2016年05月14日

瞑想の研修会に参加して・・・感想

新緑の緑鮮やかな季節、いかがお過ごしでしょうか。
碧く澄み渡った空には自由に浮かぶ雲達、
自然からの四季の恵みを感じられる日々が嬉しく感じます。

さて、瞑想の研修会に参加し1ヶ月程経ちますが、
日々の日常の中で、自分なりに感じている事を備忘録として書いてみたいと思います。

今、「瞑想法」は、多くの大学で研究されたり、
企業の社員研修・社員教育の一環としても、
盛んに取り入れられていると聞きます。

スティーブ・ジョブズ氏の自伝にも、
瞑想を日常的に行っていた事が書かれていますし、
ビル・ゲイツ氏やソニー創業者の井深大氏なども、
取り入れていたというのは有名なお話ですね。


いろいろな瞑想法があると思いますが、今回、私が受けた瞑想法は、
インドにおける最も古い瞑想法の一つで、ヴィパッサナー瞑想というものです。

寄付のみで運営されている一般社団法人【日本ヴィパッサナー協会】
瞑想の参加費用も、かかりません。指導者も運営者もすべてボランティアです。

経済主義・経済優先のこの世の中で、寄付のみで運営されている団体の中に、
少しの時間でも身を置く事ができただけでも有難く感じています。

私心のない奉仕のみで支えられ、宗教も宗派も超えて、
今も世界中に広がり続けている「ブッダの教え」を学ぶ事ができます。


まず率直な感想は、10日間あまりの聖なる沈黙の生活、
沈黙がこんなにも心地よいものだということを知りました。

言葉を発するよりも、心で思う事の方が、相手に強く伝わる、そう感じました。

話さないからこそ、話せないからこそ、
周りに迷惑をかけないよう、不快にさせないよう、
自分の所作がひとつひとつ丁寧に慎重に、意識的に行える気がしました。

自分の顕在意識より少し奥側の潜在意識の声を聞きながら、
過ごせたような気がしています。

毎晩、瞑想に関しての講話の時間(テープです)が、とても有意義でした。
以前に読み、大変心を洗われた本
中村元先生の『ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)』の内容が思い出されて、
講話の1時間〜1時間半は、まさしく心の浄化の時間でした。



いままで心の構造などを、哲学や思想など本を通して学習して来ましたが、
頭だけでなく、身体の中で感じ取る事が出来た事が何よりの学びでした。

神秘的な自分の身体を想う時間。

外ではなく、内を見つめる事で解決できる心の問題。

心も身体も、いつも変化し続けている事を知り、
穏やかな気持ちで受け入れ、ただあるがままに見つめていくと、
様々な気付きをもたらしてくれます。

この瞑想法を朝晩1時間、真剣に取り入れると、
今迄行っていた8時間の仕事を7時間に出来るとも言われています。

心を落ち着かせ、冷静になれるだけでなく、
明晰な判断力、直観力をも得られるからだと思います。


「カンマ(サンスクリット語ではカルマ)」という言葉が心に残っています。

意味は、行為。
とくに、自分の将来に影響を及ぼす行為です。

過去の自分が行った行為(カルマ)が原因で、
今の自分を取り巻くこの環境があります。

今、この瞬間に行っている行為(カルマ)は、
将来の自分の環境を作り上げています。

尊敬する佐保田鶴治先生のご本の中の、
「われわれが、現実の人生に於いて、善い運命、幸福な人生を恵まれるのも、
過去における自分の行為の結果なのです。」
という一文を思い出し、意味を噛みしめ、身体で実感しました。
88歳を生きる―ヨーガとともに』51頁(人文書院)


毎日を謙虚に、誠実に過ごし、
自分にも人にも良い行為(カルマ)を、丁寧に積み重ねていきたいと思います。

誰もが幸せな人生を自分で作り上げていける道が、
必ずあるような気がしている今日この頃です。

この瞑想法を通して、様々な気付きを得られた事に感謝を込めて・・・合掌
posted by kitten at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

瞑想の研修会

少しずつ、春の気配が感じられる春分の日、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて早速ですが、明後日の3月22日(火)〜4月2日(土)の12日間、
瞑想を学ぶ機会に恵まれました。

しばらく連絡が取れなくなると思いますので、
こちらでお知らせさせて頂きます。

研修会では、期間中「聖なる沈黙(身体・言語・精神の沈黙)」を守り続け、
会話はもちろん、目を合わせたりなど、一切のコミュニケーションが禁止となります。

初日から最終日まで、書き物・読み物・携帯なども全て預かって頂き、
朝から晩まで、ただひたすらに瞑想を行います。

この瞑想に参加する事は、数年越しの夢でしたので、
どんな12日間となるか、今からとても楽しみです。

関係のある皆様には、快く予定を調整して頂き、本当にありがとうございました。

与えられたこの貴重な12日間に感謝をして、
外の世界から解き放されて過ごせる環境の下、
しばし自分を見つめる時間を過ごして参りたいと思っております。

合掌
posted by kitten at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

オーラ診断

先日といっても約1ヶ月前ですが、オーラ診断に夫婦で行きました。
きっかけは、スピリチュアルが大好きな旦那様の薦め。
(普通は、逆だと思いますがわーい(嬉しい顔)

ヨーガを通して、私もスピリチュアルな事には、
とっても興味を持っているため、全く抵抗はありません。

「オーラ(Aura)」とは、ラテン語で「光」「内なる光」を表します。
つまり、内なる光のエネルギー。(もう既にかなりスピリチュアルな世界キスマーク

その光のエネルギーであるオーラは、人の内側から放たれるものなので、
その時々の感情や思考といった、心の動きによって、その色は変化するようです。

しかし、オーラには、変化しないオーラもあります。
「本質のオーラ」「魂のオーラ」と言って、
自分がこの世で果たすべき使命、人間の特性や才能、天職、生き方とつながっています。
人は、この世に使命を持って生まれてくると言います。

魂のオーラの色は変わりませんが、輝きは変化します。

魂の赴くままに生きているのであれば、魂のオーラは美しく輝き、
魂の赴くままに生きることをしないと、オーラはかげってしまいます。

魂のオーラに本来の輝きを取り戻すためには、
「自分自身を大切にすること、愛すること」と書いてありました。





さて、前置きが長くなりましたが、
今回のオーラ診断は、オーラ写真診断です。
我が旦那様は、以前都内でオーラが見える人に既に診断をして頂いております。

通常撮影に3000円〜5000円ぐらいが相場と聞いていたのですが、
参加したのは、もちろんすべて無料!!(無料でないとなかなか行けませんあせあせ(飛び散る汗)


内側の色がその人本来が持つ「魂のオーラ」で、
周りの色が内面から放たれる光のエネルギーオーラだそうです。

チャクラの数に合わせて七つの色に分けられていて、色ごとに、長所と短所があります。
どの色が良いというものはないですが、
光の法則に従い、赤→橙→黄→緑→青→藍→紫へ移っていくに従って、
エネルギーレベルが高くなるみたいです。


オーラ.JPG

左が旦那様(以前の診断と魂のオーラは、やはり同じでした)
魂のオーラ「黄色」  長所:頭脳明晰・ユーモアがある・楽しい事が好き・陽気
           短所:神経質・寂しがり屋     

右がkitten
魂のオーラ「青」   長所:冷静沈着で客観性がある・冷静な判断力・愛情を持つ
           短所:冷ややか・世話を焼きすぎる


二人ともに、魂のオーラの色には、納得でした。
本来の生まれ持った性格ということで、お互いを深く理解する材料となりそうです。
(不要な衝突が避けられますひらめき


  
そして、私の魂のオーラを取り囲む周りのオーラに、藍色と紫の色が出ていました。
丹田のチャクラエネルギーレベルも高く、日ごろのヨーガで、
ぴかぴか(新しい)霊的な能力ぴかぴか(新しい)が高まっているのかも?

診断でも、ヨーガはあなたに合っていますね〜と言われました(*^^*)


ちょっと面白い出来事でした。





一部引用・参考文献 「レイキ」宇宙を味方につけるスピリチュアル・メソット
posted by kitten at 20:08| Comment(6) | TrackBack(0) | スピリチュアル☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする