2009年06月29日

夏に向けての献立

こんばんは。
6月も、もう残りわずか。
ブログも今月2回目・・・がく〜(落胆した顔)
最近、時が過ぎるのをものすごく早く感じています。

先週末は、月に一度の東京ヨーガ教室と法事と予定が重なり、金曜日〜日曜日まで実家で過ごし、
昨晩夜遅くに郡山に帰ってきました。

3日間家を留守にしていたので、何か好きなものをと、
今朝のお出かけ前に、
「今晩、何食べたい?」
と聞いたら、
「さ・か・な黒ハート
と魚好きの旦那様。

よく晴れた一日でしたので、朝から洗濯機を3回ほどまわし、
溜まった家事をこなして、久しぶりの大量のお買い物へ♪

いつものお魚屋さんには、ソイ・カレイ・鯵・尾赤鯵・生いわしなどなど、
たくさんの美味しそうなお魚達が並んでいました。

「今日一番おすすめのお魚は?」
「塩焼きなら、今の時期、このいさきが美味しいよ」

と教えてもらったので、いさきを購入♪
迷った時には、いつもこの調子でお店の人に聞いちゃいますわーい(嬉しい顔)

今晩の夜ごはんは、こんな感じになりました。

20090630.JPG

玄米ごはん+有機黒ゴマ
椎茸と長芋のすまし汁
いさきの塩焼き
なすの味噌炒め(ピーマン・舞茸・にんにく・しょうが・ひき肉)
サラダ・手作りハーブソルトかけ
お漬物



この手作りハーブソルトは、親しい友人から頂きました。
マルドンの塩・青森産乾燥にんにく・バジル・レモンタイム・ローズマリー・
ベイオレガノ・ウィンターセイボリー・タラゴン・ブラックペッパー・セロリシード・・・・・
ほとんど全て自家製ハーブを使った貴重な手作りソルトです。
簡単なサラダがとっても美味しく、ラックアップしちゃいます。
ご馳走様でしたひらめき


ま(豆)       味噌
ご(ゴマ)      有機黒ゴマ
わ(わかめ・海藻類) とろろ昆布・切昆布
や(野菜)     人参・きゃべつ・なす・ピーマン・しょうが・にんにく・きゅうり・プチトマト・大根
さ(魚)      いさき
し(しいたけ・きのこ類) 舞茸・しいたけ
い(イモ類)       長芋
こ(酵素を含む食品)  生野菜 ・漬物

さすが、お店の方おススメのいさきは、脂がのっていてものすごく美味しかったです。



日を追う毎に、夏らしい気候になってきました。
今日は、最後に夏に向かってお勧めの献立をご紹介。

これからの季節、トマトやきゅうり、なす、ピーマン、オクラ、
とうもろこし、すいかなど、美味しいお野菜達がお目見えします。

旬のお野菜を摂ることは身土不二の考え方から大前提ではありますが、
夏の畑は体を冷やす天然クーラーの役割をもったお野菜達が、
主役になっていることもしっかりと頭に入れておきたいところです。

果物やビールなど体を冷やす食べ物や飲み物を摂り過ぎたり、
冷房で冷え過ぎたりすると、
体調を崩して、神経痛やだるさ、食欲不振などなど、
夏ばての原因になりますので、注意が必要です。

もともと冷え症でつらい方には、
夏野菜と果物を控えめにすると、冬を乗り切り易くなります。
次に向かえる季節に備えて、自分の体調・家族の体調に合わせて、
旬のお野菜を上手に摂取していきたいと思います。

また、一年を通して冷たい飲み物(氷入り)・熱いもの・辛いもの(刺激物)
アルコール・たばこ・コーヒー・紅茶・上等な緑茶・清涼飲料水などは、
できるだけ避けたほうが良いとされています。

水分として体に優しく吸収される飲み物は、
水や野菜スープ・玄米スープ、薬草茶・三年番茶・梅醤番茶など。

自分自身も、どちらかと言うと冷え性気味ですので、
暑くても、体を冷やす食べ物を摂り過ぎることのないように、
水分補給にまでも、気を配って夏を元気に楽しく過ごしたいと思います。



以下は、NPO法人日本綜合医学会日本型食育推進委員会「食と健康の自然法則」より
理想的な夏の献立一例です。

《朝ごはん》
はと麦入り玄米ご飯
キャベツの味噌汁(キャベツ・油揚げ)
納豆
糠漬け(きゅうり・にんじん・大根)

《昼ごはん》
とろろそば
豆腐海藻サラダ
こうじ漬け(小なす)

《夜ごはん》
枝豆入り玄米ごはん
なすの味噌いため
(なす・ピーマン・グルテンバーガーもしくはひき肉・にんにく・生姜)
わかめの酢の物
すまし汁(あさり・みょうが・長芋)




今日の我が家の夜ごはんは、
上の献立を参考に作ってみました。
毎回のお料理が勉強です手(チョキ)



★梅醤番茶の作り方★

梅醤番茶は、疲れた時、冷えた時、風邪気味の時、
冷え症や低血圧などの人にも良いとされている飲み物です。

1 大きめの梅干の種を取り、身を湯のみに入れてよく練る。
2 すった生姜ひとつまみを1の湯のみに入れ、またよく練る。
3 醤油を数滴、熱い番茶を注いで出来上がり♪


慣れてしまえばとっても簡単なので、ぜひお試し下さい。
それでは、向夏を、お健やかに過ごすことができますように・・・☆
ラベル:玄米自然食
posted by kitten at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 玄米菜食・実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

あるある大辞典 納豆から学ぶ健康情報に惑わされないために・・・

最近の我が家の朝食に小魚が増えました。
理由は簡単。
毎朝1パック食べていた納豆が、
特売の日でも安くならず、買いだめ保存していた納豆が切れてしまったため・・・。

節約主婦としては、いつもより高い値段で納豆を買うことに、
抵抗があります。

あるある大辞典の番組打ち切りと27年支えてきた花王のスポンサー辞退で、
この納豆高値も、そろそろ落ち着いてくれるかな?

テレビで「○○が良い」というと次の日のスーパーは、○○が売り切れます。
今日は、そんな健康番組の情報について。

以前、寒天が良いという時期ありました。
確かに寒天には、食物繊維を多く含み、とてもよい食品です。
あの時期は、本当に寒天が手に入らなかったですね。

体に良い寒天を買うなら、無漂白の国産をオススメします。
寒天が良いというだけで漂白した寒天を買っていても効果は半減してしまいます。

また、寒天を食べると、お腹で膨らみます。
食事で取った水分が胃の中で寒天に吸収されます。

夏の暑い時期、寒天を摂り過ぎると・・・・脱水症状を起こす可能性もあります。

テレビでは、正しい情報を流します。(あるある大辞典ではねつ造でしたが・・・がく〜(落胆した顔)
また、スポンサーが必ず付いているものですので、良いことばかりを並べます。
食べるときに注意をしなければいけないこと・欠点などは、
最後にテロップで流すだけ・・・・・なんてこともあります。

そこで、健康情報番組に惑わされないための判断基準を1つご紹介します。

簡単です。

 「その食べ物は、日本古来から食べられてきた食べ物かどうか?」 

身土不二という言葉どおりに、身体と土地とは二つにあらず、
日本人が本来食べるべきものは、日本で採れるその季節ごとの食べ物です。

この事を基本に考えて、健康番組を冷静に見てみて下さい。
食べ慣れた食材で、なおかつ旬である食材なら少量を食生活に取り入れて、
そうでないものは、よく考え調べられてから取り入れるのがよいと思います。

納豆も寒天も、とても体に良い食べ物です。
しかし食べすぎは、逆に悪影響を及ぼします。
毎日、少量、バランスよく摂取することが何より大切です。

健康情報番組などに惑わされず、理解する知識や知恵がほしいものです。
そんな賢い主婦を努めたいと思います。

早く納豆の特売が始まってほしいと思うkittenでした。





posted by kitten at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 玄米菜食・実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

栗ごはん

昨日は、旦那様の実家で夜ごはんを頂いちゃいました。
人が作ってくれる料理ってやはり美味しいですね。

また、お土産に自宅の庭でとれた栗を頂きました・・・・・。
庭で???

栗は買ってくるものではないのですねぇ。

それで、今朝のごはんは、玄米にもち米を少し入れた栗ごはんでした!!

??????±.JPG

ここから裏話・・・・

栗の皮を包丁で剥いた経験がなく
「なんとかなるさ♪」と私は平気だったのですが、

お義父様・お義母様・旦那様ともに心配だったらしく、
栗の皮むき機登場!!(←そんなものがあるんだ・・・・・。ひらめきすっごい簡単でびっくり)


帰り際にお土産の栗の皮むきをみんなでやってもらっちゃいました・・・・・。

本当にありがとうございます。
お陰様で美味しく炊き上がりました。幸せです 黒ハート





posted by kitten at 14:23| 玄米菜食・実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

備長炭を使ったミネラルウォーター作り

備長炭を使ったミネラルウォーター作り

夏は、やはり水分補給が大事ですね。
我が家でも、旦那様の仕事が車で回る営業職のため、水分補給のために、毎日水筒はかかせません。

節約のため、環境保護のため、コンビニでペットボトルのお茶・お水などは買わないようにしています。


そこで、水筒に入れるためのお茶(紅茶)を、前日のうちに作り、冷蔵庫で冷やして置くようにしていました。
カフェインの少なさから言うと紅茶>緑茶>珈琲なので、一番多いのは紅茶でした。
でも、一番体によいのは、ミネラルウォーター!!ということで、備長炭でのミネラルウォーターつくりにも挑戦しました。

まず、手に入れた備長炭。(←玄米ごはんを炊くときに入れる方法と一緒です)

@まず、汚れを落とすため、流水でよく洗います。このとき、野菜用のタワシがあれば、それでごしごし洗います。(洗剤は×)

Aそれから煮沸消毒。
お鍋に炭と水を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして、約10分。

B取り出して、ざるなどにいれ、水をきって冷まします。

Cよく乾燥させ、できれば天日干しにします。

これを、冷水に半日〜1日つけて置けばできあがり。水出し麦茶などのパックは一緒に入れないようにします。

一週間に一度は、汚れをとり煮沸消毒して、よく乾燥させて(できれば天日干しに)して使います。

ミネラル成分は、10日〜14日で出てしまうようです。
臭みを取るだけなら、約3ヶ月使用できます。





posted by kitten at 13:12| Comment(0) | 玄米菜食・実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

玄米の食べ方 玄米おにぎり

実はもっちり・・・玄米おにぎり

お弁当にオススメなのが、玄米おにぎり。
玄米は完全栄養食とも言われている通り、玄米おにぎりがあれば、
はっきり言って、おかずは少なくてよいものです。

塩をキチンと効かせて、炊きたてのご飯を握ったおにぎりは、
時間がたっても、何故かとても美味しいです。
玄米のぽろぽろ感を感じるどころか、もっちり感が出てきます。

また、玄米を保温しておくのが嫌な方や、電子レンジで玄米を温めるのに抵抗がある方は、
食べる分を蒸す方法の他に、

朝のうちに玄米おにぎりを作っておいて、
夜食べるときに、フライパンに少しのゴマ油で焼色をつけて食べる方法があります。
最後に、お醤油を少したらしたり、お味噌をぬってみたり・・・・・。
玄米とゴマ油って本当に美味しい組合せです。

油を使いたくないときは、グリル(お魚焼き器)で焼いて、すこし焦げ目がつくぐらいだと香ばしくて美味しいです。
玄米おにぎり.jpg

※右が、にんにく味噌をつけて焼いた玄米おにぎり。
※左が、お醤油を出来上がり際にちょっとたらした玄米おにぎり。

これに、お味噌汁とお野菜をつければ、一食出来上がりです!!






posted by kitten at 08:20| Comment(0) | 玄米菜食・実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

玄米の食べ方 玄米チャーハン

おいしい簡単誰でもプロの味、玄米チャーハン

玄米は、一粒がしっかりしています。
朝炊き上がったごはん、冷めてしまうと夜にはぼろぼろになっていしまいます。

そこで、あまったご飯の活用として、
簡単なのが、玄米チャーハンです。

もともとぼろぼろしているので、誰が作ってもプロのチャーハンが出来上がります。
玄米とごま油も相性がいいので、絶品のチャーハンが作れます。


具は、野菜ならなんでもいいですし、
ひじきなど入れてもおいしいです。

食べるときには、レタスやサラダ菜などにつつんで食べれば、
炒めた野菜と生野菜が両方とれて、油で炒めたチャーハンでも
さっぱりと食すことができます。





posted by kitten at 19:14| Comment(0) | 玄米菜食・実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

玄米菜食の調理方法・使う材料・食べ方など

カテゴリ:玄米菜食のススメで書いてあることも含め、
玄米菜食(健康自然食)を実践する際のチェック項目として、
箇条書きに書いてみました。


・主食は、未精白穀類を使う

・動物性食品のうち、頭から丸ごと食べれる小魚類は、適量摂取する

・植物性たんぱく質の供給源として、大豆とその加工品を適量摂取する

・海藻類は、ミネラルの宝庫なので、わかめ・ひじき・昆布・のりなど、何か一品でも毎日少量ずつ摂る

・ごまは、少量を常食とする(油脂を含むので採りすぎは×)

・植物性油脂も摂りすぎないように気をつける

・果物は、果糖が多いので、健康な人でも食べすぎに注意。食前30分前に食べること。(食後に食べるなら、食べない方がよい

・化学物質(食品添加物・農薬・化学肥料・化学薬品)など、極力摂取しないようにする

・獣肉とその加工品・牛乳とその加工品・卵などは、控える

・甘みを出すための白砂糖は控え、未精白の砂糖をごく少量使うようにする

・調理用水は、塩素やトリハロメタンを除去したものとする

・精製塩は控え、自然塩を使う

・だしは、天然材料を使う

・良く噛んで食べる

・過食を避け、腹八分目・七分目とする

・食事前後や食事中に、水やお茶を多量にのみすぎないようにする


いかがでしたでしょうか?
以上のようなことに心がけて料理を作り、食べています。









posted by kitten at 02:42| Comment(2) | 玄米菜食・実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする