わせ。
神戸といえば、 【cafeの街】

ということでまずは、紅茶とシェリーのお店 「TEN,」
カウンター席のみのおしゃれなお店。
マダムな雰囲気のお姉さまが、好みの紅茶orシェリーを入れてくれます。
昼間から安心して、美味しく女の人がシェリーを飲める雰囲気なんです。
VF[.JPG
フィハキンタ
ドライ・アモンティリャード
カルデナル・シスネロス・ペドロヒメネスの3種類

こんな風にティスティングとして少量ずつ出してもらうことも可能です。

あま〜いスィートシェリーを、バニラアイスにかける・・・
そんなめちゃめちゃ美味しい食べ方?飲み方?も教えていただきました。
これ、ホントはまります黒ハート



vT`.JPG
紅茶「ラプサンスーチョン」
本当に素敵なティーカップ!!燻したアールグレイがなんとも香り高い紅茶です。



紅茶とシェリーのお店 「TEN,」
神戸市中央区中山手通二丁目13−9 エール山手ビル1F
Phone.078-271-3920
http://www.kansai.com/gourmet/G0001171




その後、雑貨屋さんなどを見て回ろうとしましたが、
突然の大雨と、あの有名な「TORITON CAFE」の看板がひらめき

きっと男の人なら考えられないだろうねわーい(嬉しい顔)と笑いながら、
一件目のお店を出て10分後には、二件目のCAFEにいました。

やはり、有名店!!お店は満席でした。
しかしこちらは、ギャラリーが併設してあり、置いてある雑貨が最高にかわいい。
CAFEを利用せずに、こちらをメインに立ち寄られるお客さんもいるようです。
買いたい衝動に駆られながら見ているとすぐに席に案内されました。

神戸の街並みを・・・・というより、神戸の味を味わうことに。

ggcafe1.JPG 

雨の神戸の街を眺めながら、こんな素敵なCAFEで、お茶できるなんて、
夢のよう。

会話にも、花が咲きまくりました。

こちらの雑貨は、オンラインショップ「Billet」でも手に入るようです。



TRITON CAFE 
SHOP OPEN 12:00〜20:00
FRI-SAT 12:00〜22:00
SHOP CLOSE WEDNESDAY

神戸市中央区中山手通1-23-16 2F 〒650-0004
Phone. 078 251 1886 Facsimile. 078 251 1889
http://www.triton-cafe.jp/

posted by kitten at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

ヨーガ研修二日目 午後編

7月終わりに参加しました滋賀県西教寺でのヨーガ研修日記。

なかなか思うように進められずに、もう夏休みも終わりに・・・・。
ピッチを上げて書いていこうと思います。

二日目 午後編です。

12:00〜13:00 昼食

13:00〜13:30 記念撮影

13:45〜15:15 特別講演
「人類の解放を呼びかけるヨーガ」と題して山口恵照先生が、表書院にて講義されました。

☆心に残った先生のお言葉☆

ヨーガとは心の動きを静めることである。
心の動きを静めるとは、三昧(自由になること)に他ならない。
三昧にいたるために、八支ヨーガを学習し、
身に付けるとけがれが消え、知恵の灯火が輝いて、
見るものと見られるものとを区別する識別智にいたる。⇒自由となる。

八支ヨーガとは。
1禁戒【ヤマ】  自分以外のものとの関係 (非暴力・正直・不盗・梵行・不貧など) 
2勘戒【ニヤマ】  自分自身に対する戒め (清浄・知足・苦行・読誦など)
3坐法【アーサナ】  体位法
4調息【プラーナーヤーマ】 呼吸法
5制官【プラティヤーハーラ】
6執持【ダーラナー】(凝念)
7静慮【ディヤーナ】(禅)
8三昧【サマーディ】


漢字で読めば、なんとなくでも意味がわかるのですが、
カタカナでは、なかなか聞き取ることも難しいのが現状です。
基本的な用語から覚えなければなりませんたらーっ(汗)



15:30〜17:30 行法実習
今回も、6つの先生・会場に分かれての実習です。
大本坊と呼ばれるお部屋で、高野篤先生にご指導いただきました。

プログラムの目的は・・・
アーサナは、心の平静を養うための確実な方法である。体は直感を拒む。
それに反応すればよい。
開脚は寛骨と大腿骨とを接合する股間節をやわらかくする前段階的に行う。

パシチマターナ・アーサナ(背中を伸ばす体位)
ウッターナ・アーサナ(前屈)
パヴァナ・ムクタ・アーサナ(ガス抜きの体位)
うつぶせの合蹠
仰向きで足を左右に開く

☆心に残った先生のお言葉☆

医者要らずの体を作っとかなきゃいかん。何のためにヨーガをやっているのか?
呼吸に意識をもっていくだけで、自律神経をコントロールできるようになる。
自分で心臓の鼓動を動かすことができる。
自分であやつることができようになる。

それを自分でわかるようにならなきゃいかん。

やるかやらないかは、自分の意思。



こちらの先生は、かなりキツイ。
でも、そのキツさが癖になり、とても気持ちがいい。
そう言って、参加されている方がいっぱいいらっしゃいました。

副交感神経を刺激するつぼや、免疫力を高めるつぼなども交えて、
自分の中の免疫力・自然治癒力を高め、自分で病気を治せる体作りを伝授して頂きました。
痛気持ちのよいヨーガでした。

今回の研修から帰ってきて、今一番復習をしているのが、実はこちらの先生の行法実習です。
高野先生にはまっている人の気持ちが少しわかった気がします。



17:45〜19:00
 夕食

19:00〜21:00 サット・サンガ
サットとは[菩薩] サンガとは[集まり]の意。

先生方が、インドの紅茶「チャイ」を入れてくださり、
みんなで、お菓子を囲みながら、チャイを飲みながら、ゆっくりお話をする時間です。
この研修では、ほとんど初対面の方ばかりでしたが、
本当に笑顔が素敵な方ばかり。
どこで誰と出会っても、笑顔でにっこり挨拶。
ハードな研修スケジュールの中、
トイレや浴室も人数と休憩時間に対して本当に少なかったですが、
研修期間を通じて、笑顔で譲り合って、焦ったり慌てたりする人はいないことに、
つくづく心の寛大さを知りました。

19時からのサット・サンガにあわせるために、夕方から手の空いた先生方が率先して、
本当に美味しいチャイを入れていただきました。
ご馳走さまでした黒ハート

22:00
 消灯

この日も、比較的ぐっすり眠ることができました。
posted by kitten at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

ビッグパレットふくしま

暑さもだいぶ和らいだので、
今日は、旦那様とちょっとお出かけしてきました。

向かった先は、ビッグパレットふくしま
多目的展示ホール(1F)では、24時間テレビ30「愛は地球を救う」
のメイン会場があり、とってもたくさんの人がいらっしゃいました。

チャリティーコンサートでは、辛島美登里さんの透き通る美声が響き渡り、
間近で見たのは、初めてだったのでとってもびっくり&感動ぴかぴか(新しい)

「ツイテルね」と言いながら会場をふらふらしていると、健康検査の文字exclamation×2
健康オタクなわが夫婦は、もちろん受診をお願いしちゃいました。

まずは、骨密度
kitten 超音波伝播速度 1538m/s  
旦那様 超音波伝播速度 1523m/s 

二人とも健常領域である1520m/sを超え、実年齢に対し標準的な結果。


そして、血圧と血管の硬さと詰まりから動脈の硬さを調べてもらいます。

動脈硬化とは、動脈血管壁にコレステロールなどの脂質が沈着し、血管の細胞が増殖したりして、
血管が硬化するとともに内腔が狭くなる状態を指します。

この動脈硬化を放置すると、
狭心症・心筋梗塞・脳出血・脳梗塞・下肢の壊死などの可能性があるといわれています。

baPWV値が、
kitten(実年齢29歳)   右999cm/S 左1042cm/S   推定血管年齢23歳  
旦那様(実年齢36歳)   右1069cm/S 左1058cm/S  推定血管年齢29歳

こちらも、二人ともに標準。
非常にやわらかい血管でした。

これからも食生活を基本とした生活習慣を気をつけて、
いつまでも元気で健康に努めたいと思います黒ハート

ここでちょっとご案内。
動脈硬化・高血圧の病気別食事療法については、
こちらがとってもわかりやすくてオススメです。

最後に指先の俊敏性・巧緻性
こちらも問題なく。
というよりも、年齢が35歳からのグラフになっていて、
結果は、グラフに載っていないほどGOOD!

気分よく、募金もしてきました。


そして、おとなりのホールでは入場無料のセキスイハウスの住まいの博覧会。
シーカス・光触媒外壁などの展示や住設機器メーカーからたくさんの出展がありました。
その中でも、お目当ては、掛け軸工房 連さんのブース。

この博覧会に向けての準備の様子をブログで拝見させて頂いていたら、
実際も見たくなって行って来ちゃいました。

いつ見ても、センスのよい掛け軸ばかり
いつか私も自分のお気に入りの布を掛け軸にしてもらう計画をこっそり立てています・・・・☆
posted by kitten at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の栄養状態 スキャナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

ヨーガ研修二日目 午前編

7月終わりに参加しました滋賀県西教寺でのヨーガ研修日記。二日目です。

6:00 起床 急ぐのが、嫌いなので私は5:30に起床しました。
普段、早起きは得意な方ではないのですが、すっきりと目覚めることができました。

6:30〜 本堂で朝の勤行。

本堂へは、泊まっているお部屋から、中廊下や階段を使ってもいけるのですが、
まだ朝の涼しい時間帯にお散歩も兼ねて、靴を履いてお庭を散策しながら本堂に移動。
森林の朝を存分に感じることができました。
般若心経を唱えます(もちろん紙を見ながらですがたらーっ(汗)


7:00〜8:00 朝食

8:30〜10:00 理論研修
「日ごろのヨーガ実践の根本について」と題して八田捷也先生が講演されました。
ヨーガから何を学び、どのように生かし実践すべきかを、わかりやすくお話下さいました。


☆心に残った先生のお言葉☆

「賢者だけは、一日に一回、必ず自分の心を内向きにする時間を設ける」

私たちの心は、五感覚(眼・耳・鼻・舌・皮)がありますので、
いつも外の事に心がとらわれがちになっています。

〜が欲しい・〜なりたい・〜したい・・・・など。

外向きの心は、私たちの体にどう関係してくるでしょうか?
五感覚は生きるためにとても大事ですが、バランスを崩すと心が悪く、心を痛めることになります。
ストレスに感じてしまったり、何もしたくなくなり・・・・・
最後には、体が不調になります。

この時、人は、自分のことはさておき、外に解決を求めることが多いです。

外向きの心が原因のひとつであり、
心の受け止め方・考え方も問題のひとつである。
とインドの哲人は唱えています。

外向きの心を取り除いていくことが、ヨーガの大事な目的であることを理解して、
アーサナ(体操)をしていきましょう。



必死にノートにメモを執りながらの、あっという間の1時間30分でした。
ヨーガ・スートラ世界のスタート地点に立った感じで、
「???」というところも少なくありません。
これから、理解を深めていきたいと思います


少しの休憩時間を経て、次の実習です。

10:15〜11:45 行法実習
今回も、6つの先生・会場に分かれての実習です。
大研修室で、成川弘子先生にご指導いただきました。

とっても綺麗な美人先生ぴかぴか(新しい)で、憧れの先生ですわーい(嬉しい顔)
若くて30才台ぐらいかと想像していたのですが、50歳後半と知り、唖然ひらめきとしてしまいました。

内容は、「ねじる」アーサナから体感・理解を深めます。
自分にとって少し厳しいと感じるアーサナも、呼吸と動作のつながりによって、
助けられることを体感していきます。

足の基本体操
バリヴリッタ・トリコーナ・アーサナ(三角ねじりの体位)
アルダ・マチェーンドラ・アーサナ


☆心に残った先生のお言葉☆

ヨーガ暦は30年以上。
自分の歳とともに、以前楽に出来ていたアーサナができなくなってきたものもあります。
しかしながら、体の衰えと感じることはありません。
人生には、大波・小波がありましたが、ヨーガに助けられた人生であるということを、
改めて実感している毎日です。

やりにくいアーサナもありますが、
ひとつのアーサナにじっくりと集中することができ、それを味わうことができるようになって、
自分のヨーガになってきたことを、感じています。




優しい穏やかな口調の中に、しっかりとした考えが伝わってきました。
今回のねじりの代表的なアーサナであるアルダ・マチェーンドラ・アーサナは、
とても厳しいものでしたが、意識をもっていく考え方を知ることができ、収穫の多い実習でした。


午後編に続きます。。。
posted by kitten at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

ヨーガ研修一日目

建築家 原広司氏の設計で有名な京都駅に到着。

0727sw.JPG

一緒に参加する母とは、この京都駅にて待ち合わせでした。

大学の頃に見学に来て以来、二度目です。
この階段を上ると空につながっているのでは?
そんなことを考えながら、ぼ〜っといつまででも眺めてしまいそうでした。


さて、ヨーガの研修場所は、京都駅から電車で約15分のところにある滋賀県西教寺。

参加した260名を超える人を迎え入れられるだけの、
とても大きく立派なお寺でした。

私が泊まったのは、ヨーガの行法実習にも使う大研修室というとても大きなお部屋。
総勢、20名以上での相部屋です。

その他も、大きなお部屋が2つと、
5・6人の小部屋がたくさん。
こちらの小部屋は、おもに年配の方を優先して割り振りを行った模様。
平均年齢59歳の中、私はかなり若い参加者になっておりました。


12:15〜受付が開始され

13:15〜14:15 早速行法実習です。
こちらは、100名近くの方が一斉に参加された感じでした。
初めての方もいらっしゃいましたので、「ヨーガ禅にはじめて触れる方のために」と題して、
まずは座り方から、正しい姿勢のとり方から、丁寧に教えていただきました。

☆心に残った先生のお言葉☆

息が荒く忙しくなってしまっているとき、早く呼吸を落ち着かせる方法として、
鼻先に呼吸を集中させて、息を見つめるように、息を観察するように、息を眺めるようにして、
最後に頭の中も緩めてみましょう・・・・・



先生のやさしい声が体に響いて、自分の呼吸に意識を集中させることで、
慌しく準備をして郡山から京都入りした自分の心の焦りが落ちついてきました。


・・・さすが、京都そして西教寺というこの環境!!!




14:30〜15:00開会式

15:15〜17:15 行法実習
こちらは6会場に分かれて行います。
それぞれの行法実習プログラムが配られ、
自分のやりたい行法・指導していただきたい先生を選んで移動します。

どの先生もプログラムも魅力的で、心奪われながら、選んだ先生は鹿丸利子先生。
佐保田先生から直にご指導された経験から、佐保田先生の生い立ちを含め、
ヨーガをはじめられて健康になられた貴重なお話・ヨーガの語源などを教えていただきました。

場所は、「宗祖大師殿(祖師殿)」といわれるほかの建物から少し離れた場所にあります。

0727cta.JPG


とても厳かで、かつ神聖な雰囲気の中、
先生の声が蝉の鳴き声で消えてしまいそうな大自然を感じられる場所でした。

内容は、古典を踏まえた佐保田ヨーガのオリジナルを中心にすえて、
基本的な体位法。

簡易体操・手・足の体操
パシチマターナ・アーサナ(背中を伸ばす体位)
ブジャンガ・アーサナ(コブラの体位)
クールマ・アーサナ(亀の体位)
ジャタラ・パリヴァルタナ・アーサナ(わにの体位)


☆心に残った先生のお言葉☆

このヨーガは、心を落ち着かせる要素をたくさん取り入れ、大切にしています。
アーサナの出来・不出来を気にせず、体の中に意識集中することを大事にしています。
もし、体が硬くてうまく曲げられない・反れないということがあったとしても、
自分の中に刺激がある・痛みがあることで、
意識集中を高めるために役に立っていることになります。とてもよい事なのです。

アーサナの中に意識集中があるのが、このヨーガです。




終わったあとの爽快感にあわせて、その祖師殿から見渡せる琵琶湖の美しさに、
暑さを忘れるほどでした。
0727i.JPG



その後夕食・休憩を経て、

19:00〜20:30 「インド音楽の夕べ」
シタール奏者堀之内幸二先生・タブラー龍聡先生による、演奏。

表書院と呼ばれるお部屋で、インド音楽をゆっくり堪能しました。

最後には、以下の歌を皆さんで口ずさみなから・・・・

キール・タン
ラグ・パティ
ガーヤトリー・マントラ
グル・ストゥティ

表書院は、畳敷きの開け放しでしたので、夜の風を感じながらの
インド音楽もなかなか心地よいものでした。

22:00 消灯。
郡山からの長旅と充実した行法実習により、意外とすんなり夢の中へ・・・。
ラベル:ヨーガ 京都 研修
posted by kitten at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

8月のヨーガ日程

大変遅くなりましたが、
今月のヨーガの予定です。

今月は、夏休みのため少しお休みを頂き、
研修で指導を受けてきたヨーガを、
自分なりにまとめるお勉強をしたいと思います。

また、☆夜の部☆を1日開催してみますぴかぴか(新しい)
今まで参加できなかった方、どうぞお気軽にお問合せ下さいわーい(嬉しい顔)



活動日 2007年度 8月の予定 ※先着、10名様前後の人数で行いたいと考えています。
      
     ☆昼の部☆  8月30日 (木) 10:00〜11:30
     ☆夜の部☆  8月29日 (水) 19:00〜20:30   残りあと2名です。

場所    郡山市内公共施設
       ※活動日により場所が違います。追ってご連絡させて頂きます。
    
受講料  1人1回500円

服装    動きやすい楽な服装でしたらなんでも構いません。畳の上で行います。

持ち物   ハンドタオルまたはバスタオル





1度だけの体験参加も、もちろんOKです。

ヨーガについてよくある質問は、こちら

ヨーガ教室についてのHPは、こちら

今月も、先月に引き続きこうして予定を立てる事ができ、深く感謝いたします。
ありがとうございます黒ハート
posted by kitten at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

ヨーガ三昧の日々

おはようございます。ご無沙汰しております。

京都駅から電車で約15分、滋賀県の西教寺にて年に1回行われる
『ヨーガ禅夏季特別研修会』から帰って参りました。

この西教寺というお寺は、とても厳かな雰囲気で、
セミの鳴き声が響き渡り、目には緑が溢れ、
少し小高いところに位置しているために、琵琶湖を眺めることもできる絶景の場所でした。

260名を超える参加者の中、若い人は15歳から最高89歳までと幅広い年齢層。
ハードスケジュールの中でも、常に笑いが絶えない3日間となりました。

とにかく、皆さん、笑顔が素敵でなんといっても、お若い目
出会う人、出会う人、年齢をお伺いするとびっくりするばかりで、
見た目プラス10歳~20歳を考えていた方がよいと悟りましたぴかぴか(新しい)

研修プログラムは、
朝の勤行から始まり、行法実習が計5回。
理論研修が2回。
そのほか、インド音楽を聴いたり、グループディスカッションなどを織り交ぜながらの、
ヨーガ三昧な日々でした。

この研修を通して、とても印象的に残っているのは、
10名以上の指導してくださる先生方の美しさと若々しさ・指導の優しさ・そして謙虚さです。


最終日の修了書の授与式では、
胸をこみ上げてくるものがありました。

今月は、この京都方面の研修で感じたこと・
過ごした日々(神戸に住む大切な友人にも会ってきました黒ハート)を
少しずつご紹介していけたらいいなと思っています。
posted by kitten at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする