2011年03月19日

原発 放射能 対策 食事から身を守る方法

まだまだ予断ならない原発の報道に、
心が乱されそうになります。

体と神経と精神とを調えるためのハタ・ヨーガ。
こんな時にこそ、自分自身を見つめるために行法と理論の勉強が救ってくれています。

今勉強している本『バガヴァット・ギーター』の中で、昨日ふと目にとまった内容は、

不幸において悩まず、幸福を切望することなく、愛執、恐怖、怒りを離れた人は、
叡知が確立した聖者といわれる。

第二章五六より


30年近く関東で暮らし、エネルギーに不自由なく過ごしてきた私が、
福島県郡山市に嫁いできて震災にあい、
首都圏に電力を送り続けてくれた原発の恐怖を知るというのは、
何か意味があることなのだと思います。

今は、この状況下で、どう考えどのように生きるかを試されているような気がします。


5年ほど前に書いた記事でも触れていますが、
もう一度。


◆長崎原爆
爆心地から1.8メートルほどにあった聖フランシスコ病院の医院長秋月辰一郎先生と医療スタッフ、
そしてその患者さんは放射能疾患に取りつかれてしまいます。
秋月先生の行った処置は、玄米ご飯、味噌汁、醤油汁、わかめなどの海藻、北海道産のかぼちゃ、
食塩などの食事を摂ること徹底させます。
そして砂糖禁止、甘いお菓子を絶対禁止。
その結果、先生と医療スタッフ、患者さん全て、被曝による犠牲者を一人も出さずに済んだそうです。


◆広島原爆
被曝され、生死をさまよい一命をとりとめた平賀佐和子さんは原爆症に毎年悩まされていた時、
玄米食に出会い、健康を取り戻し、元気に7人のお子さんに恵まれました。
このとき、平賀佐和子さんは、玄米ご飯を1口に100〜200回かけて噛んだといいます。

◆三重県で発生した農薬入りぶどう酒事件
玄米常食者の浜田のりこさんだけが無事でした。


日本綜合医学会理事の井上明氏のブログには、
上記の長崎原爆と広島原爆を乗り越えたお話がもっともっと詳しく書かれています。
どうぞご参考下さい。



原発 放射能 対策
食事から放射能を放出する方法。
〜自分と家族を守るために〜


・玄米に黒すりゴマ塩(1口100回以上噛む)
・海藻と本物の味噌(わかめの味噌汁など) 
・発酵食品を摂る。(味噌、梅干、納豆、漬物)
・砂糖、小麦粉、牛乳、果物、アルコールは放射能被害の症状を悪化させるため、摂らない。


ご参考まで。
いろいろな玄米の炊き方 全10記事
玄米の食べ方 電機炊飯器編
玄米を食べる時の注意点
玄米は、消化が悪いですので、何よりよく噛むことが何より大切です。


水も電気もガスも食料もない状態の被災者の方がいる中、
ガソリンが手に入らず、スーパーは品薄な状況の中で、
このような記事を書くことに少し迷いはありましたが、

福島県人として、
原発、放射能に対し恐怖を抱いている人間として、

知っていることは一人でも多くの人にお伝えして、
みんなで元気に乗り切って生きたいと思って書きました。

先人達が原爆という恐ろしい経験を克服された方法を、
今私たちでできる範囲で行っていければと思います。

不愉快な思いをされる方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。

日本を信じて、東電を信じて。
命をかけて頑張っている人の無事を祈って。
そして、自分の生きる力を信じて。
posted by kitten at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

東北関東大震災

たくさんのご連絡、励ましのメールをありがとうございます。
大変遅くなりましたが、kittenは、家族ともに無事です。

3月11日、穏やかで平和な日々の暮らしが一変しました。

震災時、私は郡山市内でお夕飯のお買い物をしておりました。
気持ち悪い横揺れに気づき、店内からすぐに外に出ました。
近くの民家の瓦が崩れ落ちる中、立っていられないほどの揺れの後、
暗雲が立ち込め、その後の突風と雪。

自然の猛威・身体が震える恐怖を体験しました。

信号機も止まり混乱した道路を運転し家に戻ると、
玄関から足の踏み場のないほど家の中は散乱。
家の中にいたら、きっとケガをしていただろうという状態でした。

今日16日、日が経つにつれ、被害の大きさと、ガソリン・食料品・日用品の不足を感じます。
しかしながら、我が家は大人二人で過ごしておりますので、多少の不便不足は我慢できます。
備蓄している玄米と炊くお水、味噌だけあれば、2〜3ヶ月は大丈夫だろうと思い、
開いているお店で大量の買い物などはしていません。
もう既に品薄ですが、今郡山に残っている物資、必要な方に届きますように、そう願います。


そして、原発のこと。
郡山は、原発からは約60キロの位置となるそうです。
正直、怖いです。

でも私たち人間が作ってしまったものですから、
私たちでその「ツケ」を受けるのは当然のことのように思います。

この世に、こんなに豊かな地球に、人間として生を受けたのにも関わらず、
欲のために不必要な物を作ってしまったからだと感じます。

たくさんの不安になる情報が溢れ、心が折れそうになりますが、
この世に与えられた貴重な時間を、心配や動揺をして過ごすのではなく、
こうして無事に生かされたことに、生きていることだけに、ただ感謝して過ごしたいと思います。
そう、自分自身に言い聞かせています。

一日も早く元の生活に戻れることを願って・・・。
posted by kitten at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする