2015年04月29日

内部被曝検査 3回目の結果

こんにちは。

桜の時期が終わり、まるで初夏のような驚く気候の毎日ですが、
季節が変わる自然の移り変わりがなんだか嬉しく、
日本の四季を愛おしく感じる日々です。

さて、先週の土曜日、第3回目となる内部被曝検査を受けてまいりました。
ちょうど一年ぶりになります。

1回目の記事は、こちら
2回目の記事は、こちら

前回の東京・人形町から移動して、
只今、検査場所は新宿駅南口徒歩1分の新宿南口ビル3F「伊藤指圧マッサージ」内です。
新宿駅南口から大変近く、とっても便利に行きやすくなりました。

kensa.png

NPO法人免疫療法を支援する会
http://www.meneki-npo.org/kensa.html

検査費用は、1人5000円。(通常は9000円の検査です。)
検査時間は、10分。 600秒。
検査の説明と結果を聞く時間を合わせて所用時間は、30分ほどです。


今まで1200人以上計ってこられた結果です。

・100〜400ベクレル/ボディ
・大人 体重1kgに対して4ベクレル
・子供 体重1kgに対して8ベクレル
(単純に、震災前の10倍。)

今となっては内部被曝量は、日本全国どこでも変わらないとの事ですが、
昨年より少しずつですが、下がってきている状況です。

ここで、今回の私の内部被曝量の結果は、

106ベクレル/ボディ
体重1sに対して、2.3ベクレルでした。

前回が93ベクレル/ボディ
体重1sに対して、1.99ベクレルでしたので、
少し値が増えてガッカリ・・・・。

しかしながら、検査技師の方によると、
「20〜30ベクレルは誤差の範囲内ですので、
前回と変わらずデトックスが良くできています。」

とアドバイスを頂き、ほっと一安心。

検査後、値が低い方のお話も教えて下さり、

・玄米を食べている方、
・常に身体を温める生活をしている方、
・代謝が良い方(よく汗をかく方)、

やはり上記の方は継続して低い値の結果が出ています。

また、ミネラル摂取・質のよい青汁・光線療法・リンパ温熱療法など、
様々なデトックス方法の実例紹介も教えて頂き、
只今色々と検討しています♪

この内部被曝検査は、
日々のデトックスの効果を、
セシウムを通して計っているだけの事です。


セシウムが少ないというのは、
日々の生活の中でどうしても取り込んでしまう身体にとって害のある、
添加物・防腐剤・残留農薬・重金属などの化学物質も少ない事と同じです。

限りなくプラス思考な私は、
震災がきっかけとなり、
自分のデトックス効果の数値がわかるようになったと考えております。

自分に起こる出来事は、全て運命であり、自分が原因であり、
それをどのように受け止めて乗り越えて生きていくかが、
与えられた命、自分が選んだこの世の修行の道なのだと感じています。

これからも、日々アンチエイジングとデトックスを高く意識した生活を心がけて、

@玄米自然食
Aヨーガ
B自然医学療法(内臓の温熱手当て療法)

の3つを基本に、慈悲喜捨の心で穏やかな毎日を過ごしていきたいと思います。
posted by kitten at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする