2006年05月18日

正しいサプリメント『健康食品』の選び方

世の中には本当に様々なサプリメントが出回っています。
何を基準に選びますか?
・・・・・以外と簡単です。
無農薬・無添加はもちろん当たり前のことですが、

1.原材料を丸ごと使っているか?⇔一物全体食であるか?
2.原材料は、日頃から食べ慣れた材料であるか?⇔適応食であるか?


に注意されるといいと思います。

1.原材料を丸ごと使っているか?について。
一物全体食といわれるように、食べ物は全部を食べてバランスのよい栄養素が取れます。葉だけ実だけなど、一部分の有効成分だけを抽出したサプリメントはアンバランスな栄養により副作用の可能性も出てきてしまうからです。
それは1999年にノーベル医学生理学賞を受賞したブローベル博士のシグナル論より裏付けされます。
自然の食べ物の中にある栄養素(蛋白質)にはそれぞれ体内へ取り入れられるべき場所(肝臓・腎臓・神経・筋肉など)のシグナル住所がついており、正しく運ばれて、始めてその効果を発揮します。
しかし、ビタミン・ミネラルなど食べ物の一部分の有効成分だけを抽出したサプリメントには、住所のついた栄養素がありません。したがって、どこへ運べばいいのかわかりません。運よく必要な場所へ届けてくれればいいのですが、必要のない場所へ運ばれれば、その有効成分を解毒するために肝臓を疲れさせてしまいます。せっかくお金をかけたサプリメント、実は体に負担をかけているとしたら・・・・・

2.原材料は、日頃から食べなれた材料であるか?について。
人類の適応食でない物、食べ慣れていない物、また食べた事のないもの、これは病気やアレルギーの原因になりやすいと言われています。食べたことのないものは、異物になりやすく、抗原抗体反応をこしてアレルギーなる場合があるのです。医薬品も食べなれていませんので副作用があります。農薬も添加物も一緒です。食べ慣れていない物は常用するサプリメントとしてはあまりお奨めできません。

以上のように、とあるサプリメントは、体に良いどころか肝臓に負担をかけ、
多量の摂取は、最終的に肝機能障害になる可能性さえあるのです。
日本のサプリメント事情は、米国より10年(栄養学は20年)遅れていると言われています。

体に本当にやさしく、効果のあるサプリメントを自分の目で選んで下さい。


ビタミンCを摂取するなら、国産の生レモンを購入するか国産のレモンを使ったストレートタイプ(濃縮還元ではないタイプ)が、体にやさしく効率よく取り込まれます。
亜鉛を摂取するなら、蛎や魚介類を食べて、体に負担なくやさしく取り込むのがよいと思います。亜鉛だけを体に取り入れられても、体はどうやって吸収したらいいか・・・・・必要のない場所に取り込まれるなら、うまく排出されることを祈ります。

しかし、外食が多く正しい食事がやむを得ずできない方には健康補助食品として正しいサプリメントをとられた方がいいと思います。

どんなに無農薬・減農薬の食べ物を買い、こだわり調味料で料理したとしても、現代の食事ではいらない不要物は体に入ってきてしまいますので解毒の意味もこめて、予防医学という意味でも正しいサプリメントを取ることは効果的だと思っています。

でも一番大事なことは毎日の食事を大切にすることです。







※一部「食事改善で真の健康を作る」より引用
posted by kitten at 12:51| サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする