2010年04月29日

たべすぎない1

おはようございます♪

今日は当たり前のことですが、豊かな時代だからこそ難しい「食べ過ぎない」
というテーマです。

毎日の飲食によって、
休むことなく働いてくれる私達の胃腸、肝臓などの内臓器官。
これがもし、暴飲暴食ならば、きっと大変にお疲れのことでしょう。

時に、内蔵に休息を与えてあげれば、
これからも長く、私たちのために働いてくれることとなります。

その休息が空腹時間です。
内臓が休まる時間は、無駄な脂肪が燃える時間となります。
つまり、体がどんどん若返る時間というわけです。

空腹を楽しむことが出来ると、
無駄な脂肪が燃えて体がスリムになり、血液もお肌も綺麗になり、健康になり、
最後には、余分なお金も使わないので、貯金をする時間となります。

一日厳しい断食をするのではなく、
毎日2・3時間の断食を楽しむだけで内臓は元気になります。
つまり次の食事まで間食をしなければOKです。

お腹が空いた場合は、水かノンカフェインの健康茶を飲むようにしましょう。

食べ物を消化するためには、
前回ご紹介した「生きるために必要な酵素」も大量に使われます。

腹八分目は、酵素の無駄使いをも防ぎます。


私は「お腹が空いている時間は、自分が自分をキレイにする時間」と考えて、
楽しむことにしています。

お金のかからない簡単で究極の健康法であり、エステ方法でもあります。


ラベル:健康法
posted by kitten at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 玄米菜食のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

Corteo コルテオ 仙台公演初日

こんばんは。
郡山の桜もふっくら可愛くなってきました。

今夜は、そんな桜を見ながら東北道を北へドライブ。
行き先は、仙台。

今日が仙台初上陸 Corteo ダイハツコルテオ
CIRQUE DU SOLEIL創設25周年を記念した大サーカスを見てきました。
 
corteo 2.JPG corteo 1.JPG


噂には聞いていましたが、シルク・ドゥ・ソレイユの公演を見るのは初めて。

幼い頃にドキドキしながら見たサーカスを思い出しながら、さっそく18時に入場。

会場ロビーでは、プレミアグッズ販売と軽食などのブースがあり、
真ん中にシャンデリアに照らされたかわいい「コルテオcopen」をパチリ。
 
corteo 3.JPG

18時30分より案内されたビッグトップ会場は、鉄骨式の大型テント。
支柱などの遮るものが何もない、360度どこからも眺められる
アリーナ型円形劇場となっています。

その中央で、同じ人間とは思えない神業の数々が繰り広げられていきました。

ありえないほどのバランス感覚に口がぽか〜んと開いてしまったり、
思わず驚きの声をあげてしまったり…と
あっという間の2時間30分でした。

緊張して手に力を入れたり、握ったり、拍手をしたりと、
緊張と弛緩を繰り返したせいか、
未だに手がぽかぽかしていますわーい(嬉しい顔)

鍛え上げられた肉体美と技が眩しく美しく感じました。
そして、夜のサーカスって、
楽しくワクワクさせる雰囲気と、どこか哀愁漂う雰囲気が、なんとも言えません。
昔見たサーカスとは一味も二味も違う、
進化した素晴らしいエンターテイメントショーでした。


久々の夜デートは最高に楽しかったです黒ハート
連れていってくれてありがとう。旦那様ぴかぴか(新しい)
posted by kitten at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

玄米に含まれる有用物質

おはようございます。
今日は、原点に戻って玄米についてのお話です。

玄米とは、籾ガラを取り除いたもの。
白米とは、玄米から精米をして胚芽と表皮を取り除いたものを指します。

玄米の良さは、この「胚芽」と「表皮」。

「胚芽」には、たんぱく質・脂質・ミネラル・ビタミンを多く含んでいます。

白米と胚芽の周りにある「表皮」には、
ビタミン・ミネラルのほかにフィチン酸(イノシトール6リン酸)が多く、
食品添加物や公害汚染物質を体外に排出する働きがあります。
便通を整えて腸と血液を綺麗に、
それによりお肌も綺麗に整える働きもあります。

「胚芽」も「表皮」も取り外してしまった白米を主食にするならば、
一日30品目を必要とされる食事ですが、
玄米ならば、30品目までなくても十分な栄養を摂ることが出来ます。

葉酸の名づけ親として知られるロジャー・ウィリアム博士は、
「玄米は人間に必要な40種類以上の栄養素の9割近くも含んでいる」
と言われました。

我が家の食費(月1万5千円程度)は、
主食を玄米にすることでおかずを減らすことが出来、
おかずが少ない分、余計な油や塩分・調味料をも浪費せずに済んでいます。
節約主婦には、大変有難い玄米です。

玄米から白米に精米してしまうと、
栄養価とともに、食費も落としてしまうように感じます。


しかし、栄養面では良いことばかりの玄米ですが、
消化が悪いという欠点もあります。

そのためしっかりとよく噛んで食べることが、とっても大切です。

身体が疲れている時には、
私は炊いた玄米をお粥にして、少しだけ頂きます。

毎日しっかりとよく噛んで玄米を食べなければと考えるのではなく、
家でゆっくり過ごせる週末に玄米自然食にして、
一週間分のデトックスをしてみたり、
分づき米や胚芽米から始めていくというのもよいと思います。

無理せずに美味しく頂く毎日の食事で、
自分の身体が作られていることに感謝をして、
これからも身体の内側から健康と自然美を目指していきたいと思います。



☆玄米に含まれる有用物質のおさらい☆

フィチン酸(イノシトール6リン酸)
血液凝固を防ぐ(血液サラサラ→心筋梗塞・脳梗塞の予防)
老化を防止し、脂肪肝を防ぐ。
抗酸化力が強い。(種子類が何千年も腐らないのは、このフィチン酸の力)
抗ガン力が強い(癌を防ぎ、癌細胞を健康な細胞に戻す力がある)

イノシトール
脂肪肝・肝硬変を予防する。
動脈硬化を予防する。
高コレステロール血症を改善する。

r-アミノ酪酸(ギャバ)
脳の血流をよくし、頭痛や認知症・脳梗塞・動脈硬化を予防。
血圧を安定させる。中性脂肪を下げる。
肝臓・腎臓の機能を改善。
アルコールの分解を促進。
口臭・体臭・尿臭の消臭効果。

r-オリザノール
高脂血症や自律神経失調症を予防・改善する。(薬としても使われている)
過酸化脂質の生成を抑制する。(細胞・組織の酸化・老化を防ぐ)
しみや小じわを防ぐ(化粧品にも使われる物質)

フェルラ酸
ポリフェノールの一種。活性酸素を消去する力が強い。
ガンの予防効果・抗菌作用。
メラミンの色素沈着を防ぎ、美白効果

食物繊維
腸内環境を整える。(下痢にも便秘にも良い)
有害物質(コレステロール・発ガン物質・農薬・ダイオキシン・有害金属)などを排泄する。

アラビノキシラン
NK細胞を活性化して、免疫力を高める。(抗癌作用・抗エイズ作用)



参考・引用文献
NPO法人 日本綜合医学会日本型食育推進委員会「食と健康の自然法則」


posted by kitten at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 玄米菜食のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

酵素とは?

おはようございますわーい(嬉しい顔)
新年度4月に入って最初の週末、いかがお過ごしでしょうか?

わが旦那様は、午前中だけ休日出勤とのこと、いってらっしゃいませぴかぴか(新しい)
いつもお仕事、お疲れ様です黒ハート


さて本日は、前にご紹介しました副食にオススメな食材の組み合わせ
「まごわやさしいこ」の「こ」にあたる酵素のお話です。

まず酵素とは、たんぱく質の一種で、消化・吸収・代謝・排泄等、
人が生きていくための身体の働きになくてはならない物質です。

体内の酵素量は20歳前後をピークに、
その後少しずつ減少していくことが最近の研究でわかってきました。

40歳を過ぎるとほとんどの人が不足気味となり、
60歳で新生児と比べると1/30にも減っているそうです。

そのため、
「老化とは酵素が不足することである」
「あなたの寿命は酵素で決まる」
とまで言われています。(エドワード・ハウエル博士により)


一番発酵食品を食べ、世界で一番「酵素貯金」をしていた日本人。
世界で一番の長寿国ニッポンになるのも納得です。

これからも伝統的なこの日本食を大切に、
毎日の食事で、積極的に発酵食品を摂り、
減っていく酵素を補っていく事がいつまでも若く健康に保つためにも、
大切だと思います。

ここで酵素を含む食品ですが、
納豆・醤油・味噌・漬物・甘酒・塩辛・鰹節・くさや・生野菜
など昔ながらの日本食に多く含まれています。

大根おろしでも酵素が摂れます。

乳酸菌も酵素も同時に摂れる「ぬか漬け」も
体を内側から美しくするよい食べ物です。

乳酸菌と聞いてよく質問をされるですが、
ヨーグルトなど乳製品の摂り過ぎは、白内障になるといわれていますので、
私個人的にはオススメしていません。

また、酵素は生野菜に含まれている事からおわかりになるかと思いますが、
熱に大変弱いです。

お味噌汁を作る際、お味噌を入れるタイミングは、
食べる直前に、必ず火を弱めて(止めて)、
沸騰しないように注意しています。
一人だけ先に食べるような時には、お味噌は鍋には溶かず、お椀に入れます。
(お鍋に溶いた味噌の酵素は、1時間ほどで無くなってしまうそうです。)


そしてこの酵素が有効的に働くためには、
補酵素としてビタミンやミネラルが必要になってきます。

未精白穀類の玄米には、
補酵素としてのビタミン・ミネラルが数多く含まれていますので、
一緒に摂ることで、発酵食品の酵素を有効的に働かせてくれます。

玄米と、出来立てのお味噌汁、少しのお漬物と共に頂く日本食は、
バランスよく、若返りに理想的な健康自然食になります。


つくづく伝統的な日本食の素晴らしさを感じます(*^^*)
日本人に生まれて良かったです黒ハート

posted by kitten at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 玄米菜食のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする