2008年05月27日

国宝 薬師寺展 〜悠久の歴史と美〜

先週末は、月に一度の東京ヨーガ教室に参加してきました。

今回の東京行きには、ヨーガともうひとつの楽しみがありました。
それは、東京国立博物館で行っている「国宝 薬師寺展」。

今日は、そのお話から

薬師寺展.JPG


薬師寺は、天武天皇が皇后の病気平癒を祈願して建てられた由緒ある古いお寺です。

平城遷都1300年を記念して開催するもので、日本仏教彫刻の最高傑作のひとつとして知られる
「日光菩薩立像」
「月光菩薩立像」
「聖観音菩薩立像」
が光背を外した形で背面からも360度、見られるようになっていることで、
ニュースや新聞でも取り上げられています。

「日光菩薩立像」「月光菩薩立像」「聖観音菩薩立像」は、
銅製鋳造鍍金で、飛鳥時代または奈良時代に作られたといわれています。

ちょうど、薬師寺の住職様がいらしたので、
いろいろなお話を聞くことができました。

この時代には、日本に銅はなかったために、朝鮮の銅を使用して日本で作られたこと。
3メートル以上ある大きい像ですが、一度に銅を型に流して鋳造していること。
鋳肌もなめらかである技術が素晴らしいこと。
真っ黒に黒光しているのは、一度大火事に遭遇しているため。

日光菩薩立像が先に作られ、月光菩薩立像があとから作られたこと。
教えて頂いてからよく見ると、
細部にわたり、月光菩薩立像の方が、より滑らかな身体がわかります。
特に、親指と人差し指とで輪を作っている両手が顕著にわかります。
(※この手の形をヨーガでは「智恵の印相」と呼ばれています。)

正面から見ると、肉付きが豊かでがっちりとしているのですが、
背面から見ると、正面からは想像できないくらいすっきりと痩せていて、しなやかで本当に美しい。

美しすぎる・・・・。



一緒に行った母と、この二つの立像の周りを1時間は酔いしれていたと思います。

1400年もの間、この美しい姿で、幾人もの心に、この幸せな時間を与えてこられたのかと思うと、
吸い込まれそうな、時が止まる感じでした。


その他にも、
西遊記の三蔵法師のモデルとなった玄奘三蔵像や、慈恩大師像、吉祥天像などなど、
国宝と重要文化財が盛りだくさんで、夜8時(金曜日のみ)の閉館時間ギリギリまでいました。

こんな間近に拝むことができてありがたくて、心が洗われる時間でした。


奈良の薬師寺、いつか訪れてみたいお寺です。



平城遷都1300年記念「国宝 薬師寺展」
東京国立博物館 平成館 (上野公園)
2008年3月25日(火)〜6月8日(日)
posted by kitten at 10:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

ぱん教室☆体に優しいワッフル編

一昨日、手作りぱん工房さんの5月のぱん教室に行ってきました。
待ちに待った白神こだま酵母を使って、
体に優しいワッフルを「さくさくタイプ」と「甘酒入りのもちもちタイプ」の2種類作りました。

ホシノ天然酵母は、何度か使っていましたが、
こちらの白神こだま酵母を使うのは、今回が初めてぴかぴか(新しい)
ちょっと緊張!!!

「今回は、ワッフルなので、
こねたり二次発酵までは行わないので、大丈夫♪」
という先生の優しい言葉通り、
ドライイーストやベーキングパウダーのような感覚で使用します。

白神こだま酵母の良い点は、
バターや砂糖を使わなくても、甘みともっちり感がでるところと聞いていたのですが、
確かに!

通常のワッフルでは考えられないほどの、少量のてんさい糖や甘酒を加えただけで、
このお味がでることに感動しました。

また、今輸入小麦類の価格高騰で何かと話題性の多い米粉
もちもちタイプのワッフルに使いました。
米粉を使うのも、実は初めてぴかぴか(新しい)

食料自給率40パーセントを切る日本で、
自給率95パーセントを誇るのは、お米と聞いています。

小麦粉の代用として充分使えることがわかったので、
我が家にも米粉、そろそろデビューさせることになりそうです手(チョキ)

パンやお菓子作りでも日本の農家を応援できたらなんだか嬉しいかもわーい(嬉しい顔)


試食には、
豆腐クリームとごまクリームを添えて。
キャベツとたまねぎとひえのスープと体に優しいちょこっと一品。

ワッフル.JPG

甘酒といちごと寒天・くずを使ったこれまた体に優しいデザートまで用意してくださり、
甘酒の使い道の多さにとっても勉強になりました。









以下は、自宅での一人で復習編。
ホワイトクリスマスパンを習って以来、
このふわふわ&もっちりの食感と材料のシンプルさにはまっています。
ノンバター・ノンオイル・ノンシュガーで作れるパンです。
復習.JPG

最近では、チーズを入れたり、プルーンを入れたりとアレンジも楽しんでいます。


基本は和食の我が家も、食べる楽しみとして、
体に優しい洋食も、美味しく取り入れて行きたいなぁと思います。


posted by kitten at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ロハス・地球に優しい節約生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

郷土料理 お秀茶屋

今度は、会津のお店。
仕事で会津に行くという旦那様にお願いして一緒に連れて行ってもらった時のことです。

このお秀茶屋さんは、
炭火で焼く自家製味噌の田楽が食べられるお店です。
15代にわたって360年、田楽の味を守り続ける名店。


一人前の田楽 735円は、こちら。

田楽.JPG

お餅2串
生揚げ2串
ニシン1串
こんにゃく1串(初秋以降はサトイモだそうです。)



お味噌は、北会津産の大豆から作られていています。
北会津産のもち米を使ったお餅のふわっとした柔らかさは、絶品黒ハート
衝きたてのお餅を炭火で焼くと、こんな食感が生まれるものなのかぁ〜と感心しました。

そして、田楽として初めて食べた身欠きニシン。
身欠きニシンは正直あまり得意ではないのですが、
いままでで一番美味しいと感じました。
旦那様と2人で、「凄い」「美味しい」と連発していました。


お店の中は、いぶした味噌の香ばしさがぷんぷん。
自分達も、お店を出た後は、しばらくの間、匂っていたと思いますわーい(嬉しい顔)


日本の郷土料理って体に優しくて美味しいなぁとつくづく思いました。



お秀茶屋
住所 福島県会津若松市東山町石山天寧308
電話 0242-27-5100
posted by kitten at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | kitten’s favorite shop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

うろこいち 

今日は、美味しかった海鮮のお店について。

先月もいわきに行ったばかりですが、
小名浜付近まで足を伸ばす機会がありました。

いわき・ら・ら・ミュウ付近で、美味しいお店はないかしら?と探していたところ、
愛用本の「ふくしまのスローフード」に載っているお店「うろこいち」を偶然発見。

引き寄せられるように、店内に・・・・。

まだ12時前だというのに、お店はほぼ満席でした。



頼んだのは、こちらのちらし丼 1250円


ご飯が全く見えないほどの新鮮な海鮮がたっぷり。
お漬物と自家製無添加イカの塩辛。
嬉しいかにの味噌汁。
かに味噌もたっぷり入っています。


うろこいちup.JPG


お刺身は、甘エビの大きさと甘さにとろけそうでしたわーい(嬉しい顔)
ホタテも、かなり美味しかったです。




安くて美味しい。
ご飯の大盛りも無料exclamation×2

いわき方面に行くときには、このお店は必ず候補にあがりそうです。



うろこいち
住所  福島県いわき市小名浜栄町66-40
電話  0246-54-1233
営業時間  8:00〜17:00
定休日  水曜(祝日の場合は翌日休)
http://urokoichi.ocnk.net/
posted by kitten at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | kitten’s favorite shop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

4月の食費

この週末は、我が旦那様は泊りがけの用事があり、
寂しいながらも、久しぶりの一人の時間を楽しんでいたkittenですわーい(嬉しい顔)

たまっていた書類の整理、部屋の掃除、などなど、
やっとパソコンにまでたどり着きました手(チョキ)

それでは、先月の食費は、

穀類(無農薬玄米を買ってます)   4053円
旬の野菜・海藻類・きのこ       3898円
豆類(豆腐・納豆・ゴマ)        2317円
魚介類                  2222円
お肉・卵                 991円
油脂・糖分・果物            810円
調味料                  4024円

合計                  18315円

我が家の家計にも、食品の価格高騰の余波が・・・・?。
高くなってしまった食品は買わないようにしているのですが、しばらく様子見という感じです。






☆今月のお気に入りメニュー☆


春の味覚「うどの炒め物」
うどの炒め物.JPG



うどとセロリと小女子の組み合わせです。
クセのある野菜同士が、足し算ではなく掛け算で美味しくなっています。
お酒のおつまみにも、最適ぴかぴか(新しい)
お箸が止まらないおかずです。



このおかずを使って、玄米おにぎり菜食「簡単一人ランチ」
ランチ0511.JPG



お麩を使った料理にも挑戦!!「すきやき」
福島牛が申し訳なさげに少しだけ入っていますが、お麩がメイン黒ハート
すきやき.JPG



posted by kitten at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎月の食費内訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

春の味覚 【イタリアン編】

続いて、春の味覚【イタリアン編】

先日、大好きな友達から新鮮&美味しい無農薬クレソンを頂いたので、そのときのお料理。


・クレソンの生サラダ。(左奥)
酢漬けにしたきゅうりと、塩もみした無農薬人参などをのせて、ハーブソルトのみの味付け。

・クレソンとトマトの冷製オーガニックパスタ。(右奥)

・きのことクレソンのペペロンチーノ。[オーガニックパスタ使用] (左手前)

・ジャガイモのビシソワーズ風 ノンオイルポタージュ。(右手前)
(ジャガイモ・たまねぎ・玄米・豆乳)を添えて頂きました。

クレソンdinner.JPG


私の一押しは、きのことクレソンの組み合わせ。
オリーブオイルで炒めたニンニクとピリッと唐辛子のスパイスが効いて、
いくらでも食べられます。

たくさん頂いたのに、美味しくってあっという間になくなりました。
私たち夫婦の野菜の消費量って、相当凄いかも?と2人で苦笑してしまいました

美味しい春の味覚をいつもありがとうございます黒ハート
posted by kitten at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編☆夕食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の味覚 【天ぷら+α編】

最近食した、春の味覚。

苦味のある山菜は、やはり天ぷらが美味しいと感じます。

普段、揚げ物や天麩羅はしませんが、
一年の内、この時期だけは数回行いますわーい(嬉しい顔)




大好きな大好きなコシアブラちゃん。
コシアブラの天麩羅.JPG
天ぷら粉は使わず、(常備していないものであせあせ(飛び散る汗)
国産地粉と北海道産大豆粉を使って、揚げてみました。
カリッとサクっと、そしてほんのり甘さがある衣です。



こごみの天ぷら。(左手前)
こごみの手作りゴマドレッシング和え(中央奥)
小松菜のおひたし。
くきたちの和え物。
二年大根の葉っぱと塩もみ。

てんぷら.JPG

こちらに玄米ご飯とさっぱり味のお味噌汁をつけて、
お気に入りの緑のエビス「THE HOP」で乾杯ビール


本当に野菜だらけですが、とっても満足なお夕飯でした。
すべて採れたて・完全無農薬のお野菜達。
2人でいつの間にか、すべて完食!!!
冬の間にたまった毒素をしっかり排出して、体の中からキレイになれる気がします。




お次は、【実家で揚げて頂いた春の味覚編】。
「ふきのとう(左手前)・たらの芽(左奥)・あけび(右奥)・椎茸(右手前)」。

山菜づくし.JPG

今年は、はじめて「あけび」の天ぷらを頂きました。
コシアブラよりやや味が柔らかく(苦味が少なく)、食べやすい山菜です。
美味しいわーい(嬉しい顔)

たらの芽も、普段売っている小さいものより、しっかりと育ってだいぶ大きいものの方が、
茎の部分がジューシーで美味しいのかも!という新たな発見をしました。

これらも、山で摘んできたもの、実家の家の近くで採れたものです。
心底、春の恵みに感謝ぴかぴか(新しい)
摘みたてを天ぷらにして食すなんて、今しか出来ないひとときの贅沢と感じています。
福島に暮らせて、幸せです黒ハート

posted by kitten at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践編☆夕食メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする