2013年08月17日

選挙 新しい動き

こんにちは。
御無沙汰しました。

あまり政治の事は、書きたくないと思っていたのですが、
今回、自民党が圧勝した事とは別に、
新しい動きが見えてきていることにちょっと嬉しくなったので・・・。


2013年7月23日の東京新聞 「筆洗」より引用抜粋します。

参院選比例代表の当選者は、48人。
その真ん中ぐらいの得票数を集めながら落選した候補者がいる。

緑の党から立候補した三宅洋平氏。

獲得した176,970票は、落選者の中では最多。

みんなの党の川田龍平さんや、自民党の渡辺美樹さんなど、
知名度のある候補者を上回る票を得ながら、
当選を果たせなかったのは、
緑の党全体の得票数が少なかったから。

東京選挙区で当選した山本太郎氏と共闘しながら、
「選挙フェス」と称する街頭ライブを全国各地で展開。

原発やTPP、改憲に反対するメッセージを、
熱っぽく訴えた。

その動画は、ツイッターやフェイスブックなどを通じて爆発的に広がった。

最終日夜の東京・渋谷駅前は、ツイッターなどを通じて知った大勢の若者で埋め尽くされていた。

(抜粋終わり)


三宅氏は、3年後の参院選を目指すと言います。
3年というと長い気がしますが、
千日後というと、短い気になってきます。

今回の選挙で、
政党や大組織に属さずに、
ボランティアとカンパによって選挙活動を行い、
当選した山本太郎氏。

選挙≒お金 の構図をよい意味で壊してくれたと感じますし、
脱原発を掲げる有権者がいかに多いかがはっきりと示された事と思います。
民意の力が終結した、歴史的にも、ものすごい事だと思います。


次回の選挙では、山本太郎氏のようにしがらみのなく何でも言える人を、
国益だけでなく、地球規模で将来を考えられる人を、
国会に、もっともっと送りこみたいたいなと思います。

官邸前の金曜日デモも、ずっとずっと続いています。

1人1人の声は小さいですが、
草の根的に広がっていく力は、大きなうねりをきっと見せるような気がしています。
少しずつ、何かが変わっていきそうな・・・・。


まだまだ収束しない東京電力第一原発事故。
汚染水の問題も解決できず、世界中を、地球をどんどん汚している日本。

それでも外国に原発を売ろうとしている日本。
日本人として、とっても恥ずかしいと思います。
愚かな事です。

礼儀正しく、道徳心があり、他人を気遣える日本人が、
資源は少なくても、豊かな自然と技術力のある日本が、

地球を汚した国として世界中で非難される将来にはしたくないと思います。
posted by kitten at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

「脱原発世界会議 2012 YOKOHAMA

今年は、自分にできることをしっかりと見定めて、見極めて、
生きていこうと思っています。

この震災と原発事故に遭ったことを、全て冷静な心で受け入れて、
少しずつ行動に移して行きたいと思います。

福島で行われた野呂美加さんの講演会に聞きに行き、DVDも観て、
昨年末には、埼玉で行われた野呂さんの講演会にも参加し、
やはり「人間の手に負えないものは、いらない!」と改めて確信しています。

泊原発が稼働する時に、反対を唱えて下さった海外からの参加者(原住民の方々)のお話が
印象に残っています。

彼らは先祖代々に渡って、

「自分たちの土地の下に埋まっているものを決して地上に掘り起こしてはいけない。
地上に出せば地球が滅亡する」

という言い伝えを守っていたといいます。

しかしながら、文明の進化、人間の欲望、侵略などにより、
その土地の下に埋まっていた原発の材料である「ウラン」が掘り出され、
人間の手に負えないところまで来てしまいました。

今なお、被曝の危険性を知らされないまま働かされるウラン鉱山労働者たち。
放射能汚染により深刻な被害を受ける先住民族。


地球に埋まっているものを出してはいけない。

先人の賢者達は既にこうなることを知っていた?予測していた?
そんな事が頭をよぎり、鳥肌が立ちました。

今、地球に生かされている私たちは、どんな行動を起こすのかを
試されているのではないか?と感じてしまう講演会でした。


これからふくしまで起こったことを決して風化させてはならないと思いますし、
風化させないように活動・行動をしていきたいと思います。

国も、県も、市もそれなりに動いているとは思いますが、
なかなか伝わってこないのも実感としてあります。

ならば、市民のレベルで、市民の立場にたった活動をしてくれる団体、
そういったものを応援していきたいと思います。

今週末は、パシフィコ横浜で行われる
脱原発世界会議 2012 YOKOHAMA」に2日間参加します!!

datugenpatu.png

世界会議の実行委員会は、以下の6団体。
ピースボート、
環境エネルギー政策研究所、
グリーンアクション、
グリーンピース・ジャパン、
原子力資料情報室、
国際環境NGO FoE Japan。

世界会議ですので、海外からの著名な参加者も多く、
イベント企画も盛りだくさん。
隣に居合わせた人に福島のことを話してみたり、
海外から今福島はどのようにみられているのかを知ることも大事なのかなと思っています。

今自分にできる事を無理のないカタチで行動していきたいと思います。

以下はご案内です。
興味のある方は、ご覧くださいませ。

続きを読む
posted by kitten at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする