2015年05月30日

天河大弁財天社(天河神社)

こんにちは。
今日も、爽やかな初夏を感じる一日が始まりました。
計り知れない自然のエネルギーを享受して、大切に過ごしたいと思います。

さて先日、ご縁を頂き、導かれるように、
奈良県吉野郡天川村にある『天河大弁財天社(天河神社)』へ参拝してきました。
久しぶりに今日は神社仏閣大好き女子の日記です。

大阪伊丹空港から、空港連絡バスにて30分、その後近鉄電車で約1時間。
それから、またまた奈良交通バスにて走る事1時間。
乗り継ぎ時間を加えると、空港から天川村まで約3時間半。

ご縁を頂かないと、なかなか訪れることができない、
奈良県南部の険しい山々の中にあります。

トコトコと路線バスに揺られ、最後の長い長いトンネルを抜けると、
とたんに「気」が変わるのがわかりました。
一気に、神聖な厳かな空気に包まれる感覚です。

さすが、世界遺産【紀伊山地の霊場と参詣道】の
修行の道・大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)が通っている天川村。

大峯信仰が生み出した奇跡の村とも言われています。

その天川村にある『天河神社』は、
日本三大弁財天の筆頭・大峯本宮とされ、
古来から高僧や修験者達が集まり、
弘法大師様(空海)も訪れたと言われる霊験あらたかな神社で、
芸能の神様としても、水の神様としても、大変有名です。

また、飛鳥時代から天皇家との繋がりが深く、
神社の例大祭では、能楽奉納もあるそう。

P1030765天河神社.JPG

弘法大師様(空海)は、
この『天河神社』へ参籠され、大峯の山中で修行によって、
神仏習合の密教を「あ字観」として完成されたと言います。

朝の6時45分から始まるこちらの朝拝に参加させて頂きましが、
神仏習合の神社ですので、朝拝に般若心経も唱えられます。

神社で般若心経とは、大変珍しいですね。

朝の神社は、前日の午後に訪れた時とは全く違う気が流れ、
本当に清々しい気で溢れていました。

朝拝の最後に、弘法大師様(空海)にまつわるお話まで頂きました。

==========================
人の器はそれぞれ違います。
その器にあった生き方、頑張り方をすればよいのです。

器がいっぱいになったら、もうすこし大きな器に移し替えて、また少しずつためていきましょう。
器がいっぱいになって溢れた分は、他の人へお分けしましょう。

そんな風に、今日もこの大切な一日を、
自分の器に合った生き方をして下さい。

弘法大師様からのお言葉です。
==========================

神主様から、朝からこのようなお言葉を頂けて、
心がシャキッと元気になった気がします。

さて、この神社の対面にある来迎院には、
弘法大師様(空海)がお手植えされたと言われる樹齢1000年以上の、
立派な「大銀杏」がありました。

P1030756いちょうの木1.JPG

いちょうの木の真下から見上げるとこんな感じ。

P1030759いちょうの木2.JPG

木の精霊達が、きらきらと輝いているようでした。

参拝の最後に、帰りのバスの時間まで、「みたらい渓谷」にお寄りしてきました。
天川村を流れる「天の川(あまのかわ)」は、
底まで透き通るほどのエメラルドグリーンの清流です。

その清流と、大小様々な滝と巨岩とで、近畿地方随一の美しさと湛えられている淵。
ダイナミックな絶景、渓谷の自然美です。

P1030775みたらい渓谷.JPG


「光の滝」
P1030778光の滝.JPG

太陽の光が差し込むと、滝のしぶきに反射して、虹がかかるので、
「光の滝」と言われています。

曇り空の一日でしたが、訪れた時には、
ちょうど太陽の光が差し込み、聖なる太陽から虹の魔法をかけてもらいました。


深い深い歴史と自然崇拝が息づいている天川村。

弘法大師様(空海)とも繋がりが深い天川村。

祈りの村とも言われる天川村の自然美(自然の神)を肌で感じ、
とても心清らかな時間を頂いた『天河神社』参拝でした。
【関連する記事】
posted by kitten at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419838203
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック