2007年01月17日

メタボリックシンドローム・子どもの生活習慣病★最新情報★

先日13日、日本小児科学会と日本小児保健協会の主催で
「第一回子どもの食育を考えるフォーラム」が東京都千代田区の砂防会館別館で開催されました。
(入場無料:朝日新聞に広告掲載)

ちょうど、里帰りをしていた期間だったため、
出席した父親からの最新情報をGETしました手(チョキ)

まず小児におけるメタボリックシンドロームが注目されるようになった原因は、

1・メタボリックシンドロームと考えられる病変が小児においても認められる。

2・成人のメタボリックシンドロームのかなりの部分が小児期の肥満ないし
メタボリックシンドローム予備軍から生じ、それらは増加しつつあること。

3・生活習慣の確立は小児期にスタートすること。

が挙げられています。

小児期でもすでに血管に病変が存在するらしいですがく〜(落胆した顔)

そして、来月(2月)厚生労働省へ提示してほとんど訂正なく公表されるであろう
子どものメタボリックシンドロームの診断基準の内容は・・・・(最新情報↓)

まずは、腹囲が80cm以上である事を必須項目とし、

@中性脂肪 120mg/dL以上
 HDコレステロール値  40mg/dL未満  のいずれかまたは両方

A最高血圧125mmHg以上
 最低血圧 70mmHg以上  のいずれかまたは両方

B空腹時血糖 100mg/dL以上


この3つのうち2つを含む場合に診断されるようです。

これに加えて、腹囲/身長が0.5以上である場合は、
内臓脂肪の蓄積の可能性があり注意が必要です。

(浜松医科大学小児科学 大関武彦先生よりの公演より)

子どものメタボリックシンドローム(生活習慣病)
・・・とってもちぐはぐな日本語の組み合わせだと感じるのは私だけでしょうか?





posted by kitten at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

メタボリックシンドローム☆予防

病をもたらす原因は、食事を中心とした食生活にあります。

できることから少しずつ。
そして、長く続けることが大事ですので、無理は禁物です。

今日はメタボリックシンドロームを予防改善するために、
簡単な4つをご紹介します。

@間食を減らす。飲みすぎ・食べ過ぎを減らす。
 これは内臓脂肪のもとになります。

A歩く。
 
Bまず、野菜。
 内臓脂肪を減らす方法として、緑黄色野菜をたっぷりとること。
 食事の時には、まずは野菜から手をつける習慣を・・・。

C禁煙する。


頭の中に入れておくだけでも、意識が変わってくると思いますひらめき







posted by kitten at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

メタボリックシンドローム☆判断基準

引き続き、メタボリックシンドロームの判断基準について。

複囲(へそまわり)男性85センチ、女性90センチ以上の人で

@高脂血症 血清トリグリセリド値 150mg/dL以上
      HDコレステロール値  40mg/dL未満  のいずれかまたは両方

A高血圧  最高血圧135mmHg以上
      最低血圧 85mmHg以上  のいずれかまたは両方

B高血糖  空腹時血糖 110mg/dL以上

この三つの内、二つ以上に該当する場合は有病者。
一つに該当する場合は、予備軍と位置づけられます。

食生活の欧米化、過食、ストレス、運動不足が原因で生活習慣病になる人が増えています。
複数の生活習慣病をかかえてしまうと、
複合型リスク症候群であるメタボリックシンドロームになりやすくなります。

つまり、メタボリックシンドロームは、食生活・生活習慣を気をつけるだけで、
だいぶ改善できるということですわーい(嬉しい顔)

では、ここで、
生活習慣を見直してみようチェックです。

□食事は満服になるまで食べないと気がすまない
□間食をとるのが日課だ
□緑黄食野菜をあまり食べない
□料理によく砂糖を使う
□脂っこいものがすき
□アイスクリームやスナック菓子をよく食べる
□階段よりもエスカレーターを使う
□スポーツの習慣はない
□よくお酒を飲む
□喫煙をしている

チェックの多い人は、日々の生活習慣をお気をつけ下さい☆






posted by kitten at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

メタボリックシンドローム☆りんご型肥満にご注意

肥満には、二つのタイプがあるようです。

1つは、皮下脂肪型=下腹部、腰まわり、皮下に脂肪がたまるタイプで、
別名「洋梨型肥満」

もう1つが内臓脂肪型=内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプで、
別名「リンゴ型肥満」

危険なのは、このリンゴ型肥満ですexclamation×2
このリンゴ型肥満は、意外と外見では判断しにくいため、
確実に知るには、お腹のCTをとる必要があります。

しかし、延焼もしやすい脂肪なので、日々の食事改善や軽い運動習慣をつけることで、
解消することが出来ちゃいます。

続きは明日。







posted by kitten at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

メタボリックシンドローム☆肥満度

以前にも、メタボリックシンドロームのお話をちょこっと書きましたが、
詳しく書いていこうと思います。

そこで、今日は、肥満度の測定!!!

肥満度の目安として用いられているBMI。

BMI=体重(kg)÷ {身長(m)×身長(m)}

いかがでしょう?
平均値は、22です。
標準は、18.5〜25.0

ここで
25以上は、肥満とされています。

あくまでも目安です。
この数値だけではメタボリックシンドロームとはいいませんので、ご安心をわーい(嬉しい顔)


ちなみに、我が家は、
私(29歳・主婦)18.6
旦那様(36歳・会社員)20.81 という結果でした手(チョキ)







posted by kitten at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする