2013年04月29日

野菜は食べる美容液

おはようございます。
穏やかな休日、いかがお過ごしでしょうか?

今日は、「デザイナーフーズ」のお話。

「デザイナーフーズ」とは、
NCI(米国国立がん研究所)が、
現在までの疫学的研究からがん予防に効果のある食品として、
約40種類の野菜や果物を発表したものです。(1990年)

第1群ほど、効果(重要度)が高いとされています。
では早速、効果の大きい野菜群から・・・・。

第1群
にんにく、きゃべつ、甘草、大豆、しょうが、
セリ科(にんじん、セロリなど)

第2群
たまねぎ、茶、玄米、ターメリック、亜麻、
全粒小麦、柑橘類(オレンジ、レモン、グレープフルーツ)
ナス科(トマト、ナス、ピーマン)、
アブラナ科(ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ)

第3群
マスクメロン、バジル、タラゴン、からす麦、はっか、オレガノ、
きゅうり、タイム、あさつき、ローズマリー、セージ、じゃがいも、
大麦、ベリー類


お野菜、何を買おうかしら?
と迷った時は、がん予防に効果がある食べ物で旬のものを、
意識するようにしています。

朝一番の有機無農薬のニンジンジュース(ヒカリ)と
発芽玄米ごはんの和食+根菜類の味噌汁は、
毎日実行していますので、
それに+α、ますます健康にしてくれそうなお野菜達を選びます。


それから、5 A DAY 「ファイブ・ア・デイ」がありますね。
1991年に、アメリカのPBH(農産物健康増進基金)と
NCI(米国国立がん研究所)が協力して始めた健康増進運動です。

これは、1日野菜を5皿以上を摂取しましょうという運動で、
いまでは、世界30か国以上で実施されているようです。

この運動によって、米国内では野菜や果物の摂取量が増加傾向になり、
生活習慣病での死亡率が減少傾向になるなど、
成果が広がっています。


野菜には、抗酸化物質がたっぷり含まれています。

抗酸化物質とは、
ビタミン・ミネラル・ファイトケミカル・SOD酵素など。

これらは、活性酸素を消去する働きをしてくれます。

この働きが、がん予防をもたらしますが、簡単には、老化防止。
身体の中の細胞が歳をとらなければ、
もちろんお肌も内側からどんどんキレイになってくれます。

身体の外からキレイにすること(高価な美容液を買うこと)には興味がなく、
身体の内側からキレイにすることが大好きな私は、

ビタミン・ミネラルたっぷりの安全で美味しい野菜を、
「食べる美容液」として、選んで購入して、美味しく食べています。

どんなに高い野菜でも、高価な美容液を買うよりは断然安く済みますし。

これも私にとっては、健康にキレイになれる節約術の一つかなと
最近つくづく感じています。
posted by kitten at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの予防・治療のポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック