2008年09月08日

2008年 京都研修3日目

今日の郡山は、とぉっても良い天気でした。
週明けに良いお天気ですと、やりたいことが沢山でてきちゃいます

さて、京都研修のまとめ、最後の3日目です。


:00〜起床

6:30〜本堂 朝の勤行

7:00〜8:00朝の行法実習

最終日の行法実習は3会場に分かれて行います。
去年は、瞑想の会場に行きましたので、
今回は、「バンダ・ムドラー」の八田捷也先生の会場へ。

ハタ・ヨーガにとって、このバンダ体操とムドラー体操は、
非常に重要な部分を担っています。

バンダとは、引き締め。喉やお腹・肛門を引き締めて骨盤全体を引き締めていく方法。
肛門にある抹消神経を解して、自律神経のシステムに刺激を与えます。
ムドラー体操とは、霊的な力の発現を目的としています。(「ヨーガ入門」より引用)

行法実習では、

バンダは、喉とお腹と肛門を引き締める方法ではありますが、
止息の時間を長くすることが深める方法にもなる


と教えて頂きました。
どれだけの時間、とどめていられるか、その間自分を感じて、自分の内面に心を向けていくことで、
ムドラー的な体操が出来てくるというお話でした。

バンダとムドラーを含めながら、太陽礼拝の体位法を行いましたが、
かなりキツイかったです・・・・。
ゆっくりと行い、それぞれのポーズで保持、呼吸に合わせて行います。
キツイのですが、その後のシャバ・アーサナは、最高の心地よさ黒ハート
体中、かなり引き締まった気がします^^


9:30〜10:30 理論研修「ヨーガ禅を深める〜ハタ・ヨーガとラージャ・ヨーガ〜」
こちらも、八田捷也先生が講演してくださいました。

私にとって、この夏季研修会は、
行法実習の他に理論研修があることも大きな魅力の一つです。
内容の理解まではまだまだ難しいですが、
昨年より、多少知っている語句が多くなってきたことを少し嬉しく感じました。

その中で、「ヨーガ・スートラ」が書かれた紀元前6・7世紀から、
(文明は進歩しましたが)
我々の心はどのくらい進歩したといえるでしょうか?
という八田先生のその問いにハッとさせられました。

哲学が根底にあるからこそ、身体と神経と精神を調えていくこのヨーガが、
大変面白いと感じた瞬間でもありました。
二千年近くの時を経て、
こうして勉強ができる環境にいる私は、本当に幸せ者です。

ラージャ・ヨーガに関しては、ゆっくりと自分なりに勉強して、
理解が深まった時に、いつかご紹介していきたいと思っています。


10:30〜11:30 質疑応答

11:30閉会式

12:00解散

3日間のヨーガ三昧な日々を終え、閉会式の最後の最後に、
「オームシャンティ」を唱えると、じわっと胸をこみ上げてくるものがありました。

様々な幸運に恵まれ初めて参加した去年は、
感動の連続でした。

そして、福島県に住む主婦の私にとって、2回目も参加できるかは、
正直のところ、難しいかなと考えたこともあります。

そのため、昨年は、講演・理論研修・行法実習の内容を聞き逃さないようにと、
初めてICレコーダーを買い、準備をして、研修に臨みました。
その後、録音した内容を、一年間、地道に自宅で聴きながら、
復習をして過ごしました。

「オームシャンティ」を唱えると、そんな一年間の想いと、
家族をはじめ周りの方の理解と援助に支えられ、
今年もこうして研修会に参加し、無事に終了することが出来たこと、
貴重な体験を数々とさせて頂ける環境に、
なんとも言えない温かい気持ちが胸いっぱいにこみ上げてきました。


サットサンガやグループディスカッション・質疑応答などでは、
参加者のヨーガ体験談etcも盛りだくさんでした。

・毎日、目の体操を行い、視力が回復した方。

・腰を骨折して歩けないはずが、姿勢を正して、完全呼吸法を行い、
痛めた腰に負担をかけなければ、立つことも歩くこともでき、
お医者様も驚かれるほどに、回復された方。

まさしく、腰に負担をかけない、人間本来の正しい姿勢を保てるならば、
腰を痛めていても、立つことが出来るということを実証されたようですぴかぴか(新しい)本当にスゴイ。

沢山の貴重な体験談を聞くことが出来て、
身体の神秘性・順応性・奇跡性を感じた3日間でもありました。

講師の先生方・スタッフの皆様、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
posted by kitten at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

2008年京都研修 午後編

こんにちは。
暑さが戻ってきました。
あのまま秋になってしまうのは、ちょっと寂しい気がしていたので、
この残暑を楽しみたいと思います。

季節の変わり目、気温差の大きい時期ですので、
体調管理しっかりしていきたいと思います☆


さて、8月中にまとめきれずに、
9月まで持ち越している京都研修2日目 午後編です。


12:00〜昼食

13:00〜本堂前にて、全員で記念撮影。パチリッ

13:30〜14:45 特別講演「宇宙の平和・万物の幸福」
             西教寺 西村冏紹 猊下

15:15〜17:15 行法実習

6会場に分かれて行う2時間たっぷりの行法実習。
昨年に引き続き、高野篤先生の会場を選びました。


内容は、
毎朝、床の上で行うヨーガ体操
・足指を動かす
・肩、腕をしなやかにする
・大腿骨を動かす

身体をあおむけにした状態で、
眼球を緊張させ、緩める体操や、
顔や耳のマッサージを行い、リンパの流れをよくして、人相を良くする体操など。

「人相は、自分で変えていかなければならない。
ほっておくと、しわが増えるだけ。」

ピシャっと言い放つ先生の言葉が個人的に大好きです♪



☆心に残った先生のお言葉☆

健康の元になることをまずは、きちんと理解しておくこと。

・自分の免疫力は、白血球でわかること。

・「自律神経支配の法則(福田−安保理論)」を知ること。


自律神経は、白血球の数や働きとに密接に関係している。

白血球には、大きく顆粒球とリンパ球に分けられる。
顆粒球は54〜60%、リンパ球は35〜41%の割合を保っているのが正常な状態。
上記の割合であれば、もし病気にかかったとしても、
自分の免疫力で十分撃退できると言われている。


自律神経のうち、交換神経が緊張すると顆粒球が増え、
副交感神経が優位になると免疫系を支配するリンパ球が増加する。

すなわち、交換神経を顆粒球が支配し、
副交感神経がリンパ球を支配しているという法則。


これを知っているのと知らないとでは大きく違う。

病気になった時には、原因を自分で調べて、
答えを自分で探していく方法を知らなければならない。

働きすぎ・薬の長期使用・心の悩みなどストレスが加わると、
自律神経が乱れ、交感神経が緊張し、優位になると顆粒球が増え、リンパ球が減る。
すると、白血球のバランスが崩れ、この状態が長く続くと、
免疫力が低下し、がんや膠原病など様々な病気が発症。

逆に、リラックスをしすぎると、運動不足や肥満で、
副交感神経が優位になり、リンパ球が過剰になり、
アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症、通年性鼻アレルギーなど)などが発症。


疲れている時(交感神経が過剰)は、軽い体操をして、身体を緩める。そして、水を取る。
リラックスして神経を緩め、ストレスによる自律神経の乱れを自分で治す努力をする。
ご馳走を食べるより、薬を飲むより、水を飲む方がよい。

病気になるメカニズムを知り、
将来の子供達に伝えて行かなければならない・・・・




副交感神経を刺激するツボや、免疫力を高めるツボなども交えた床の上で行うヨーガでした。

そして、ヨーガの体操の中で、全身の緊張を緩めるシャバ・アーサナ(完全弛緩法)が、
一番大事で、重要で、一番難しいと言われるのが良くわかります。

以前に通っていた、健康自然食料理教室でも、
いろいろ顔を出している健康セミナーでも、
この「自律神経支配の法則」のお話は聞いておりましたので、
頭の中に、すぅっと入ってきましたわーい(嬉しい顔)

椅子に座って、映像をみながら、メモをとりながら聞くのとはまた違って、
身体を横にしてシャバ・アーサナをやりながらの講義も、
よいものですひらめき
今まで、勉強していることのまとめにもなりました。

今の私達の生活は、緊張の連続(交感神経過剰)の場合が多く、
緊張のしすぎで、病気になっているという他のヨーガの先生がいらっしゃいました。

1日30分でも意識して、身体を緩めて、副交感神経を働かせて、
自分の免疫力を上げる時間をつくりたいものです。

身体を動かす交感神経と副交感神経のバランスが重要だと思います。

「病気の成り立ちを見ていくと、
病気はまさしく人生を反映している。
病気の根本原因は、実は偏った生き方にある。
病気を治すことは、まさしく「生き方」を変えること。」

というお話も聞いたことがあります。

自律神経を意識した生活に変えられなくても、
食事から生活を変える方法もあります。

主食を未精白米にし、食物繊維が豊富な豆類・きのこ類・海藻類・発酵食品などの
バランスの取れた食事を、腹七分目を意識しながら食べて、
消化管を動かすことでも、副交感神経の働きが高まり、
自律神経のバランスを整えてくれます。

明治時代の医者:石塚左玄氏は、
「人間は、食物の化身である」と言っているように、
食べ物は、体を養うと同時に、心(神経までも)も養ってくれます。

正しいヨーガと正しい食事を心がけていきたいと思います。



17:30〜 
夕食・休憩

19:00〜21:00
 グループディスカッション
             
22:00 消灯



posted by kitten at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする