2012年11月25日

九州産有機野菜を格安で買える郡山のお店

おはようございます。

今日は、郡山で九州産有機野菜がお値打ちで手に入るお店を紹介します。
それは、富田テニスコート近くにある、なちゅらるふーずリトルガーデンさん。
日曜が定休です。

震災後には、主に長野産の有機野菜を取り扱っていらっしゃいましたが、
最近は、お値打ちの九州産有機野菜が、沢山揃っています!

どうやら、仕入れ先の同業仲間さんの福島支援の気持ちから、
利益なしと思えるほどのお値段で譲って頂けているようです。

確かに安いんです。
そして、美味しい♪

yasai 01.JPG

今までよりも種類も豊富になり、ものすごく助かってます。

ほうれんそうやレタスなどの葉物も168円などと、普通のスーパーと変わらないぐらいの安さで、
有機JAS認証付きで無農薬・無化学肥料栽培。

野菜の中で私が一番嬉しいのが、佐賀県産の有機レンコン。
yasai 03.JPG
この立派な大きさで、330円。
安全なレンコンを手に入れるために、どれだけ苦労して奔走してきたことか・・・・(涙)
本当に本当に有難いことです。

もともと有機野菜を好んで食してきたkitten家にとって、
有機野菜でない西の野菜を買うことに矛盾と虚しさとやりきれなさを感じていました。

新鮮な近くのお野菜を頂いた時には、
酢水や炭水、EM菌に浸してから、湯でこぼして調理をするという方法で対応してきましたが、
セシウム除去過程において、大切なビタミンやミネラルがなくなっていくという事に、
悲しい切ない思いをしてきました。

今の私にとって、安全な野菜を安く手に入れる事が、
生き抜くために一番大事な事です。


2012.10.30付けの福島民報新聞で、県農業総合センターでの天日干し切干大根から、
セシウムが1キロあたり3421ベクレル(国の基準値100ベクレルの34倍)もの値が出たと載っていました。

そして、お米でも天日干しをした玄米から基準値を超えるセシウムが出ています。
基準値を超えた農家は、昨年も同様の方法で栽培し、基準値を超えていなかったと書いてあります。

まだまだまだ、郡山には放射性物質が飛散している確実な証拠だと思います。
しかも、去年より今年の方がセシウムが高く出ている状況。

ちりやほこりに、放射性物質が付着しています。
昨年よりも、今年の今の時期の方がマスクをする効果があるという話を聞きましたが、
上記の切干大根やお米の事を考えると、そうなのかもしれません。

布団も洗濯物も、震災以降一度も外に干していませんが、
残念ながら、まだ安心して外に干せそうにありません。

これからも、防げる内部被曝(食べ物や呼吸からの被曝)は、できるだけ防ぐつもりです。
様々に福島支援して下さる方に感謝をして、過ごしていきたいと思います。

posted by kitten at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

エネ・環境 福島公聴会 と ふくしまの現状

先日の8月1日に「エネルギー・環境の選択肢に関する福島県民の意見を聴く会」が
福島市で行われていました。

この意見聴取会、日程がなかなか発表されず、応募期間は数日だったと聞いています。
福島県民の方で知っていた方はごく少数だと思います。

私自身も、かれこれ2週間程、比叡山麓のお寺さんでヨーガの世界(修行・勉強)に浸っており、
7月31日の夜に郡山に戻りましたので、知りませんでした。
・・・そして我が旦那様も知りませんでした。

この公聴会開催を知った人が、政府に問い合わせをしたら
「応募期間に申し込みをしていなから入れません」と会場に入ることを電話で断られたと聞きました。
会場には、福島県民約120人と報道陣約130人が入ったようですが、
福島県民の意見を聴く会のはずなのに、
どうして報道陣の方が多いのか?疑問です。
公聴会を行ったという既成事実が欲しかっただけなのでは?と勘ぐってしまいます。

さて、公聴会に参加され発表された『銀河のほとり』さんのブログにも
福島県民の意見として私がおはなししたこと」と題して
ブログが更新されています。
とても濃く、素晴らしい内容なので、ぜひ読んでみて下さい。
読んでいて本当に感動しました。

また、原発いらない福島の女たちのブログにも、
県民記者会見+意見聴取会+告訴受理記者会見
と題して、この話題が取り上げられていました。

今の自分にできること、本当に言い続けていくことしかないのかと、
久しぶりにブログを更新しています。


現状の福島(特に福島市や郡山市などの中通り)は、
以前にも増して、意識の差が生まれているような気がします。
県民一人ひとり、放射能に対する考え方が異なり、
家族間、近い友人でも言葉を選んで会話をしなければいけません。
非常に神経を使う毎日です。


インターネットなどの情報を受け取れない人は、
国?県?が主導している「安心安全キャンペーン」
を信じている人が多くなっているのかなと感じています。

放射能のことを「危険」と言えない雰囲気が生まれつつあり、
家族にも、友達にも、結局誰にも言えず悩んでいる人がいます。

危険であると知識・情報を得た人の中で、可能な人は避難をしていますが、
避難したくても、どうしても福島を離れることが出来ない人もいます。

また、避難をされた方の中で、避難先で子供がいじめにあい、福島に戻ってくる人もいます。

「親(私)の判断で郡山に居続けることが、子供にとって本当に良いことなのか、毎日、自問自答している」と今も悩み続けている人がいます。

この夏休みも、民間の温かい支援に支えられた避難保養プロジェクトを通じて、
また、自力ででも、子供を県外に避難保養させている友達家族もたくさんいます。

不安に思っていることを不安と言えない社会、
不安と言って差別される社会が、
残念ながら福島にあるようです。


国の除染の基準となる0.23μSV/hを、
福島市・郡山市のほとんどの住宅内で今だに超えています。
我が家も例外ではありません。
我が家の前の駐車場では、
18歳未満立ち入り禁止となる「放射線管理区域」の0.6μSV/hを超えています。
側溝の上を測ると、2.5μSV/hを超えてしまいます。
国の除染基準以上の場所に一年以上暮らし、「放射線管理区域」がいたるところに存在する、
このような環境下で心配をしないで生活していくことは大変難しいとつくづく思います。


子供たちを安心して学校に通わせることができるように、安全に暮らしていけるようにと、
市民が被曝のリスクを背負いながら除染活動をしています。
しかしながら、半減期の長い放射能はすぐになくなることはありません。
移動するだけです。
まさしく移染です。
雨が降れば、風が吹けば、台風がくれば、また戻ってきます。
震災後1年以上経った2012年5月13 日の福島民報新聞に、
郡山市安積中学校の側溝で、毎時20.4μSV/hのホットスポットが見つかったと載っていました。
側溝や吹き溜まりは、ホットスポットになりやすく、
どこに危険が隠れているのか?
いつホットスポットが生まれるか?
誰にも予想できません。わかりません。


「直ちに影響がない」と言われ続けて一年以上経ちました。
子供が体調を崩して県内の病院へ行った人のお話です。
放射能の影響を心配していると、
@「放射能の影響ではありません」とはっきりと明言され、
A「そのように心配することで、ストレスの方がかえってよくありません」
B「母子避難をする人もいますが、家族がバラバラになることで子供の健全な発育によくありません」
この三つの言葉の順序で、説明されたと聞いています。
この三つの言葉の説明は、実はパターン化されていて、
県内の新聞の御用学者のコラムなどでもよく見かけますし、
福島市の広報誌でも載せられている言葉です。
低線量被曝問題は、未知の世界のはずなのに、
どうしてはっきりと「影響がない」と言えるのか、不思議です。


今の日本のまま、どこかで同じような原発事故が起こってしまったら、
おそらく今の福島と同じこと、
「人の命(被曝)よりも経済を優先させること」

が行われることでしょう。

もう、このような思いは私たちだけで十分です。
ただ、ただ、安全な空気を吸って暮らしたい、願いはそれだけです。

人は、土を離れて生きてはいけません。
人は、自然と離れて生きてはいけません。
自然と共生できない科学技術はいりません。
自然と共生できない原発はいりません。
自然との共生を第一に考えた科学技術こそが、今私たちが進むべき道であると感じています。

ラベル:福島原発 脱原発
posted by kitten at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

東北関東大震災

たくさんのご連絡、励ましのメールをありがとうございます。
大変遅くなりましたが、kittenは、家族ともに無事です。

3月11日、穏やかで平和な日々の暮らしが一変しました。

震災時、私は郡山市内でお夕飯のお買い物をしておりました。
気持ち悪い横揺れに気づき、店内からすぐに外に出ました。
近くの民家の瓦が崩れ落ちる中、立っていられないほどの揺れの後、
暗雲が立ち込め、その後の突風と雪。

自然の猛威・身体が震える恐怖を体験しました。

信号機も止まり混乱した道路を運転し家に戻ると、
玄関から足の踏み場のないほど家の中は散乱。
家の中にいたら、きっとケガをしていただろうという状態でした。

今日16日、日が経つにつれ、被害の大きさと、ガソリン・食料品・日用品の不足を感じます。
しかしながら、我が家は大人二人で過ごしておりますので、多少の不便不足は我慢できます。
備蓄している玄米と炊くお水、味噌だけあれば、2〜3ヶ月は大丈夫だろうと思い、
開いているお店で大量の買い物などはしていません。
もう既に品薄ですが、今郡山に残っている物資、必要な方に届きますように、そう願います。


そして、原発のこと。
郡山は、原発からは約60キロの位置となるそうです。
正直、怖いです。

でも私たち人間が作ってしまったものですから、
私たちでその「ツケ」を受けるのは当然のことのように思います。

この世に、こんなに豊かな地球に、人間として生を受けたのにも関わらず、
欲のために不必要な物を作ってしまったからだと感じます。

たくさんの不安になる情報が溢れ、心が折れそうになりますが、
この世に与えられた貴重な時間を、心配や動揺をして過ごすのではなく、
こうして無事に生かされたことに、生きていることだけに、ただ感謝して過ごしたいと思います。
そう、自分自身に言い聞かせています。

一日も早く元の生活に戻れることを願って・・・。
posted by kitten at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

京都研修 寄り道

おはようございます晴れ

難しいヨーガの世界のお話が続いたので今日は、
夏季研修会の帰りに寄った「京都の寄り道」


今回は、諸事情があり、往復新幹線のため、
寄り道時間は高速バスで往復するより、
かなり短め!!

それでも、せっかくなので流れる汗をぬぐいながら、精力的にまわってきました。

2010 京都.JPG


京都の街って、風情があって大好きです。



まずは、お昼ごはん「高台寺 萬治郎」

2010 萬治郎 外観.JPG

滝沢馬琴の旅日記の中でかかれた「京にて味よきもの(湯葉・麩・芋・水菜・うどん)」
を使った麩麺点心1800円。
生麩が大好物の私は、手前にかわいく盛られた生麩三昧に満面の笑みを浮かべて食べていました。

麩麺点心.JPG

左側奥にあるのが、お麩で作ったおうどん。
麩でできたおうどんが食べられるのは、ココだけとか?
もっちり、シコシコ、大変美味でございました。



お腹も心も満腹になった私達は、「高台寺」へ。
豊臣秀吉の正室、ねねが夫の菩提を弔う為に慶弔10年(1605年)に開かれ、余生を過ごしたお寺です。


高台寺.JPG


小堀遠州作と伝わる素晴らしい庭園。
重要文化財の開山堂。
霊屋・傘亭・時雨亭など、
その場で説明をして下さる方がいらして、とってもわかりやすかったです。




その後は、近くの霊山歴史館で行われている今話題の「大龍馬展」へ
私も毎週日曜日、楽しく見ています。

霊山歴史館は、龍馬・黒船・新撰組から明治維新まで、
日本で唯一の総合博物館です。

坂本龍馬の等身大の人形には、驚きでした。
皮膚から浮き出る血管、体毛(うぶ毛)までも忠実にリアルに作られていました。

龍馬を切ったとされる刀なども展示してあり、
もっとじっくり見てまわりたい気持ちもありましたが、
帰りの新幹線に合わせて、歴史館を後にしました。

いつもより短い時間ながらも、今回の京都の寄り道も大満足わーい(嬉しい顔)手(チョキ)






posted by kitten at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

ル・クルーゼde炊き込みさば飯

こんばんは。
大変ご無沙汰しておりました。

今日は、ル・クルーゼで炊き込みさば飯を作りました。
ル・クルーゼでご飯を炊くと美味しい♪という話は、
たくさん聞いていましたが、実はご飯を炊くの初めてです。

もち米を使って炊き込みさば飯に初挑戦!!

◆ル・クルーゼで炊き込みさば飯の作り方◆

新鮮な生さばに塩を振って、グリルでこんがりと焼く。

もち米をといて10分浸水した後、
人参と生姜の千切り、出汁とお醤油で味付けして、
焼いたさばを入れて火にかけます。
さば飯1.JPG


沸騰するまで中火、その後弱火で10分、火を止めて10分蒸らし。
とっても簡単に炊き上がりました。
さば飯2.JPG



さばを取り出し、
骨と身をはずして、丁寧に優しく混ぜ合わせてこんな感じ。
さば飯3.JPG


焼いてから炊いた生さばは、臭みはまったくなく、ふわっとやわらか。
ふっくら炊き上がったご飯に、さばの優しい味が染みて、美味しかったです黒ハート


さばが大好きな旦那様も、大絶賛グッド(上向き矢印)
「料亭で食べているみたい」と・・・・。

良かった。
やっぱり、食べてくれる人が喜んでもらえると、嬉しいです。


ル・クルーゼで炊いたご飯の美味しさに、思わずブログ更新してしまいましたわーい(嬉しい顔)
今度は、玄米で挑戦してみま〜す。

さば飯.JPG
posted by kitten at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

Corteo コルテオ 仙台公演初日

こんばんは。
郡山の桜もふっくら可愛くなってきました。

今夜は、そんな桜を見ながら東北道を北へドライブ。
行き先は、仙台。

今日が仙台初上陸 Corteo ダイハツコルテオ
CIRQUE DU SOLEIL創設25周年を記念した大サーカスを見てきました。
 
corteo 2.JPG corteo 1.JPG


噂には聞いていましたが、シルク・ドゥ・ソレイユの公演を見るのは初めて。

幼い頃にドキドキしながら見たサーカスを思い出しながら、さっそく18時に入場。

会場ロビーでは、プレミアグッズ販売と軽食などのブースがあり、
真ん中にシャンデリアに照らされたかわいい「コルテオcopen」をパチリ。
 
corteo 3.JPG

18時30分より案内されたビッグトップ会場は、鉄骨式の大型テント。
支柱などの遮るものが何もない、360度どこからも眺められる
アリーナ型円形劇場となっています。

その中央で、同じ人間とは思えない神業の数々が繰り広げられていきました。

ありえないほどのバランス感覚に口がぽか〜んと開いてしまったり、
思わず驚きの声をあげてしまったり…と
あっという間の2時間30分でした。

緊張して手に力を入れたり、握ったり、拍手をしたりと、
緊張と弛緩を繰り返したせいか、
未だに手がぽかぽかしていますわーい(嬉しい顔)

鍛え上げられた肉体美と技が眩しく美しく感じました。
そして、夜のサーカスって、
楽しくワクワクさせる雰囲気と、どこか哀愁漂う雰囲気が、なんとも言えません。
昔見たサーカスとは一味も二味も違う、
進化した素晴らしいエンターテイメントショーでした。


久々の夜デートは最高に楽しかったです黒ハート
連れていってくれてありがとう。旦那様ぴかぴか(新しい)
posted by kitten at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

手作り♪バレンタイン♪

明日は、バレンタインデー♪ですね。

昨日の手作りぱん教室「こなや」さんでは、
バレンタインデーに合わせたぱんをお勉強してきました。

チョコクランベリーブレッドとマクロビスィーツ「くるみのブラウニー」

20100213 ブラウニーとチョコブレット.JPG

手前味噌ですが、我ながら美味しく仕上がりました黒ハート

下の写真は、試食に頂いた先生お手製のチョコクランベリーブレッド。
断面が紅麹パウダーでほんのりピンクになっていて、
クランベリーのピンクとチョコチップが見た目にもかわいい、甘さ控えめの美味しいブレッドです。
右奥に見えるのが、全粒粉で作ったタルトを使ったお豆腐のキッシュ。
(これがまた美味しかったデス)
20100213 ぱん教室試食.JPG

今回のぱんは、こねる作業より、成型の作業が難しかったです。
でも、とっても楽しい時間でした。

手作りぱん工房さんのぱんは、
ぱん生地の味が優しいながらも、かみしめるほどに美味しさが伝わってきます。


今回も、この手作りのお土産ぱんのお陰でkitten家に幸せな時間が流れました。
ありがとうございました黒ハート




さて、今更ではありますが昨年のお教室の様子を、
おさぼりして一度もブログ記事に挙げていなかった事に気がつきましたので、
ピックアップしてまとめてみました。


クロワッサンのような成型にしたお米のぱんと米粉のチョコフルーツマフィン
お米のぱんと米粉マフィン.JPG

米粉を使ったぱんやマクロビスィーツ。
米粉の特徴を詳しく教えていただきました。


米粉のフィアンティーヌと焼きカレーパン
米粉のフィアンティーヌ.JPG カレーパン.JPG


フィアンティーヌとは、薄い焼き菓子という意味だそうで、カッコイイ名前に美味しい気分もUP
揚げないカレーパン、これは自分の中で大ヒットでした。
カレーパンは美味しくて大好きですが、アノ油がどうしても気になっていました。
油で揚げることなく、ヘルシーにこんなに美味しいカレーパンが出来るとは驚きでした。



ライ麦ぱんのタルティーヌとライ麦ぱん

ライ麦タルティーヌ.JPG ライ麦ぱん.JPG

憧れのライ麦ぱんでした。

ライ麦ぱんといえば・・・
少し前に読んだ「世界一の美女になるダイエット」という本。
著者は、ミスユニバースジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャル氏。
知花くららさんや、森理世さんらファイナリストたちへ栄養指導を行っている方です。
美と健康をコンセプトに「内面からより美しく、健やかに輝く」食とライフスタイルを提案されていて、
その本の中に、こんな言葉があります。

「世界の美女はもう、白いものを食べるのをやめています。」

ご飯なら、白米ではなく未精白穀類の玄米。
パンなら、白いパンではなく、ライ麦や全粒粉入りぱんを勧めているのを読みました。

自分でぱんを作る際には、なるべく白くなりすぎないように、玄米粥を混ぜてみたり、
全粒粉などを入れるようにしています。
しかしながらライ麦粉は、上手に使えていなかったので、嬉しく有難かったですexclamation

ライ麦は、独特の香りがありますが、
食べやすいようにさまざまな工夫をされていたので、
美味しいライ麦の風味だけを味わえるパンでした。

毎回、研究熱心な先生に、身体に優しいぱんを教えていただいております。
posted by kitten at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

3種類のぱん

こんばんは。
大変ご無沙汰しております。

気づいてみれば、今年初のブログUPでするんるん

寒暖の差が激しい季節ではありますが、
風邪なども全くひかず、元気いっぱい、ヨーガな毎日を過ごしているkittenです。
こうして健康に暮らしていける毎日に、たくさんの黒ハート幸せ黒ハートを感じながら、
今年もよい一年にしたいと思います。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします黒ハート



さて、今日は、先程、作ったぱん達を。

明日は、我が旦那様の高校時代のお友達の家(新築祝い)に夫婦でお呼ばれしたので、
そのお土産を作ってみました。
20100210ぱん.JPG

健康と栄養バランスを考えたぱんを・・・ナッツ入りライ麦ぱん
(ひまわりとかぼちゃの種・レーズン・カシューナッツ・アーモンド・くこの実・スイカの種などなど)

ワインのお供に・・・・クリームチーズと有機レーズンぱん

バレンタインも近いので・・・甘さ控えめチョコレートぱん

の3種類。




甘党の男性4人が集まるとのことなので、
お豆腐入りのベイクドチーズケーキも持参予定です。

素敵なお宅で楽しい時間となりますように・・・☆


そして明後日は、今年初の手作りぱん工房さんのぱん教室。
ますます身体に優しい手作りぱんの腕を磨きたいと思いま〜すわーい(嬉しい顔)
posted by kitten at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

イルミネーション in汐留&六本木

今日はクリスマスイヴクリスマス
いかがお過ごしでしょうか?

kitten家では、昨日「プチクリスマス」をしたので、
土曜日にゆっくりと丸鶏のハーブローストチキンを作る予定です。

せっかくなのでブログでも、クリスマス気分をるんるん


今月は何かと都内に出かける用事が多く、
ついでにわーい(嬉しい顔)イルミネーションを見てきました。


一番素敵だったのは、
カレッタ汐留で行われている「caretta ocean Xmas」
〜blue OCEAN 海のプレミアムイルミネーション〜
葉加瀬太郎さんのプロデュースで、scean1〜6まで約15分間の開演です。

caretta.jpg

30万個のLEDが音楽とともに光り、シャボン玉や霧・レーザー光線なども駆使されていて、
まるで自分達が海の底にいるような感覚になるほど幻想的です。

中央にあるcoral★treeでは、ハートフルパールに手をかざすと、
5色の内の1色が光り、幸せのヒントが隠されているとか・・・
私達はブルーでしたプレゼント
 
このイルミネーションは、2010.1.11まで行われています。

ぜひ、ホームページを見てみてください。すっごく綺麗ですぴかぴか(新しい)



それから、六本木のイルミネーションも。


六本木ヒルズの毛利庭園
200912ヒルズ毛利庭園.JPG


こちらは、けやき坂。
200912けやき坂.JPG


ミッドタウンのイルミネーションは、
音楽とともに流れる近代的なイリュージョン。
200912ミッドタウン.JPG


お土産に ミッドタウン内にある
JEAN PAUL HEVIN 【ジャン・ポール・エヴァン】のチョコレートケーキを買いました。
200912ジャンポールエヴァン.JPG

こちらのおケーキ様、1個600円以上しますが、
チョコレートがフォークに触った途端からとろける様は、
本当に極上のスィーツでございましたグッド(上向き矢印)



ではではどうぞ皆様、素敵なクリスマスとなりますように・・・・☆




ジャン=ポール・エヴァン 東京ミッドタウン店
東京都港区赤坂9−7−4
東京ミッドタウン ガレリアB1F
TEL:03−5413−3676
営業時間:11:00−21:00
定休日:不定休
posted by kitten at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

ふくしま地産地消のたび

先週末は、大好きな姉が郡山に遊びに来てくれました。
私は、二人姉妹です。

我が旦那様は、所要が多々あり、
姉妹水入らずのふくしま旅行となりました。

猪苗代湖方面に車を走らせ、
20091205猪苗代湖.JPG

ビルゴ洋菓子店を寄りながら、
はやま温泉ホテルヴィラ・イナワシロで行われている
地産地消感謝祭」にてランチバイキングへ♪

☆期間限定 福島厳選素材のランチバイキング☆
2009/11/27〜2009/12/15 3日前要予約
11:30〜14:30 ヴィライナワシロ内・キッチンスタジアム
1500円/1人



「地産地消の仕事人」として知られる山際シェフが、
こだわりの福島の食材を使って料理を振舞ってくださいます。

私も姉も自然食料理教室に通い、
地産地消の考え方も玄米自然食も生活に取り入れているので、
この企画を友人から教えて頂き、ぜひ行きたいと思いました。

20091205地産1.JPG

20091205地産2.JPG

食事の最後には、山際シェフがそれぞれのテーブルを回ってくださり、
お料理の内容の質問から、
地産地消に対する熱い思いや食育に関する今後のビジョンなどをお話してもらいました。
お話の内容にも料理長と直接お話できたことにも、感激でしたぴかぴか(新しい)

このお値段で、ふくしまの食材にこだわったバイキング料理を
ホテルで頂けるなんて、とってもお得。
このキッチンスタジアムはオープンキッチンとなっていて、
シェフの調理風景をそのまま見ることも感じることができます。


もちろんデザートもありましたバースデー
20091205地産3.JPG
左手前が大根のアイス。右手前は枝豆のアイス。


金・土・日限定で夕食バイキング(2500円)や
宿泊セット(7500円)もあるようです。
詳しくは、ヴィライナワシロのホームページにてご確認下さい電話



美味しいふくしまを堪能したあとは、
達沢の不動滝へ。


男滝と優雅な女滝
20091205達沢の不動滝1.1.JPG

20091205達沢の不動滝2.JPG
 





マイナスイオンをたっぷり浴びた後には、お気に入りのTARO CAFEでまったり。
クリスマス限定メニューもあり、カップもクリスマス感いっぱいで、
私達は、おおはしゃぎでした♪

20091205TARO2.JPG


日曜日には、
マクロビレストラン「銀河のほとり」でランチをし、
郡山市立美術館で行われている「忘れえぬロシア」展。
cafe Floraで最高級ロンネフェルトのお茶を頂きました。

3日間通して、市内の美肌温泉も巡り、
美しく美味しいふくしまを、姉妹二人で楽しみましたるんるん

姉もとっても喜んでくれ、郡山を気に入ってくれたので、
郡山に嫁いできて、自然と共にスローな生活送ることができて、
幸せだなぁとしみじみ感じていますわーい(嬉しい顔)
posted by kitten at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

英国 British Hills へ

小さな英国 British Hills へ行ってきました。

20091103 07ent.JPG

20091103 08road.JPG

今年の英国は、おとぎの世界のような一面ぴかぴか(新しい)銀世界ぴかぴか(新しい)でした。

kitten家では、結婚記念日に結婚式を挙げたBritishHillsへ、
いつの間にかこの時期、恒例のイベントになっていますわーい(嬉しい顔)


毎年こちらにお泊りをしていましたが、今年は諸事情により、紅葉ドライブを楽しみにながら
ランチタイムに訪れました。

7万3千坪の広大な敷地の中には、
12世紀〜18世紀の中世英国の雰囲気漂わせる建物が点在しています。
ランチに選んだお店は、Falstaff Pubb英国風パブ「フォルスタッフパブ」

055.JPG

結婚式を挙げた当日には、2次会の会場として夜7時〜12時過ぎまで、
貸切をして、友達同士とめいっぱい楽しんだ思い出の場所ですプレゼント

こちらでゆっくりと食事を頂くのは、実は初めて☆
パブらしいメニューの中からチョイスしたのは、


カッテージチーズグラタンパイ
20091103 11.JPG
見た目はミートグラタンのようですが、
マッシュポテトとカッテージチーズたっぷりで美味しいるんるん


お店の一番人気「スモークサーモンのバケット」
20091103 12.JPG
バケットの大きさにびっくり。
とっても食べにくかったですが、お店の一番人気に納得のお味でしたひらめき




デザートには、ストロベリーとチーズのパイ
20091103 16.JPG

一度食べたらやみつきになるという言葉に誘われて注文。
20091103 17.JPG

注文を受けてから焼くので、アツアツ。中は、チーズがとろ〜りっ

ストロベリージャムの甘さと、とろとろカマンベールチーズの塩味と、
サクッサクのパイ生地が絶妙にマッチ♪

日本ではなかなか食べられない外国のお味達に大満足手(チョキ)
結婚式を振り返りながら、楽しい楽しいランチタイムでございました。

結婚4周年。
こんなに穏やかな毎日を幸せに暮らせることに本当に感謝です。
いつもありがとう。旦那様黒ハートこれからもよろしくお願いします。


今年の紅葉は、とっても綺麗でした。

その美しい紅葉に降り積もった雪が、なんとも幻想的な雰囲気を醸し出しているbritish hills。
ドラマのロケやCMの撮影によく使われている風景ですかわいい

20091103 19.JPG

20091103 21.JPG

今年もとっておきな結婚記念日を過ごすことができましたハートたち(複数ハート)


BritishHills
〒962-0622 福島県岩瀬郡天栄村
大字田良尾字芝草1-8
TEL.0248-85-1313
FAX.0248-85-1300


posted by kitten at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

京都の寄り道3

京都に行ったら、必ず食べたいもの一つに「生麩」があります。

錦市場でお土産物を探しながらも、
生麩のお店も同時に探して、

生麩の串上げがその場で食べられるお麩の専門店で、
一休みレストラン

もっちもちの生麩の串揚げ3種類に、
田楽風に甘辛いお味噌をつけて、頂きました。
・・・専門店で、その場で食べる美味しさは、そのまま幸せ感に繋がります黒ハート
錦市場の活気は、とっても心地よかったです。



その後、少し歩き疲れたので、
有名なコーヒーの老舗やさんイノダコーヒー本店へ。

初めて訪れました。
びっくりひらめき

正装をした紳士が、
「いらっしゃいませ」と。

まるでホテルのコンシェルジェ!!
(そこまでは言いすぎかもしれませんが、上質な雰囲気漂う接客に期待度が増します)

女1人でしたが、
ゆったりとした窓際4人席を案内してもらい、
(思わず「良いのでしょうか?」と聞きなおしてしまいました)
おすすめコーヒーを注文。

お庭を眺めながら、レトロな空間に浸りました。


2009イノダコーヒー.JPG

周りを見ると、私のような女性一人客も結構いらっしゃいました。
気兼ねなくゆっくり出来て、
とっても居心地の良い時間と空間を提供してくれるお店でした。




最後の時間調整は、駅に直結している
ホテルグランヴィア京都
夏季限定オープンのG TERRACE(グランヴィアテラス)で、
京都駅に行き交う人たちを眺めながら、一杯バー

2009bar.JPG


今年のヨーガ三昧な日々も、京都で過ごした至福の時間も
夏のとっておきの思い出になりましたわーい(嬉しい顔)るんるん
posted by kitten at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

京都の寄り道2

ずっと前から行ってみたいと考えていた東寺。
正確な寺号は、教王護国寺。

今回、やっと願いが叶いましたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

目的は、もちろん、曼荼羅の世界を体感すること!

東寺のほぼ中央に位置する講堂の中に一歩踏み入れると、
そこには、密教の世界・曼荼羅の世界が広がっていました。

想像を超える凛とした厳かな雰囲気に、圧倒されました。


曼荼羅とは、密教の悟りの世界を象徴させた絵画のこと。

この講堂の中には、如来様から菩薩様など21体の諸尊像が並び、
本来平面である曼荼羅を、
このように立体的に表現したのは、空海の試みによるものだそうです。

美しい面持ちで有名な白象に乗った帝釈天もしっかり見てきました。


この東寺は、密教美術の宝庫とも言われるほど寺宝が多く、
宝物館には、8200点もの国宝・重要文化財が納められているとか・・・。

春と秋に行われる宝物館特別公開の時期に、
ぜひもう一度、ゆっくりと訪れたいと思いました。

2009東寺.JPG


日本最大の木造棟である高さ55Mの五重塔は、国宝ですぴかぴか(新しい)
posted by kitten at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

京都での寄り道1

ヨーガ研修という名の下、
郡山から京都駅まで夜行高速バスを利用している関係で、
京都駅付近で自由時間も意外とあります。


今回の寄り道は・・・・

初日、朝6時過ぎに京都駅に到着。
この時間では、観光できる場所はとっても少ないものです。

いろいろと調べた結果、
京都駅から徒歩圏内の東本願寺で行われる
朝のお勤めに参加してみました。(無料です)

この日は朝7時からでしたので、京都駅からゆっくり歩いてちょうどよい時間でした。

東本願寺は、真宗大谷派の本山。

朝からよいお天気に恵まれ、東本願寺に着く頃には、汗をかいてしまいましたが、
本堂で約30分間、心を沈めて目を閉じていると、
とても涼しく、ひんやりとする風が身体の周りを通り抜けてくれましたかわいい


お勤めの後、ご法話の時間があり、
節分の日、心の中に住んでいる鬼を、お孫さんに見透かされてしまったというお話を頂きました。
ユーモアがあって、だれにでもわかり易いお話でした。


京都の朝を、清清しい気持ちで過ごすことできて、とっても有意義でした。
来年も参加してみようと思っています足



その後、東本願寺の別邸・渉成園をお散歩してきました。
東山を借景とした池泉回遊式庭園。

2009S1.JPG 2009S3.JPG
 
2009S4.JPG 2009S5.JPG


強い日差しを受けた綺麗な緑と、
木陰の深い緑と、
池に映る緑に、
癒された時間でした。
posted by kitten at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

ダマスクローズの一日♪

今日は、題して「自分を磨く一日ぴかぴか(新しい)


こちらは、特別な日に飲む最近お気に入りのNOMUBARA「ローズウォーター」。

nomubara.JPG

国際オーガニック認定機関IMO社の日程を受けたバラ農園を持つ「エニオ・ボンチェフ社」の
無添加ローズウォーターかわいい

とても濃いローズウォーターなので、私は温かいお湯500ccに1包。

金の価値があるとも言われる(!?)貴重なダマスクローズの香りが広がりますハートたち(複数ハート)

お出かけ前に、この贅沢なダマスクローズの香りを楽しんで、
友人と郡山市立美術館で行われている、
【アーツ・アンド・クラフト展 Arts and Crafts Movement in UK and USA】
に行ってきました。

産業革命にともなって出現した機械文明とは一線をおいて、
中世の手工芸を理想とした芸術工芸運動【アーツ・アンド・クラフツ】です。

インテリア雑誌などで見かける芸術作品達がたくさんいらっしゃいました。

チャールズ・レニー・マッキントッシュの
ヒルハウス「ベットルームのための椅子」。

フランク・ロイド・ライトの帝国ホテルの椅子など。

この運動には、様々な芸術家が参加されているので、
テキスタイル・書籍・銀器・陶器・壁紙・家具・照明・宝飾・書籍など
多岐にわたる手作りの作品群が展示されています。

ウィリアム・モリスの壁紙・織物や
ダマスク織りのお菓子用小敷布は、うっとりするほどの美しさ黒ハート

100年以上の絹織物の保存状態の良さにも驚きでした。

特に、フランスのアール・ヌーヴォーなどに影響を与えたとされる作品達(壁紙・織物)が、
私はどれも好きでした。

artsandcrafts.JPG


前回、同じ郡山市立美術館で行われていた
光と影のファンタジー「藤城清治の世界展」も、とっても良かったですが、
今回の企画展も、私は大好きなジャンルでした。

本物の手作りの美しい芸術作品達を見ることができて、
今日は、とっても心豊な幸せな一日となりました。

美術館巡りは、なんとも言えない優雅な気持ちにさせてくれて、大好きですわーい(嬉しい顔)
posted by kitten at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

雑穀の魅力にはまる・・・の巻

以前から雑穀を使ったマクロビ料理には興味があったものの、
玄米ご飯に雑穀を混ぜて炊くだけの活用しかできていなかったkittenです。

そんな私が有名な雑穀cafeを経営されている方の妹さんのお宅に、
お邪魔した時のお話です。

3月吉日。

雑穀を使ったマクロビランチを作ってくださいました。


2009040101.JPG

タコライス
もっちもちに炊き上げた玄米ごはんとお豆と雑穀のタコライスソース。
どう食べても、お肉を使ったようなコクのあるタコライスソースは、
雑穀とお野菜のみで出来ていました。

フィッシュフライ
・・・といってもお魚ではなく、ひえと長芋とお麩を使ったマクロビ雑穀フライ。
食べてびっくり、見た目も味も食感もお魚のフライなのです。

2009040102.JPG

ジャガイモとアマランサスのディップ
ひよこ豆と水菜のディップ

ホシノ天然酵母を使った手作りぱん。
天然酵母ぱんは、やっぱり味が違います。
酵母の香りとともに、とってもやさしい味がしました。

2009040103.JPG

はっさくの寒天ゼリーと
ひえを使ったパフェ。

最後に玄米珈琲「ブラックジンガー」



こんな風に雑穀を魔法のように使いこなしているこの方は、
気さくで話しやすくて、明るく素敵な女性です。

話を聞けば聞くほど、
シンプルな調味料(塩や梅酢や菜種油など)のみを使って、
ボリュームのあるおかずを作り上げていらっしゃることに、
とてもよい刺激を受けました。

以前にも、卵や乳製品を一切使わないレモンカスタードや、
コーンクリームコロッケ(もちあわなどを使用)を作って頂き、
雑穀には、私の知らない新しい世界が広がっていました。

私もこんな風に
雑穀を使って、おもてなしができるようになりたいと思います。

すっかり雑穀の魅力にはまってしまいました

お姉さまが開いているお店は、
雑穀cafe 小粒
青森県ではありますが、いつかぜひ行ってみたいと思っています。



雑穀cafe 小粒
〒030−0941
青森市自由ヶ丘2-13-19
017-741−3110
 ※自由ヶ丘の中央公園入口の前です

定休日  日曜日&祝日
posted by kitten at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

絶品!!!ハーブの丸鶏

今年も、ハーブ鶏の季節がやってきました♪

昨年ハーブ教室でお世話になった、ハーブとスローライフの研究家 瀧田勉先生から、
今年もハーブの丸鶏をお友達と共同で購入させて頂きました。

昨日の日曜日に4匹分の仕込みを終え、
クリスマスに向け、3匹は冷凍庫へ。

1匹は、一晩しっかりと寝かして今晩の食卓に登場してもらいました。

今回は、ル・クルーゼちゃんにお願いして、
コトコトと極弱火で蒸し煮にした状態で・・・・約1時間。

先生から習ったことを思い出しながら一年ぶりのハーブ鶏の仕込みでしたが、
お味は、ばっちり手(チョキ)
たっぷりの根菜類(人参・玉ねぎ・ジャガイモ・さつま芋)のお野菜とともに出来上がりました。


今年のハーブの丸鶏ちゃんも、ジューシーで最高に美味
さすが、瀧田先生の丸鶏ちゃん達です。

一緒にコトコト蒸し煮にした根菜類達も、
毎度のことながら、あま~くて、本当に感激です。

20081117.JPG

今日は、ガーリックライスと、
ノンオイルの豆乳入りかぼちゃのスープ。

新鮮!頂き物のルッコラと水菜のサラダ。

全粒粉クラコットに、オランダ土産のゴーダチーズを載せたり、
同じクラコットに無着色・無添加レバーペーストを載せたりして、
ちょっぴりパーティ気分るんるん


今日は、久々?ハレの日の食卓になりました。
・・・毎日が幸せですわーい(嬉しい顔)
posted by kitten at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

HAPPY HALLOWEEN!

今日は、ハロウィンですね
って特に何かイベントがあるわけではないのですが^^;

気分を盛り上げるために、
今月の手作りぱん教室で習ってきたことのご報告。

今回は、『全粒粉入り食事パン』
9月は、お休みをしてしまったので、
かなり久しぶりの手ごねでした。

ハロウィンにちなんでお豆腐を使ったヘルシーかぼちゃのフィリングと、
ココアクッキー・かぼちゃの皮を使ったクッキーなどをトッピングして、
出来あがり!!!

20081031p.JPG 

安心・こだわり材料でヘルシーな食事パン。
いつもと変わらない優しい美味しさのパンです。

今回は、初めて紙の型を使ったパンを作りました。
見た目も可愛くて、コレなら成型の失敗も少なそう???
人へプレゼントをするパンは、いつも食パン型だったので、
早速自宅で、復習してみました。

旦那様の実家へお土産です。
奥の丸パンは、ノンオイルのプルーン入りパン達です。

20081031s.JPG
曇ってしまって・・・よく見えないですね・・・。
ラベル:ぱん教室
posted by kitten at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

宇治上神社と平等院鳳凰堂

今回のヨーガ禅夏季研修会は、同じ福島のヨーガ大好きお仲間と2人で参加したので、
空いた時間に足を伸ばして、ちょっぴり観光も楽しみました。
今日は、京都研修ではなく「京都観光編」。

朝早くに京都駅に着きましたので、研修会が始まる正午までの数時間、
源氏物語の舞台となった宇治周辺を巡ってみました

まずは、JR宇治駅から平等院参道を通って、宇治川沿いを散策。
朝霧橋を渡って朝の7時から自由に拝殿できる「宇治上神社」へ。

こちらは、現存する神社建築としては日本最古、国宝かつ世界遺産の神社です。

宇治神神社.JPG





朝から暑い日差しが照りつけ、汗をかきながらの散策でしたが、
この神社の境内に一歩入ると、森に囲まれていてとっても涼しい。
早朝の静寂の一時を感じました・・・・・。




そしてお次は、10円玉で有名な世界遺産「平等院鳳凰堂」

天喜元(1053年)に藤原頼道によって建立されました。
この姿が目に入った途端、思わず足が止まりました。

鳳凰堂の中の、阿弥陀如来像(国宝)のお顔も、
遠くからでも見ることが出来ます。


平等院鳳凰堂.JPG




隣に併設されている鳳凰館では、
鳳凰の実物や雲中供養菩薩像26体も間近で見ることができ、
鳳凰堂内彩色を再現したコンピュータグラフィックスの映像展示もされていて、
しばし、平安時代に・・・そして、
極楽浄土の世界にトリップしたかのような時間を味わいましたグッド(上向き矢印)

京都の街って素晴らしいぴかぴか(新しい)
神社建築巡り・お寺巡り大好きです。
posted by kitten at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

帽子のセミオーダー品♪

大好きなセレクトショップから、
セミオーダーしていた帽子が出来上がったと連絡が来ました。

実は、帽子のオーダーは生まれて初めてのkittenです。
今日は、勝手に【この夏一番のセレブ?お買い物編】

hat1.JPG

こちらの帽子。
正面からよく見ると、アシンメトリー(左右不対象)なデザインになっています。

そうexclamation×2まっすぐに被っても、
帽子の上級者テク、斜め被りができちゃう優れものの帽子なんです。


もともと紳士物のデザインなので、かっこよさを残しつつ、
優しいイメージを入れてくださったとか・・・・

本当にいつまで眺めていても飽きのこないデザインとベージュの色合いが、
まさしく、私好み〜わーい(嬉しい顔)



******

このデザインに出会ったのは、半年前。
こんな形の帽子は、いままで見たことがなく、本当に一目ぼれでした。

しかしサイズが合わなかったので、
泣く泣く断念したのですが、ずっと忘れられずにいました・・・・。

つい最近、またこちらのセレクトショップのオーナーの方から、
「サイズをお計りして、オーダーできます」という優しいお声がかかり、
生まれてはじめての帽子オーダーを、今回お願いしたのです。


作って下さった作家さんは、akimboさん。
どの作品も、センスがよくてうっとりしてしまうHPです。

世界に一つだけの帽子に出会えた今日は、とっても幸せな1日でした。
セレクトショップ「a.c.knit∞」オーナーさんとakimboさんのプロにお任せして本当に良かったです。
素敵なお買い物が出来ました。一生の宝物にしますぴかぴか(新しい)
ありがとうございました。





ハンドメイドニットブランド&帽子メインのセレクトショップ
a.c.knit∞

〒963-8041
福島県郡山市富田町字下双又15-5
リビングショップ SUPREMO+



posted by kitten at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする