2008年12月08日

10・11月の食費公開

こんばんは☆
今日のお買い物では、北海道産の赤カレイがとっても美味しそうに目に飛び込んできました。

今晩のkitten家ごはん
「冬は、食卓に、熱と油(魚の脂)気を盛れ」という言葉通りのお夕飯です。

20081208.JPG

今が旬。脂がのった赤カレイの煮付け。
ふろふき大根
大根葉の和え物
白菜のキムチ
玄米ごはん
野菜ときのこの小鍋(さっぱりとぽん酢で頂きます)


この時期には、大きい鍋か小さい鍋か、
どちらかは必ず食卓に登場している気がします^^


この赤かれいは、身がふっくらで臭みが少ないので、
薄~く味つけしましたが、お魚の甘みがたっぷり煮汁にも染み出て、
2人とも、一滴も残さず完食です。
・・・美味しくできました黒ハート

カレイは、高たんぱく・低脂肪でタウリン・ビタミンB1・B2・Dが豊富で、
ヒレの部分のトロトロコラーゲンは、美肌効果に良いとか^^
明日の朝が楽しみですぴかぴか(新しい)


ま(豆)           豆腐・味噌
ご(ゴマ)         有機黒ゴマ
わ(わかめ・海藻類)   北海道昆布
や(野菜)         大根・大根葉・白菜・人参
さ(魚)           赤カレイ・小女子
し(しいたけ・きのこ類) 舞茸・エリンギ・しめじ・えのき
い(イモ類)        食後のデザートは、さつまいものクッキー(この記事の一番最後に載っています)
こ(酵素を含む食品)  生野菜・醤油・味噌・キムチ・お酢



さて、毎月公開する予定の食費が、
今月も2カ月分たまってしまいました。(^^;)


10月分の食費

穀類(無農薬玄米を買ってます)  5088円
旬の野菜・海藻類・きのこ      3564円
豆類(豆腐・納豆・ゴマ)        2150円
魚介類                  2805円
お肉・卵                1553円
油脂・糖分・果物             298円
調味料                    0円

合計            15458円




11月分の食費

穀類(無農薬玄米を買ってます)  4000円
旬の野菜・海藻類・きのこ      3440円
豆類(豆腐・納豆・ゴマ)        2026円
魚介類                   948円
お肉・卵                 3862円
油脂・糖分・果物            313円
調味料                  746円

合計            15340円






こちら↓は、今晩の食後の☆お楽しみ☆
マクロビスイーツ「さつまいものクッキー」

20081208s.JPG

お友達から素敵なブログ「野菜のごはん」を教えて頂き、
お野菜料理の参考にさせて頂いております。
この方の、食材の使い方・発想は、本当に素晴らしいです☆☆☆

☆材料☆
さつまいも
国産南部地粉
白ゴマペースト
豆乳の代わりに、北海道産大豆粉
自然塩

砂糖を使わなくても、さつまいもの甘さで問題なしわーい(嬉しい顔)
牛乳やバターも使わずに美味しいクッキーでした♪

posted by kitten at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 毎月の食費内訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

誰でも簡単にできる「爪もみ療法」

こんばんは☆
毎日、寒い冬に向かっているのをひしひし感じています。
そんな今日の晩御飯は、まったりお鍋の予定ですわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

旦那様の帰りを待っている間に、
久しぶりにブログを更新しています。

今日は、これからの寒さに負けずに、自分で自分の免疫力を高める方法、
どこでも簡単にできる『爪もみ療法』のご紹介です。

この方法は、以前自然食料理教室に通っていた際に、初めて知りました。
その後、ヨーガの研修会でも同じお話を聞き、
毎日のヨーガでも行うようになりました。

私は、耳が弱く、
ちょっとしたストレスなどで耳を傷めることが多いのですが、
この方法を知ってからは、悪化することなく、直すことが出来ています。

自分の弱いところを知り、それを理解して、
自分の力で少しずつ直していく・・・・まさしくヨーガの世界です。

ヨーガは、「自分が自分で自分をよくする方法」とよく言われています。
スポーツではなく、健康法としてのヨーガこその言葉だと思います。

人の手を借りず、物を使ったりせずに、
人間本来持っている素晴らしい力を、
自分の力で引き出していきたいと思います。


では、早速『爪もみ療法』

少し前にご紹介した「自律神経支配の法則」に少し関係しています。
爪の生え際を刺激する爪もみは、
自律神経の働きを、副交感神経優位に導き、リンパ球を増やして、
免疫力を高める効果があります。


☆爪もみ療法のやり方☆

爪の生え際の角を、反対の手の親指と人差し指でつまんで揉む。
少し痛いくらいの強さで一箇所を10秒づつ。
症状に対応させたい指は、20秒ずつ。
揉むのは、1日に2〜3回を限度に。
原則として、薬指は行わない。


参考までに、指別症状を下記に書いてみました。

【親指】 アトピー・喘息・咳・リウマチ・ガン・円形脱毛症・
ドライマウス・潰瘍性大腸炎・クローン病・消化器潰瘍・胃弱など

【人差し指】 腰痛・椎間板ヘルニア・動悸・頭痛・頻尿・腎臓病・
肝炎・手足のしびれ・肥満・生理痛・子宮筋腫・子宮内膜症・
更年期障害・顔面神経痛・自律神経失調症・不安神経症など

【中指】耳鳴り・難聴など

【薬指】原則、行わない

【小指】脳梗塞・ボケ・パーキンソン病・物忘れ・不眠・メニエル病・
高血圧・糖尿病・肩こりなど


手と同様、足にも効果があります。
症状に関しては、足の第一指は手の親指に、
足の第二指は、手の人差し指に対応しています。

引用参考文献「奇跡が起こる爪もみ療法」より


とっても簡単で、場所を選ばすにどこでも行うことができますので、
kittenのオススメ健康法です。

インターネットでも、たくさんの情報がありますので、
興味のある方は、色々と調べてみてくださいね♪
posted by kitten at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ(ヨガ) YOGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする