2015年05月30日

天河大弁財天社(天河神社)

こんにちは。
今日も、爽やかな初夏を感じる一日が始まりました。
計り知れない自然のエネルギーを享受して、大切に過ごしたいと思います。

さて先日、ご縁を頂き、導かれるように、
奈良県吉野郡天川村にある『天河大弁財天社(天河神社)』へ参拝してきました。
久しぶりに今日は神社仏閣大好き女子の日記です。

大阪伊丹空港から、空港連絡バスにて30分、その後近鉄電車で約1時間。
それから、またまた奈良交通バスにて走る事1時間。
乗り継ぎ時間を加えると、空港から天川村まで約3時間半。

ご縁を頂かないと、なかなか訪れることができない、
奈良県南部の険しい山々の中にあります。

トコトコと路線バスに揺られ、最後の長い長いトンネルを抜けると、
とたんに「気」が変わるのがわかりました。
一気に、神聖な厳かな空気に包まれる感覚です。

さすが、世界遺産【紀伊山地の霊場と参詣道】の
修行の道・大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)が通っている天川村。

大峯信仰が生み出した奇跡の村とも言われています。

その天川村にある『天河神社』は、
日本三大弁財天の筆頭・大峯本宮とされ、
古来から高僧や修験者達が集まり、
弘法大師様(空海)も訪れたと言われる霊験あらたかな神社で、
芸能の神様としても、水の神様としても、大変有名です。

また、飛鳥時代から天皇家との繋がりが深く、
神社の例大祭では、能楽奉納もあるそう。

P1030765天河神社.JPG

弘法大師様(空海)は、
この『天河神社』へ参籠され、大峯の山中で修行によって、
神仏習合の密教を「あ字観」として完成されたと言います。

朝の6時45分から始まるこちらの朝拝に参加させて頂きましが、
神仏習合の神社ですので、朝拝に般若心経も唱えられます。

神社で般若心経とは、大変珍しいですね。

朝の神社は、前日の午後に訪れた時とは全く違う気が流れ、
本当に清々しい気で溢れていました。

朝拝の最後に、弘法大師様(空海)にまつわるお話まで頂きました。

==========================
人の器はそれぞれ違います。
その器にあった生き方、頑張り方をすればよいのです。

器がいっぱいになったら、もうすこし大きな器に移し替えて、また少しずつためていきましょう。
器がいっぱいになって溢れた分は、他の人へお分けしましょう。

そんな風に、今日もこの大切な一日を、
自分の器に合った生き方をして下さい。

弘法大師様からのお言葉です。
==========================

神主様から、朝からこのようなお言葉を頂けて、
心がシャキッと元気になった気がします。

さて、この神社の対面にある来迎院には、
弘法大師様(空海)がお手植えされたと言われる樹齢1000年以上の、
立派な「大銀杏」がありました。

P1030756いちょうの木1.JPG

いちょうの木の真下から見上げるとこんな感じ。

P1030759いちょうの木2.JPG

木の精霊達が、きらきらと輝いているようでした。

参拝の最後に、帰りのバスの時間まで、「みたらい渓谷」にお寄りしてきました。
天川村を流れる「天の川(あまのかわ)」は、
底まで透き通るほどのエメラルドグリーンの清流です。

その清流と、大小様々な滝と巨岩とで、近畿地方随一の美しさと湛えられている淵。
ダイナミックな絶景、渓谷の自然美です。

P1030775みたらい渓谷.JPG


「光の滝」
P1030778光の滝.JPG

太陽の光が差し込むと、滝のしぶきに反射して、虹がかかるので、
「光の滝」と言われています。

曇り空の一日でしたが、訪れた時には、
ちょうど太陽の光が差し込み、聖なる太陽から虹の魔法をかけてもらいました。


深い深い歴史と自然崇拝が息づいている天川村。

弘法大師様(空海)とも繋がりが深い天川村。

祈りの村とも言われる天川村の自然美(自然の神)を肌で感じ、
とても心清らかな時間を頂いた『天河神社』参拝でした。
posted by kitten at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

鼻の浄化法(ジャラ・ネーティ)

こんばんは。
先日の記事は恵みの太陽のお話でしたが、
今夜は綺麗に輝く満月が私達を静かに照らしてくれています。

息づいているすべてのものの心を浄め、癒し、浄化するエネルギーを持つ満月。

こんな特別な日には、やはり身体の中の気を調えて、
満月の浄化のエネルギーを有難く清く頂きたいと思います。

「太陽礼拝」と同様、お月様にも無限なものに対する尊崇の心を抱き、
今宵はヨーガのお勉強です。

鼻の浄化法とヨーガとどのような繋がりがあるのか、
頭の中を整理していきたいと思います。

一般にヨーガというと、
「ラージャ・ヨーガ」と「ハタ・ヨーガ」を指していることが多いですので、
まずはココから。

「ラージャ・ヨーガ」とは、サーンキヤ哲学を理論背景にし、
心理操作を主とするヨーガです。

根本教典は、『ヨーガ・スートラ』AD4〜5世紀

その「ラージャ・ヨーガ」の修行に含まれて成り立つものが、
8部門のヨーガ(アシュタンガ・ヨーガ)と呼ばれます。

1 ヤマ 禁戒
2 ニヤマ 勧戒
3 アーサナ 坐法
4 プラーナーヤーマ 呼吸法
5 プラティヤハーラ 制感
6 ダーラナ 静慮
7 ディヤーナ 瞑想
8 サマーディ 三昧


一方、「ハタ・ヨーガ」は、行法や思想に関してヴェーダーンダ哲学に近いと言われ、
肉体やプラーナ(生命エネルギー)操作を主とするヨーガです。

根本教典は、以下の3つが広く伝えられています。
『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』AD15〜16世紀
『ゲーランダ・サンヒター』AD16〜17世紀
『シヴァ・サンヒター』AD16〜17世紀

これらの文献を整理した「ハタ・ヨーガ」行法は、
おおよそ以下の7つの部門となります。

1 ヤマ 禁戒
2 ニヤマ 勧戒
3 アーサナ 坐法
4 クリアー 浄化法
5 クンバカ 調気法制感法
6 ムドラー
7 ラージャ・ヨーガ

ヨーガの行法は、クリヤー(浄化法)を行ってからアーサナをし、
プラーナーヤーマ(調気法)、ムドラー、瞑想法などの一連の流れをもって、
修習べきであると言われています。

4 クリヤー(浄化法)には、以下の6つ(シャットカルマ)があります。

1 ダーウティ 胃の浄化
2 バスティ 腸の浄化
3 ナウリ 腹部の浄化
4 ネーティ 鼻孔の浄化
5 カパラバーティ 頭部の浄化
6 トラータカ 目の浄化

ここでやっと今日の題名である「鼻の浄化法(ジャラ・ネーティ)」のお話です。
(前段階の説明が長かったですねface03)

鼻から吸い込む空気には、
小さなゴミや細菌も一緒に入ってきますが、
その多くは繊毛によって外へ排出してくれます。

また気道内から分泌される粘液で多くの細菌は死んでしまいます。

しかし、多量のほこりや普段の食べ物により、
この自浄作用が滞ってしまい、自然の呼吸が妨げられると、
さまざまな呼吸器系の疾患が起きてしまいます。

呼吸は、私達の心や身体の状態に深く関わってきます。

鼻の通りが悪かったり、炎症を起こしたりしていると、
正しいプラーナーヤーマ(呼吸法・調気法)を行う事が難しくなり、
それにより体全体に悪影響を及ぼし兼ねません。

ネーティの修得は、「ハタ・ヨーガ」を練習する者にとって、
最も初歩的な基本的な事柄であると共に、
更に高いヨーガの境地を目指す上でも、プラーナのコントロールにおいて助けにもなります。

佐保田鶴治先生は、ご著書の中で、
「ネーティは頭の中を清め、霊的な直感を与え、
肩より上に生じたいろいろな病気を速やかに治す」と書かれています。

環境破壊や大気汚染が問題となっている現代社会において、
鼻の浄化法は、ヨーガを行う者だけでなく、
鼻炎や花粉症にお困りの一般の方にも、オススメできるのではないかと思います。

実際に「鼻うがい」で調べてみると、
ヨーガとは関係なく実践されている方もいらっしゃるようです。

水を使った鼻の浄化法「ジャラ・ネーティ」のやり方は、
片鼻から水を入れて、反対の鼻から水を出すのですが、
ジャラ・ネーティ専用の<ネーティ・ロタ>を使用すると、初めての方でも比較的簡単にできます。

◇注意事項◇

●夜寝る前には行わない。鼻に残った水が眠っている間に肺の中に入る恐れがあります。

●使うぬるま湯は、水道水ではなく浄水を一度煮沸させたものが安全です。

●鼻が詰まっている時には、無理をしないで、
 状態のよい時に少量でも流れやすい方から行いましょう。

●耳に疾患のある方、中耳炎を患っている方は、やめておきましょう。



遥か昔に大成された教典より、インドに伝わる鼻の浄化法、
興味のある方は、ヨーガにご参加された際に、お声かけ下さいませ。
安全に行えるように、資料などをお配りしながら、ご紹介致します。

それでは、満月のエネルギーが溢れる特別な夜に、
ヨーガのお勉強が出来ました事に感謝。

ナマステ満月
posted by kitten at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ(ヨガ) YOGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

太陽礼拝(スーリヤ・ナマスカーラ) ヨーガ・アーサナ

おはようございます。

キラキラと白く美しい太陽の輝きが続く毎日、いかがお過ごしでしょうか。

太陽は、物質的な恵みを惜しげもなく私たちに与えて下さります。

今日はそんな太陽の恵みに感謝の気持ちを込めて行うヨーガのお話。
太陽礼拝【スーリヤ・ナマスカーラ・アーサナ】について。

全ての罪や過ちを清め、闇を打ち砕く太陽神に祈りを捧げるアーサナ(体位法)です。

この太陽礼拝を毎日行う者は、力強い生命力・エネルギーを得て、あらゆる病が癒され、
寿命をまっとうすることが出来ると言われています。

ただ、「健康で長生きが出来る!」というのではなく、
「天から与えられた寿命をまっとうする事が出来る!!」というのが、
ヨーガ的で私的に心惹かれるところです。

計り知れない太古の昔から、
人間は、太陽の力・太陽のエネルギーに祈りを捧げてきました。

この太陽礼拝は、
何百年も前から今日まで、ずっとずっとインドの人々の中で行われ、伝えられてきています。

ありとあらゆる物の物質的な恵みを与えてくれる太陽ですが、
闇を打ち砕く精神的な象徴としても、不死のシンボルとも、
無明の闇の中に眠っている心を目覚めさせる光明と智慧の光の象徴ともされてきました。

普段何気なくいつもそばにいる太陽ですが、
考えてみると、その恩恵は計り知れない、尊い存在であるとしみじみ感じます。

このアーサナは、太陽が天空を旅する軌道を、12のポーズを連続させて表したものです。

そして、その12のポーズに関しては、
それぞれにマントラがついています。

マントラとは、大昔の聖人たちから伝えられてきた音や音節が組み合わされ、
音の持つ波動の力により、心身に浸透していき、強力な影響を与えてくれるもの。

一つ一つのポーズをとりながら、声に出して、もしくは心の中で唱えます。
マントラは、正しい発音で唱えられなければならないとされており、
心の中で唱えた方が優れているとも伝えられています。

身体の動きと意識の集中が一つになった時、
大宇宙に存在する太陽と、小宇宙である人間の中に存在する太陽が呼応して、
この礼拝を通して、内なる太陽の力を目覚めさせる事が出来ると言われています。

参考文献
『道友誌7号』(日本ヨーガ禅道友会発行)※絶版
『ハタ・ヨーガの手引き』堀之内博子著


マントラ一つ一つに込められた、
太陽に対する敬礼・感謝・祈り・慈悲深さ・尊敬の意を噛みしめて、
自分なりに「太陽を知覚すること」を
しっかりと意識して修習(アビヤーサ)したいと思います。

明後日のまねきの湯アラームスタジオでの「ハタ・ヨーガ」レッスンは、
この太陽礼拝を行う予定です。

ひとりで行う太陽礼拝も、内なる自己と向き合える深遠な時間ですが、
ヨーガが大好きな方達と行う太陽礼拝も、
サットサンガとなり、また素晴らしい時間を頂いております。

いつも参加して下さる皆様に感謝。

ナマステ晴れ
posted by kitten at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーガ(ヨガ) YOGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする